What's new

2010.3.15 更新情報・その他をupします。

2016.9

2017/02/02 23:18 に 武智伸介 が投稿

前回の更新が2015年でした。冷や汗モノですね。

それから1年半が過ぎましたが、いろんなことはあるにせよ、大きな流れはそうは変わっておらず、粛々と仕事をしておりますよ。

今年の夏はそれにしても暑かったですね。例年に比べて女性の尿路感染症が多いような気がしてます。

夏の疲れを癒やして、みなさんも、またひと頑張りしましょうね。

H27.2

2016/09/02 1:25 に 武智伸介 が投稿   [ 2016/09/02 1:25 に更新しました ]

昨日の、2015/02/01で、当院・満16歳になりました。

まあほっといてでも歳はとるので、努力してるのかなし崩し的に歳をとったかの評価はみなさんに仰ぐとして、それでもいろいろあったわけです。

だから大それて今年はどうのこうのという目標があるわけでもないのですけど、自分の規範の範疇では、最大限の努力をして、納得して頂ける医療を提供できればと思っております。

それにしても1年は早いわ。引き続きよろしくお願いいたします。

H26.1

2015/02/01 23:01 に 武智伸介 が投稿   [ 2015/02/01 23:02 に更新しました ]

1月です、オレもまた新しい一年を漕ぎ始めましたってことで、

なんとなく今年の言葉というのを考えていまして・・

Life is box with pleasure and treasure,
but sometimes with loneliness and toughness.

ってなりました(この中学生みたいな英語が正しいのかどうかは不明ですが・・)。

人生ってね、気がついてみるとね、いろんなところに歓びがある宝箱みたいなもんなんですよね。
自分がこのことに気づきさえすれば、いたるところにハッピーが転がってるんだって思います。
でもね、時には一人になって考えることも必要なんだと思うんですよ。
目を閉じて、心を研ぎ澄ませてね、風の声を聴く時だって要る。
今足りないのはここじゃないかって自分はいっつも思うんですよね。
そして、時にはタフにならなきゃならんことだってありますよ。
人生やワインとパンとだけで出来てるわけじゃないですからね。
ハードな状況の中、たとえ自分の力が及ばないとしても、
なんとかこれを、自分の力でもって精一杯アタックすること、そいつが一番重要なんだと思いますよ。
そうすれば、きっともっともっと自分やらみんなのことも好きになれると思うんですよ。
「好き」から始まることには・・・そしてあんまり間違いはないのではと思うんですよ。

あけましておめでとうございます。
本年も引き続き、「武智ひ尿器科・内科」をよろしくお願い致します。

H25.12

2014/01/03 0:08 に 武智伸介 が投稿   [ 2014/01/03 0:09 に更新しました ]

12月になってしまいましたね。


自分はといえば、早々に風邪をひいて、へばってました。
ほんと五体満足じゃないと、仕事もしんどいし、酒もうまくないし、人間なにかひとつ損ねるだけでもう駄目ですね。
テンションも下がるし、考えもネガティブになるし・・。ああろくなもんじゃねえ。

10-11月いっぱいと続いていた病院の外装工事もほぼ終わりました。
写真でみるとさほどではないように見えますが、実は、かなりきれいになってます。
まあ、新築だった病院も、14年の歳月で満身創痍になってたというわけだったんですよ。

自分も開業した時は38歳で、今、38の奴に会ったら「お前若すぎやろ!」とか言ってしまいそうですけどね。
そんなわけで、人間は部品をとっかえるわけにはいかないので、今の自分の古びたbody&soulでフル稼働していきますよ。
まだまだね。

プチ・リニューアルの「武智ひ尿器科・内科」よろしくお願いいたします。

病院リニューアル2013.12

H25.10

2013/12/04 2:24 に 武智伸介 が投稿

10月です。


さすがにもう秋と言ってもいいのですかね?

