The structure of 238U Uranium inside Fermi Surface Proton 92 Neutron 146 Diff 54 Neutron As the substance of the universe, it is not considered allocation of more spatially. In theory, but it would be possible to replace a portion of Zirconium magnesium nuclei.









いつの間にか夏の日になってしまいましたね、(2013年)
ティトム理論では初めてになる実験結果を写真とビデオでアップしようと考えています、この考えがまとまるのに約半年必要でした、一つ目は土星のリングの構造を模した実験、二つ目は核力のうち、内部の構造を模した実験、ご期待下さい、20章でお会いしましょう。

春の日の、お約束の ST理論 19: 首を長くして待っていた記事がありました、しかし、ヒッグス粒子発見の顛末を見た後では、ダークマターに関しては、それを超えるしかないみたいです・・


第18章にて、これまでのティトム理論の十年間を振り返り、ニュートン力学からの卒業を論じてみます、


第13章にて、新重力理論である「斥重力理論」を掲載しました、銀河間の動的な相互関係が解明されることを期待します、

第5章にて、量子立体幾何学の樹立を宣言しました。

Quantum  stereographic  geometry: QSG logistics

また、その章の最後に磁束と電荷の応用例を示しました。

今後、第6章で私たちに身近な結晶界のモデルを表現する予定です。

しかし、いつもながら不思議に感じているのは、電子配置のK殻の2つの電子です、銀河ブラックホールも降着円盤を挟んで2極に分けられるようです、それらを銀河ロジスティクスで連結するのが、量子立体幾何学のミッションです。ちなみに、ティトムのミッションは、なぜ回転力があるのか、です。

ところで、3年前にアップしたティトム理論、オデッセイの魔法数の記事を読み直したら、そこかしこに齟齬が見つかりました。6章を書き上げた後、もう一度この魔法数を量子立体幾何学で洗い直し、再掲載する予定です。それでも、K殻の2つの電子にまつわる疑問は、私のせいではないので、ご了解ください。

打ち明けますと、あの頃は、ページ管理能力(最適な投稿ソフト探しに苦労しました、今はグーグルさんのおかげですが、大変便利です)、未知へのチャレンジ、天文、物理学の進歩の状況、とプレッシャーというか強すぎる好奇心が邪魔をしていたようです、今は落ち着きました。ヒッグス粒子のダークサイド版、ダークヒッグスまで、ほぼ目処が立ちました、急がないで描きあげます。

ところで、第5章のパターン1~3の図についてですが、ここまで言い切る勇気が無かったのは事実です。これらの3つの図は量子の有りうる状態を示しています、従って、電子一つについて、バターン3つが同時に起きている、さらに進めると、クオークについてもパターン1~3の状況が同時に起きている(これらの図で不確定性原理のすべてを描き上げている)、いやはや、驚きました、ウラニウムの100以上の電子がこのように運動していたら、どう理解すればよいのか、それを解く鍵は、正4面体重合であればすべての状況を階層的に整理できます、このスタンスは変えるつもりはありません、

量子にまつわる状況証拠をつぶさに取り上げてゆくつもりです、量子正4面体こそが4次元であると見て取ることができました、しばらくの間は、回転軸の取り方に曖昧性が残りますが、描ききれないので、ご容赦ください、第6章では遠慮することなく、「結晶界」と磁束軸を思う存分振り回します、クォークがどれだけ増えようが、周期律表はそれでも意味を持っていますので、両者の関係を波動関数の空間とどう繋がりを説明するかでしょうね、重力波の姿にも近づけそうな気がしています、



暗黒エネルギーの存在を示す強力な証拠

http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=54524789&expand


Ker Than
for National Geographic News
August 11, 2008

この記事には影響を受けました 

超対称性ティトム理論構築のきっかけになった記事です


 暗黒エネルギーの存在が、色分けされた画像という目に見える形で初めて表された。暗黒エネルギーとは、宇宙の膨張を加速させるとみられている謎めいた力の ことだ。研究チームのリーダーであるハワイ大学のイシュトバン・スツァプディ氏は、「今回、初めて暗黒エネルギーの影響を実際に画像でとらえることができ た。これは暗黒エネルギーの存在を示す最も直接的な証拠だ」と述べている。

