工房楽々舎 別館

工房楽々舎 本館
はこちらから

現在構築実験中 当分練習です
 
3Way用箱の設計検討 ←詳細はこちらから

今回は実験箱です
ユニットは
    高域 Accuton  C25-6-012 / BD20-6-031
    中域 Accuton  C50-8-044
    低域 Audiotechnology  23I52
 
簡単な箱の設計ですが、箱構造に関しては固有値解析を行う予定
出来れば、途中経過とデータを公開します。
 
 
ユニットの構成はいつものと言う感じの同じ物ですが、これは良い構成です。
 
 
 

 更新履歴
・ 2012年1月28日 箱内定在波とポートの検討 さらに深く?
・ 2012年1月21日 StndWave2を使って箱内部の定在波とポート位置の検討
・ 2012年1月15日 バッフルの影響検討を追加(Edgeによるシミュレーション)





SB34NRX75-6_Isobarik箱の設計 ←詳細はこちらから

箱の固有値解析を重点的に
 
ユニットはSB Acoustics :: 12" SB34NRX75-6 これをIsobarikで配置する
 
更新履歴
●2012年12月30日 FEM-BLOCKを使った箱固有値の検討
        SB34NRX75-6_Isobarik>Eigen_4   >Eigen_5 で展開

●2013年1月13日 150L箱でユニットを加えた箱変形を検討 >Eigen_6

●2013年3月3日 ページ>Eigen_7/8でさらに補強を検討
 
 
 
 
 



Speaker箱のCADモデリング ←詳細はこちらから

始めてみることが大切

中々普段接点の無い領域の作業は難しい

CADなんてPCソフトで画を描いているのと変わらない

やれば出来ます