アリとキリギリスの話がありました。
夏の間、バイオリン奏でたりして謳歌したキリギリスが、寒い冬になると、夏の間せっせと食物とかを蓄えたアリの前で息絶える・・みたいなブルーなお話でした。
今年の夏もいろいろありましたね。
秋は、収穫の秋とか、お祭りとか、なんか全てが実って豊穣になるようなイメージが有りますね。
でも実りとか豊作というものは、春に種を撒いてきっちり育ててとかいう蓄積があってこその「実り」なんでしょうね。
ああ、だからといって自分がアリさんだと言っているわけではないので、念のため。

10月は、結構盛り沢山です。

10/6は、四国透析学会で自分たちがやってきた「赤血球造血プロセスに合わせたダルボポエチン投与の検討」という発表をうちの技士さんにしてもらいます。
10/10は、企業の前立腺肥大イメージ広告CM収録、CATVで流れるそうです。5分くらいなのに収録はなんでも2-3時間はかかるとか。素人だもんね。それにしてもどんな女子アナのお姉さん来るのか楽しみ。
10/26は、えひめ排泄ケアの学術講演会。今回の特別講演はくるめ病院の種子田美穂子先生「排便ケアを一緒に考えましょう」。僭越ながら座長を務めさせていただきます。
その他、西部腎臓学会やら、毎年恒例の皿ヶ嶺登山(竜神平でクッキングして酒呑むというヤツ)やら、14日のサックス発表会やら、なかなかタイトです。

さてアリとキリギリスの話に戻って。

昔なら、アリのほうが美徳とされてた感じですが、今の世の中ではどうなんでしょうね?
半分くらいのヒトが、先のこと考えててもしょうがないから、とりあえず今でしょ、って、キリギリスを選ぶんでしょうかね。
まあ、どっちが正解なんてないんでしょうけど、
年寄りが思うには、どんなやり方でもいいんですけど、ゴールを具体的なビジョンとして描けるものだけが、先にむかって進めるんじゃないかと思いますよ。
ただ口を開けて享楽を待ってるだけでは、やっぱり「豊穣」には少し遠いのではないのかと・・。

まあ美味いもん喰って、旨い酒を飲んで、「実り」の秋を堪能しましょう! (2013/10/01)

H25.5

2013/09/30 22:54 に 武智伸介 が投稿   [ 2013/09/30 22:57 に更新しました ]

いつも思います。

毎日少しずつでも前に向かって歩いていけてるんだろうかと?
まあ、そんな風に常日頃考えているわけでは当然なく、時々ふっと立ち止まるように思い出し、また忙しさにすべては飛んでゆくのですが・・。

毎年恒例の、透析患者さんとの「お弁当&歩こう会」に出かけてきました。
天候にも恵まれ、スタッフも含め総勢51名の方が、5kmコースと9kmコースに分かれて、頑張って歩きました。
写真は、当院の栄養士さんが献立を立て、当院の厨房で作っていただいたお弁当で、透析患者さんのための細やかな配慮たっぷりだけど、行楽弁当でもある、というものです。
心地よい疲れの中で美味しくいただきました。
若いスタッフたちが頑張ってくれ、院長の自分は、ただみんなと一緒に歩くことを楽しませて頂きました。
こうやって、日頃は、医療者vs患者として接している方と接することができるのは、
自分にとっても、患者さんにとっても、そして社会経験の少ない若いスタッフたちにとっても、とてもいい事なんだと思います。

生きてゆくことはすべて「勉強」みたいなものなんだなあ、
ああ、おれもちょっとは前向いて行ってるじゃない、そう思えました。

そして、
そんな些細な日常が、きっと自分たちの輪郭や核を形成してるんですよ。

(2013.5.2)

H25.4

2013/05/02 0:41 に 武智伸介 が投稿

春です。


今年の春は桜も例年より早く、石手川沿いは、桜の花と花見の人で賑わっておりました。
咲く花もあれば、散る花もあるのが世の常ですが、
それでも、散ってゆく桜を見て、桜の美しさの盛りを思うことができるというのですから、
西行法師というヒトはやはり恐るべしです。

