2017年イベント案内


2017 3DX-Japan 検定・競技会日程!
【2017年実施予定イベント】

4月9日  埼玉F3C・3DX合同検定会

競技会なし・検定会のみ

案内図


6月18日 宇都宮検定会 (ハミングバード)

案内図



7月9日 北海道検定会(札幌)

案内図


7月23日 中部検定会(大垣)

案内図


8月20日 東庄検定会(予定)

案内図


9月10日 仙台検定会(予定)

案内図


10月1日千葉南検定会(予定)

案内図


10月29日九州検定会(予定)

案内図


11月26日 3DX-JAPAN FINAL

案内図


 



    3DX-J 検定・競技会の内容のご案内

     時 間・・・・・・・AM9:00開始  PM3:00頃終了


 参加費・・・・・・・前日までのインターネット申し込みで2,500円、現地申し込みは3,000円 
 
           (共に現地払い)

      参加資格・・・・・RC保険加入者 (全ての事故は参加者の個人負担となります。)


  検定会・競技会
 
・ トレーニング検定       (A~D検定)
 

・ 3DX検定マニューバ   (40種目)(C級およびD級合格者)

 
・ 3DX競技会        サードエイジクラス (参加資格40歳以上 トレーニング検定D級検定合格者)
                 チャレンジャークラス(B検定合格以上)
            スポーツマンクラス(C級合格以上) 
            エキスパートクラス (D級合格以上)
            マスターズクラス  (D級合格以上および3DX-Jの認定者)

  内容

○検定会
  ・トレーニング検定(A~D)
必須科目とし参加者全員がA検定からスタートします。
   1フライトで(A・B)、(C・D)など2段階まで一緒に受験できます。

  ・3DX検定(40種目)
C級およびD級合格者受験可能。
   係数(K点)の低い種目から受験することが望ましい。
   1フライトで5マニューバまで検定となります。

トレーニング検定(A~D)の説明
  3DX検定は「係数 K-1」でも難しいため、その前に「トレーニング検定」を実施します。
  参加者の間口を広げるためと、3D検定を受ける方の技量を見極め会場の安全を確保
  しなければなりません。そのため参加者全員が「A検定」から始めます。

    (A検定)・・・①離陸 ②ホバリング ③前進10m ④後進10m ⑤ホバリング ⑥着陸


    (B検定)・・・①離陸 ②ホバリング ③前進10m ④1回転ピルエット ⑤上空旋回飛行  ⑥ホバリング ⑦着陸


    (C検定)・・・①離陸 ②ホバリング ③ループ ④ロール ⑤180度エルロン・フリップ ⑥背面ホバリング10秒
                           (高度10m以上)   ⑦180度ダウンフリップ ⑧着陸


    (D検定)・・ ①離陸 ②ホバリング ③3回転ダウンフリップ(高度10m以上) ④バック飛行20m    ⑤サイド飛行20m 
            ⑥1回転バックロール  ⑦180度ダウン・フリップ ⑧1回転背面ピルエット ⑨180度エルロン・フリップ ⑩着陸


3DX検定の説明

      3DX検定はトレーニング検定CおよびDの合格者から参加できます。
     マニューバは、今年度はこちらの40種目から5種目を自分で選択し、web申し込み、
     または当日の申し込み用紙にご記入ください。

 判定基準は、スピードや切れではなく、位置や形のバランスと、ピルエットやフィリップなどの
 スピードの均一性に注目します。最低高度は3M以上でお願いします。
 当日トレーニング検定 と同時受験は原則的に可能ですが、人数によっては同時受験が難し  いこともあります。

 備考・・・・・合否判定のみ○×で判定します。順位などの評価はありません。


・検定時の助手について
一人で来場されても検定が受けられるように検定時の演技コール(助手)は運営側の
          アナウンスにより行います。
 
       ・3DX検定(40種目)について
係数(K点)の低い種目から受験することが望ましい。また40種目の一部は2年毎に
           改正します。
 
       ・飛行エリアについて
           フライヤー(選手)を中心に左右120°の範囲が飛行エリアです。
     これを 越えた
場合には失格(演技停止)となります。またフライヤーから 
     5m以内は「イエロー
ゾーン」とし、進入した場合には速やかに退去してください。

 
         ・安全について
十分に整備された機体で出場してください。また十分に練習を重ね検定会に臨んでください。


  競技会 
(参加資格…D級合格以上および3DX-Jの認定者) 

・チャレンジャークラス・・・3分間フライトでB検定のフライト+余った時間でフリーフライト
(参加資格…B級合格以上) 


・スポーツマンクラス・・・3分間のフライトでC検定のフライト+余った時間でフリーフライト
(参加資格…C級合格以上) 


・エキスパートクラス・・・・セットマニューバ5種目(係数×10点満点)係数1.5まで×1R+フリースタイル音楽なし3分×1R

(参加資格…D級合格以上) 

