1935-1975

1935 東京麹町生。

1958~64「集団・版」の結成に参加。

1959 多摩美術大学絵画科卒業。

1969 個展の際、カルピスの商標である黒人の扮装で画廊に座り、自分自身を作品として出品。

キリコ、モランディ等形而上絵画に大きく触発される。

1970より 雑誌ライフの表紙を使った作品を通して情報の投げ返し運動を始める。

1971 現代日本美術展、芸術生活画廊コンクール展で各コンクール賞受賞。

月と企業 1971

1970 渡メキシコ。ポルノ写真を使ったポスター作品が猥褻物として摘発され18日間拘留されるが容疑を否認する。

1972 ジャパンアートフェスティバルでニクソン、周恩来の顔を椅子と蒲団に刷り込んだ作品「会談」で大賞受賞。photo美術出版社

田中角栄と周恩来の顔を一万個のさざれ石に刷り、

個展終了後川に返すイヴェントを行う「石の版画」photo安斎重男

1973 サンパウロビエンナーレに「200個のキャベツ」を出品。渡ブラジル、イタリア、スペイン。『ライフ誌』廃刊。

10人の作家による「点展」で自宅北側の外壁を黄色く塗り、黄色い蒲団を毎日干す作業を続け作品としたが、一週間後県庁から

中止を命ぜられる「南側」。

ミニコミ誌に掲載した映像作品が猥褻文章として摘発押収される。この頃より日常生活を作品化する。

1974 クラコウ国際版画ビエンナーレで「オモテとウラ」が第2席受賞。

東京国際版画ビエンナーレで「シーツとふとん」が長岡現代美術館賞受賞。

シーツとふとん 1974

1975 島州一オリジナル版画集「女の部屋」シロタ画廊出版。関根伸夫と共に日本縦断展“クロスカントリー7500㎞”全国30数ケ所