映画『西原村』について

作品内容


人生が一変した村人たち 2年の記録。

千年に一度といわれる活断層型地震が2016年4月、村を襲った。

一夜にして1200人が家を失った。

恐怖をのりこえ地元で再建するか、断層から離れた場所へ移り住むか、悩み続けた。

地域や家族の中でも、意見は割れた。

それでも、復興へむけ村をあげて狼煙をあげる―。


NHK総合『明日へ つなげよう』にて2年にわたり放送された番組をベースに、新たな映像を加え、種子田博邦のオリジナル音楽と共に映画化。

全国の200組の有志たちの支援により2018年7月完成。

完成作品は村に著作権ごと譲渡された。

タイトル 西原村

製作年度 2018年

上映時間 85分

製作国 日本

ジャンル ドキュメンタリー

ディレクター 久保理茎

音楽/MA 種子田博邦

ナレーション 菅剛史

題字 松永壮

製作 映画『西原村』プロジェクト/代表 久保理茎

ディレクター

久保 理茎(くぼ りけい)

映像ディレクター。ガスコイン・エイシア代表。鹿児島市生まれ 宮崎市在住。2016年暮れから熊本地震の被災地・西原村の取材・撮影をつづけている。1991年京都大学を卒業後NHKに入社。熊本市で映像の仕事に関わり始めた。1999年米国シカゴの映画大学院で学びなおし、2003年日本映画の現場で助監督・AP・Pなどを経験。2010年フリーに。2018年クリエイティブ・サービスをてがける「ガスコイン・エイシア」を立ちあげる。「かごしまフィルムオフィス」主宰の市民向け映画ワークショップのボランティア講師を3年つとめ、2018年も鹿児島国際大学のキャンパスにて課外指導として開講中。

音楽/MA

種子田 博邦(たねだ ひろくに)

ピアニスト・作曲家。アーティストのサポートバンドやレコーディング、多数のコマーシャル作編曲を経て2009年からソロアルバム5作を発表。本作品ではオリジナル書下ろし楽曲の提供と演奏、ならびに全編の整音を担当。

ナレーション

菅 剛史 (かん つよし)

大阪市出身。「VS嵐」などを数多くのTV番組を手掛けるディレクター/プロデューサー。15年にわたりTV番組「ゲームセンターCX(GCCX)」のナレーターをつとめている。ガスコイン・カンパニー代表。

題字

松永 壮(まつなが たけし)

グラフィックデザイナー。アーチスト。熊本県宇土市生まれ熊本市在住。阿蘇くまもと空港の巨大オブジェはじめ多岐に芸術を生み出し続けている。松永壮デザイン事務所代表。