コーラスかぐや

声を合わせることは心を合わせること

美しい日本語とハーモニーで 聞く人と一体感を持てる合唱を目指します

コーラスかぐやは、サンディエゴを拠点とした女声三部合唱団です。プロの声楽家の先生の指導のもと、年に一度の定期演奏会に向けて、唱歌、ポップス、民謡、クラシックなど幅広いジャンルの日本語の合唱曲を練習しています。声を合わせることは心を合わせること。言葉の意味と語感を大切にして美しい日本語とハーモニーで合唱の楽しさと醍醐味を共有し、聞く人と一体感を持てるコーラスを目指しています。

For English, please visit our About Kaguya page.

新団員は常時募集中です! 経験は問いません。

入団に興味がある方は、まずは無料体験レッスン、見学をお申込みいただけます。

また、演奏出演のご依頼もお受けしております。

Eメールで JapaneseChorusKaguya@gmail.com まで、どうぞお気軽にご連絡ください。

こきりこ: Kokiriko

作詞構成・作曲: 岩河三郎

指揮: 金光真理子

ピアノ: ジョンソン清美

コーラスかぐや第8回定期演奏会(2019年10月13日)

Japanese Chorus Kaguya 8th Annual Concert, October 13, 2019

Inspired by the oldest Japanese folk song, Kokiriko Bushi, is from Toyama prefecture, a snowy mountainous region on the coast of the Japan Sea. The region was isolated from others and during medieval Japan, the defeated Heike clan hid in this area as told in the famous war story, the Tales of Heike. Kokiriko is a simple percussion instrument made of two bamboo sticks. Originally Kokiriko Bushi was a song for peasants and farmers praying for a rich harvest.