2018年の研究会

第39回研究会──10周年記念回──

【日時】
2018年7月7日(土)

【場所】
大阪大学 吹田キャンパス 人間科学部 第31講義室
※大雨の関係で,立命館大学大阪いばらきキャンパスから変更になりました。

【プログラム】
■14:00−14:10
武藤拓之(大阪大学大学院人間科学研究科)
「関西若手実験心理学研究会の10年間をデータで振り返る」→発表スライド

■14:10−14:55
白井理沙子(関西学院大学大学院 文学研究科)
「嫌悪刺激に対する知覚・認知処理」

■15:10−15:55
石橋和也(日本たばこ産業株式会社)
「人間中心設計に基づいた嗜好品の研究開発」

■16:10−17:25 <招待講演>
北岡明佳教授( 立命館大学総合心理学部)
「錯視いろいろ 2」

【その他】
この会をもって,世話人が武藤拓之(大阪大学)から白井理沙子(関西学院大学)に変わりました。

第38回研究会

【日時】
2018年3月31日(土)

【場所】
関西学院大学 上ヶ原キャンパス F号館 104教室

【プログラム】
■14:00-14:45 <話題提供1>
「「見ないでください」:注意の誘導における「無視する」ということについて」
川島朋也(神戸大学大学院国際文化学研究科)

■15:00-15:45 <話題提供2>
「Flexibility under Competitive Pressure: Balancing Model-Based and Memory-Free Action Selection」
菊本篤史(オレゴン大学心理学部)

■16:00-17:15 <招待講演>
「 研究テーマの決め方(決まり方)とオッドボールパラダイムすごい!!って話」
片山順一教授(関西学院大学文学部)

【LTセッション】
研究会開始前の時間(12:30─13:45)に,同会場でLTセッションを行いました。
LTはライトニングトークとランチタイムのダブルミーニングで,
昼食を食べながら,一人8分間のプレゼンテーションを行いました。
発表者(発表順):
・川島朋也(神戸大学)
・紀ノ定保礼(静岡理工科大学)
・難波修史(広島大学)※武藤が代理発表
・武藤拓之(大阪大学)
・佐藤那由多 (大阪大学)
・白井理沙子(関西学院大学)
・臼井健太郎(立命館大学)
・津田裕之(京都大学)
・小林勇輝(大阪大学)

Comments