言語記述研究会

このサイトは京都で開催されている、「言語記述研究会」の内容を紹介しています。

次回は現地発表とZoomによるハイブリッド開催の予定です

言語記述研究会 第 133 回例会(ハイブリッド開催)


日時:2024 年 2 月 17 日(土)14:00-17:00

対面会場:京都大学文学部第9講義室(京都大学総合研究2号館地下1階)

会場へのアクセスはこちらのサイトを参照してください:https://www.bun.kyoto-u.ac.jp/about/access/

(百万遍に近い西側の入口を利用したほうがいいと思います)


オンライン会場:Zoom

事前登録 URL:https://kyoto-u-edu.zoom.us/meeting/register/tZUkduiqrzIjGd2lXkDkvfQ0kAvyQratl7zR

(オンライン参加の場合、初めて例会に参加される方はコメント欄に簡単な自己紹介を一筆願います。)


発表者:中西志門

タイトル:古語のアスペクト的意味をどのように記述するか

発表者:難波華子

タイトル:ラトビアの先住民族の言語、リーヴ語における否定動詞の接頭辞化現象について