また例年4月は別れの季節と出会いの季節の重なる時期でもあります。

毎年、誰かにバイバイと手を振って、千切れんばかりの思いを振りほどこうとして、
その振った手で、また新しく来た人に『ようこそ』と手を差し伸べてみる、
ちょっと複雑な思いを持ってね。

そして、でもいつの間にか、
だんだん記憶はまろやかに発酵して、
不純物が底の方に澱のように沈殿して、上澄みが上等な酒のようになることもあれば、
痛々しい思いだけがいつまでも泥の中から浮上するナマズのように頭をもたげて、
尾を引きつづけることだってあるんですよね。

でも、僕らはやっぱり前を向いて、
たとえその先に死が待っていても進むしかないんです。

60年台のロックバンド『はっぴいえんど』の有名な曲で『夏なんです』という曲があります。
これまた有名な、『お正月』っていうのもあるけど、春の歌はあったのかなあ。
ああそうだ、『春よ来い』っていうのがありますけど、
春はだれでもが、散りゆく花に思いを馳せて、生と死とかそんな境を容易にさまよえる気分になるので、
それで松本隆さんはそんな春の歌じゃなくって、
長い冬を超えておもいっきり芽を出すようなポジティブな『春よ来い』を作られたのかもしれませんね。

そんなこんなでもう春ですよ。


(H25.4.2記載)

H25.2

2013/04/01 19:41 に 武智伸介 が投稿

毎年、おんなじようにシコシコ仕事してると、
おんなじようにこの日はめぐってくるわけで、2/1は「武智ひ尿器科・内科」の開院記念日です。

今後も頑張っていく所存ですのでよろしくお願い致します。

ちらし寿司

H25.1

2013/01/31 22:03 に 武智伸介 が投稿

本日はもう、あけて、H25.1.2になってしまいました。

遅ればせながら、あけましておめでとうございます。

去年はとにかく電子カルテの年でしたが、すこしずつ診療スタイルも落ち着いてきているこのごろです。

デジタル化すると機械ばかりが増えるというのは本当で、プリンターやらスキャナーやら、PCやら、診察室の中に所狭しと機械が並んでおります。
まあ、でも医療というのは患者さんとマンツーマンで向かい合うことになんらかわりはありませんのでご安心ください。

お知らせです。

新年早々からですが、当院の予約システムが新しいものに変更となります。
それに伴い、電話番号、Web予約の際のURLが変更になっておりますのでご注意ください。
新しいシステムは、1月4日より稼働です。

今回導入したのは「check-on」というシステムで、概要は従来のものとさほど変更はありません。
予約の順番と時間があっても、疾患の程度や混雑具合により、おまたせすることはあると思いますが、何卒ご了承ください。


(H25.1.2記載)

H24.10

2013/01/01 16:46 に 武智伸介 が投稿

台風も去りました。

電子カルテの透析情報との連携もいよいよ本格的に始まりそうです。
まだまだ、これで十二分とはいいませんが、すこしずつ前進しております。

さて、私事ですが、9月からまた散歩を再開しました。

河原には曼珠沙華が赤い彩りを添えています。
ゆっくり歩いてゆく高齢者と、マイペースのランナーたちと、散歩の時にすれちがいます。
その中を、夕方だと、重たいカバンの学生たちが自転車で通りすぎていきます。
重信川の夕刻のありふれた光景です。
やがて夕日の赤があたりを優しく染めてゆきます。

こんな時がいつまでも続くといいな、と思います。

でもヒトは夕暮れの中でもそれなりに悩みを抱えながらも精一杯生きているのでしょう。

せめてカラダの悩みの分だけ、少しでも軽くするお手伝いができたらと思います(2012/10/01)。

重信川の土手

1-10 of 34

Comments