スーパーボイドとスーパークラスター、ティトム理論がスーパーボイドを連結するまでお付き合いください。

以下に記事をそのまま引用させて頂きます。  何度も読み返して頂くと、宇宙が少しだけ身近になります。



 新しく得られた画像には、暗黒エネルギーによってスーパーボイドとスーパークラスターという約5億光年にも及ぶ巨大な宇宙構造が引き伸ばされるときのス ペクトル軌跡が描かれている。スーパークラスターは星雲の密な集まりで満たされた構造であり、一方のスーパーボイドはそのほとんどが何もない空間で構成さ れている。

 同研究チームによると、検出された暗黒エネルギーの軌跡がランダムに起こる確率はたったの20万分の1だという。

 今回の研究では、スローン・デジタルスカイサーベイというプロジェクトで収集されたマッピングデータが使用された。研究の結果、太古に 発生したマイクロ波放射がスーパークラスターやスーパーボイドを通り抜ける際、暗黒エネルギーによって変化していることが確認されたという。このマイクロ 波は宇宙マイクロ波背景放射と呼ばれる拡散放射で、ビッグバンの名残である弱いさざめきのような電波だ。

 これまでの理論によると、宇宙は一定の速度で膨張しており、マイクロ波はスーパークラスターに入るときにエネルギーを得るが、離れる ときには同量のエネルギーを失うと予測されていた。そして、マイクロ波がスーパーボイドを通り抜ける際には逆の現象が起こると考えられてきた。しかし、も し暗黒エネルギーが宇宙の膨張を加速させているとすれば、スーパークラスターとスーパーボイドは、放射に比例して時間の経過とともに拡散していくはずだ。

 したがって、マイクロ波はスーパークラスターを通り過ぎる際、入るときに得たエネルギーの一部を離れるときも保持している可能性が考えられる。一方、 スーパーボイドを通り過ぎる際にはエネルギーを失っている可能性があるという。そのため、宇宙マイクロ波背景放射の分布には温度の高い部分と低い部分がで きると想定される。今回の画像では、この温度差が赤やオレンジ、あるいは青の領域として映し出されている。

 これまでにも宇宙マイクロ波背景放射に対するこうした暗黒エネルギーの影響は観測されてきたが、従来の研究では、その影響が実在し、ランダムな温度の揺らぎの結果ではないことが示されるのは、20分の1の確率でしかなかった。

 しかし今回、スツァプディ氏のチームが50のスーパークラスターと50のスーパーボイドを調査したところ、マイクロ波の温度の高低差と 宇宙の膨張の加速度が一致していることが高精度で突き止められたのだ。「この現象は暗黒エネルギーが存在するという説の下で最もよく説明がつく」と同氏は 語っている。

 アメリカ、メリーランド州ボルティモアにある宇宙望遠鏡科学研究所の天体物理学者であるアダム・リース氏の研究チームは、10年以上 前に暗黒エネルギーに関する初の論文を発表した。同氏は「今回の研究で暗黒エネルギーが存在する確率はさらに高まり、この謎の力の性質を解明する道のりに も光が差した」と話す。

 同氏によれば、「ここ数十年の研究で暗黒エネルギーの存在自体は十分に確認されてきたが、その多くは暗黒エネルギーの性質を高精度で見極めるものではなかった」という。「今回の研究はその領域に踏み込んだものだ」と同氏は評価している。

 ハーバード・スミソニアン天体物理学センターの天体物理学者であるロバート・カーシュナー氏もこの意見に同意する。「今回の測定結果は 発表されて間もないので、これが暗黒エネルギーの性質の特定に役立つかどうかはまだ分からない。とはいえ、暗黒エネルギーの存在を裏付ける別のルートが見 つかるということ自体、常に歓迎すべきニュースだ」と同氏は話している。

Image courtesy B. Granett, M. Neyrinck, I. Szapudi





This book follows the principle described in Gamma Stealth and summarized more concrete examples as "axioms"
Time and temperature were defined by vacuum generated by Gamma Stealth, magnetism and highly compatible vacuum for humanity
Although it is difficult, I attempted to explain various laws focusing on time and energy
We pursued deeper by giving case examples of Super-Symmetry and Absolute-Rationality

We are intensely editing, soon to be released



https://gamma-stealth-fatacy.blogspot.jp/2017/01/blog-post.html






 Rrecent Announcements  に記事をアップします

2年以上の熟成を経て、ティトム理論が進化しました


asahi.com