・サードエイジクラス・・・・セットマニューバ5種目(係数×10点満点)係数2.5まで×1R+フリースタイル音楽なし3分×1R

(参加資格…D級合格以上) 
 


・マスターズクラス・・・・・ セットマニューバ5種目(係数×10点満点)係数制限なし×1R+フリースタイル音楽あり3分×1R
(参加資格…D級合格以上および3DX-Jの認定者) 

                          ※(ジャッジ割合 規定50%+フリー50%)

       3DX-J 競技会の説明

            3DX競技会は、トレーニング検定の合格者から参加できます。(過去を含む)
      競技会は、検定会と異なり合否判定はありません。順位がつきます。



2017年 3DX-JAPAN-FINAL 内容のご案内(未定)


参加申し込み期限

2017年11月0日0:00まで(日程未定)

その他は当日受付のみ(できるだけ事前申し込みをお願いします。)


開催日

2017年11月12日(日)(未定)


時間

9:00(8:00)~16:00終了予定

FINALに出場したい選手で、過去に検定を受けていない方は8:00より検定を受講できます。

(若干名)(事前申し込みのみ・主催者推薦、MRHA日本フリースタイルGP出場経験者を除く)

  (当日の参加数によっては、検定会を行わないこともあります。)



参加費

1週間前(11月5日)までのインターネット事前申し込みは¥2,500円、当日現地申し込みは¥3,000円。


参加資格及び演技内容

全てのクラスにおいてRC保険加入者(全ての事故は参加者の個人負担となります。)

各クラスにおける機体制限は450サイズ以上とします。


スポーツマンクラス=トレーニングB検定合格者

K数1.5までのマニューバ演技5種目×1ラウンド+3分間音楽無しのフリーフライト×1ラウンド

(音楽有りでもフライト可能。但し採点には含まれない。)


エキスパートクラス=トレーニングD検定合格者

K数1.5までのマニューバ演技5種目×1ラウンド+3分間音楽無しのフリーフライト×1ラウンド

(音楽有りでもフライト可能。但し採点には含まれない。)


サードエイジクラス=トレーニングD検定合格者+40歳以上限定

K数2.5までのマニューバ演技5種目×1ラウンド+3分間音楽なしのフリーフライト×1ラウンド

(音楽有りでもフライト可能。但し採点には含まれない。)


マスターズクラス=トレーニングD検定合格者+マニューバ検定1つ以上の合格者

K数制限無しのマニューバ演技5種目×1ラウンド+3分間音楽付きのミュージックフライト×2ラウンド

(ミュージックフライトは、どちらかの高得点ラウンドのみ採用)

(音楽はCD-R、USBメモリーなどのメディアを提出して頂きます。)


トレーニング検定の内容は下記のトレーニング検定(A~D)の説明をご覧下さい。


採点

各ラウンドの得点が高い方を優先し順位を決定。


ジャッジ内容

ポイント1 飛行空間のバランス

ポイント2 繰り返しの少なさ

ポイント3 正確さ

ポイント4 技術的難易度

ポイント5 独創性・革新性

ポイント6 振り付け・演技間のつなげ方

ポイント7 興奮・サプライズ

各ポイント10点満点で、3名のジャッジ合計からポイントごとに平均点を割り出し、ポイント1~7までの平均点の合計を得点とします。


フライト順

1R目=申し込み順の逆になります。各クラスの最後に登録した方、当日申し込みの方が最初のフライトになります。

2R目=1R目の結果により得点が低い方からフライトになります。


高度制限及びフライトエリア制限

高度制限はありません。フライトエリアは、フライヤー(選手)を中心に左右160°の範囲を飛行エリアとします。

そのエリアから外れた場合は減点とします。

演技中に機体の着陸及びロータータッチは有効としますが、その後のフライトが不可能と判断した場合はそこまでのジャッジになります。


安全について

十分に整備された機体で出場してください。また十分に練習を重ね検定会に臨んでください。

演技開始前にホールドの設定を確認して下さい。

ネット内へは参加者・助手・関係者のみ入場できます。


その他

練習フライトは一切出来ません。(エリア端でのホバリング調整も含む)

各クラス共にフライト前の調整は可能としますが、調整+3分間の演技で5分以内となるよう心掛けて下さい。

演技は3分間になりますが、3分をオーバーしないように注意して下さい。3分を越えた時間の演技はジャッジされません。

充電は現地の電源を使用できません。各自発電機などを用いて充電して下さい。

ごみは各自お持ち帰り下さい。

各クラスご自身の用意した音楽を流す事が可能です。

設営・準備などお手伝い出来る方は手を貸して下さい。

雨天中止が決定した場合は搬入路保護のため車両の乗り入れが出来ません。


Comments