システムテスト自動化カンファレンス2013 ハンズオン

インストール手順

次の「ダウンロード」「Eclipseプロジェクトの作成」「インストールチェックJUnit Testの実行」を、カンファレンス当日までに済ませておいてください。

1. ダウンロード

の画面右下にある「Download ZIP」というボタンを押して、STARHandsOn-release.zipをダウンロードします。
ダウンロードしたら、適当な場所(Cドライブ以下など)に解凍します。



2. Eclipseプロジェクトの作成

  • Eclipseを起動し、メニューから「ファイル」>「インポート」を選択します
  • 「既存プロジェクトをワークスペースへ」を選択し、「次へ」ボタンを押します
  • 「ルートディレクトリーを選択」の「参照」ボタンから、先ほど解凍したSTARHandsOn-releaseディレクトリを選択し、「完了」ボタンを押します
  • STARHandsOnプロジェクトがEclipse上に作成されます

3. インストールチェックJUnit Testの実行

  • STARHandsOnプロジェクトのtest以下にあるEnvironmentCheck.javaを開きます。
  • EnvironmentCheck.javaを右クリックし、「実行」>「JUnitテスト」を選択します。
  • chromedriver.exeがWindowsのセキュリティダイアログを表示した場合は、許可してください。
  • インストールが正しく行われたかをチェックするJUnitテストが開始されます。完了まで30秒ほどかかります。
  • JUnitテストが完了しバーが緑色になれば、インストールは成功です(EnvironmentCheck.java以外のファイルのJUnitテストを実行すると失敗するので注意してください)。
  • Mac環境で「java.lang.IllegalStateException: The driver is not executable」エラーが発生する場合、chromedriver/mac/chromedriverのファイルのパーミッションを755に変更してみてください。
Comments