札幌市立大学デザイン学部 准教授 小林重人のウェブサイト

お知らせ

  • 上越教育大学の吉田昌幸准教授との共著論文「地域通貨の発行形態の違いに対する利用者の印象と評価ーゲーミング・シミュレーションを用いたアナログ地域通貨とデジタル地域通貨の比較分析」が『経済社会学会年報』のVol. 43に掲載されました.(2021/10/15)

  • 9月10-12日にオンラインで開催される地域活性学会第13回研究大会にて,「ネットワーク分析を活用した電子地域通貨の流通デザイン-小樽の電子地域通貨TARCAの事例-」というタイトルで,仙台高専の宮﨑義久准教授と連名で口頭発表を行います.(2021/07/28)

  • 第68回日本デザイン学会春季研究発表大会で行った「音風景における音の関係性の理解を促す教育プログラムの開発と評価」の発表がグッドプレゼンテーション賞(一般セッション)を受賞しました.発表者の清水さん,おめでとうございます!(2021/07/28)

  • 8月3日にオンラインで開催されるグッドマネーラボ公開セミナー「『コミュニティ経済と地域通貨』合評会」にてスピーカーとして登壇します.(2021/07/09)

  • 6月25-27日にオンラインで開催される第68回日本デザイン学会春季研究発表大会にて,「音風景における音の関係性の理解を促す教育プログラムの開発と評価」というタイトルで,本学の清水康志氏と連名で口頭発表を行います.(2021/06/19)

  • 上越教育大学の吉田昌幸准教授と仙台高専の宮﨑義久准教授との共著論文 “Relationship Between Community Currency Issuance Organization’s Philosophy and Its Issuance Form: A Japanese Case Study”がInternational Journal of Community Currency ResearchVol. 25に掲載されました.(2021/03/26)

  • 3月27-28日にオンラインで開催される進化経済学会第25回大会にて「発行形態によって形成される地域通貨像の差異」というタイトルで,上越教育大学の吉田昌幸准教授,仙台高専の宮﨑義久准教授との連名で口頭発表を行います.(2021/03/13)

  • 2020年度ゼミ生3名の卒業研究(パネル・梗概)を紹介するサイトを公開しました.(2021/03/07)

  • 2019年9月に高山市で開催・運営した第5回貨幣革新・地域通貨国際会議(RAMICS 2019 Hida-Takayama)「国際会議誘致・開催貢献賞」受賞会議に決定しました.(2021/01/29)

  • 2月25日にオンラインで開催される日本政府観光局主催の「国際会議主催者セミナー」にて「地域通貨を媒介とする世界の研究者と地元の行政・実践者のコラボを通じた産学官金融合型MICEによる地域活性化」というタイトルで招待講演を行います.専修大学の西部忠教授との連携発表になります.(2021/01/27)

  • 北陸先端科学技術大学院大学の客員研究員になりました.任期は本日より2年間です.(2021/01/04)

過去のお知らせ