(学生)学内統一パスワード

2024年3月13日 学内統一パスワードシステムが新しくなりました

新入生向けアカウント設定方法

在学生向けアカウント移行方法

「変更した学内統一パスワードが他のサービスに反映されない」場合

登録しているパスワード再発行用メールアドレスが東女Gmailのメールアドレス「@cis.twcu.ac.jp」となっている可能性があります。

パスワード再発行用メールアドレスを設定する方法」を参照し、メールアドレスを「@cis.twcu.ac.jp」以外のものに変更してください。

学内統一パスワードとは

学内統一パスワードは、東京女子大学の各種サービスを利用するにあたり、 ”利用資格を持つ本人” であることを確認する重要なパスワードです。

サービス利用(ログイン)の際は、東女Gmailのメールアドレスとセットで入力を求められる場合があります

(参照)

1.学内統一パスワードで利用できるサービス

学生用(学内統一パスワードの概要_Extic版_2024.3.25更新.pdf

.利用申請

※手続きをしないまま放置すると、使用していたファイルやメールは消去されますのでご注意ください。

(参照)大学院生の利用方法

(参照)履修生、聴講生、研究生の利用方法

3.学内統一パスワード有効期限

@cisアカウントのパスワード(学内統一パスワード)有効期限は発行またはパスワード変更から365日(1年)す。期限が近づくと東女Gmail統一パスワード満了予告」のメールが届きます期限内にパスワード変更を行ってください。

学内統一パスワードの有効期限が切れると、学内Wi-Fiをはじめ学内統一パスワードでログインしていたすべてのサービスが利用できなくなります東女Gmailは例外)

(参照)

学内統一パスワード満了予告のメール画面

.学内統一パスワードの再発行

Q&A対処法で問題が解決しない場合は、学内統一パスワードの再発行をしてください。

(参照)

.卒業後の利用

学内統一パスワードで利用できる東京女子大学の各種サービス利用期限は、卒業年の3月31日です(前期末卒業生は卒業年の9月30日)。Gmail、Google ドライブ、OneDriveなどのデータ移行・バックアップが必要な場合は期限内に各自で行ってください。

(参照)卒業後の利用

.注意事項

5月13日までに新パスワードシステムで学内統一パスワードの設定が完了していない場合は、CampusSquareにログインできなくなります。 

学内統一パスワードの変更

学内統一パスワードを変更すると、学内Wi-Fiに接続できなくなります。

接続するには旧パスワードで設定したWi-Fi ネットワークを削除し、新パスワードで接続設定を行ってください。

特にWindows PCにおいての接続設定は時間を要します。設定時間を考慮し、時間に余裕のあるときに行ってください。

学内統一パスワードシステム内で変更が可能です。

(参照)学内統一パスワードの変更方法

パスワード管理の注意点

パスワードが他人に漏れると・・・

被害者になるだけでなく加害者に加担してしまわないようパスワード適切に管理してください

1.パスワードは秘密に

パスワードは他人に教えない。万が一パスワードを盗み見られたと感じた場合は、直ちにパスワードを変更しましょう。

2.同じパスワードを使わない

パスワードはサイトに違うものを設定し使いまわさない一つのサイトでパスワードが漏れた場合すべてのアカウントが破られてしまいます

3.単純なパスワードをつけない

生年月日など、他人に推測できるような単純なパスワードは避けましょう。どんなに難しい単語を設定しても、辞書に載っている単語であれコンピューターを使って仕掛けられるパスワード破りに対しては脆弱です

4.パスワード管理の方法を工夫する

サイトに異なる複雑なパスワードを設定すれば、記憶しておくことが難しくなります。以下のような方法適切にパスワードを管理しましょう。

紙に書き留めて安全なところに保管する

  ※ファイルに書き込んで暗号化しても構いませんその場合ファイルを開くパスワードだけは記憶しなければなりません

ブラウザーやOSのパスワード管理機能を使う

専用のパスワード管理ソフトを使う