1974年─戦後日本美術の転換点

Post date: Sep 15, 2014 1:53:13 PM

群馬県立近代美術館開館40周年記念展の第2部、「1974年─戦後日本美術の転換点」

と題して1974年に制作・発表された多様な作品から、戦後日本美術の転換点としての「1974」年を検証する展覧会。

日本の高度経済成長後の、オイルショックを境にした日本人の意識の変化を美術面から捉えた展覧会。

会期

2014年9月13日[土]-11月3日[月・祝]

午前9時30分-午後5時(ただし入館は午後4時30分まで)

休館日

月曜日(休日の場合はその翌日)

会場

群馬県立近代美術館

群馬県高崎市綿貫町992-1 群馬の森公園内

TEL:027-346-5560 / FAX:027-346-4064

web http://mmag.pref.gunma.jp/exhibition/1974_02.htm

交通案内 http://mmag.pref.gunma.jp/access/index.htm

観覧料

一般:820(650)円、大高生:410(320)円

*( )内は20名以上の団体割引料金

*中学生以下、障害者手帳等をお持ちの方とその介護者1名は無料

私は、1974年制作の『シーツとふとん』を出品しています。

http://shimakuniichi-2.blogspot.jp/2014/01/blog-post.html

シーツとふとん 1974