日本損傷菌研究会

Japanese Research Society of the Injured Microbes

Established in 2016

お知らせ

■ 「損傷菌セミナー2021」開催中止のおしらせ  NEW !

前回のお知らせ後もコロナ禍が長引いており、デルタ株による第5波のピークの到来が予想されています。標記セミナーの開催はぜひ対面で本年の終わりごろにと考えておりましたが、未だ終息の見込みが立たないため、やむなく中止とさせていただくことになりました。今後の予定につきましては、このサイトであらためてお知らせいたします。

■ 損傷菌関係の新刊書のご案内

本邦初の損傷菌関係の図書が2020年5月29日に ㈱シーエムシー出版から刊行されました。目次など内容については、同社の下記サイトをご覧ください。

https://www.cmcbooks.co.jp/products/detail.php?product_id=7889

高額図書ですが、日本損傷菌研究会会員の皆様には20%OFFになりますので、購入ご希望の方は割引申込書を下記事務局宛てE-メールでご請求ください(送付は2021年1月7日以降になりますのでご了承ください)。

申込み先: 担当 岡林 cro22578@osakafu-u.ac.jp

■ 損傷菌関係の近著解説論文・出版書のご案内(冒頭に*印のないものについてはPDFファイルをお送りすることができます。ご希望の場合、上記事務局宛 E-mail でご連絡ください)

・生死の間をさまよう損傷菌:その微生物学と動態評価―新HACCP時代における食品殺菌のダークマター?ー (2021.2) 化学と生物, 59, (2), 64-73 (朝田良子・坂元 仁・古田雅一・土戸哲明)

微生物コントロールにおける損傷菌の問題と対策 (2020.12) 「実践 微生物制御による食品衛生管理-食の安全管理からHACCPの現場対応まで」(松永藤彦・稲津早紀子監修), pp. 61-71, NTS (朝田良子・土戸哲明)

・まとめと今後の損傷菌研究の展望 [講座 損傷菌] (2020.11) 日本防菌防黴学会誌, 48, (11), 591-595 (土戸哲明)

・カビ・酵母における細胞損傷とその回復 [講座 損傷菌] (2020.8) 日本防菌防黴学会誌, 48, (8), 355-362 (堀切茂俊・土戸哲明)

・ *「食品製造・検査における芽胞・損傷菌とその検出・制御技術」 (2020.5) シーエムシー出版 (土戸哲明・古田雅一監修)〔上記案内に掲載〕

・加熱熱損傷菌ー大腸菌における損傷・回復機構 [講座 損傷菌] (2020.2) 日本防菌防黴学会誌, 48, (2), 57-65 (土戸哲明・坂元 仁)

・細菌バイオフィルムの形成機構と制御法―単細胞生物が演じる一大生命劇とその舞台での闘い (2020.1) 日本防菌防黴学会誌, 48, (1), 33-40 (土戸哲明)

・新HACCP時代の食品殺菌における損傷菌問題 (2020.1) 食品と開発, 55, (1), 15-18(土戸哲明)

・微生物制御における損傷菌の問題と培養不能生存菌・未培養菌との比較論 (2019.9) 日本生物工学会誌, 97, (9), 555-558 (土戸哲明・坂元 仁)

■ 「損傷菌セミナー2020」の開催中止(来年に延期予定)のお知らせ

昨年の「損傷菌セミナー」は、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、開催を1年延期することになりました。その際、大阪府立大学微生物制御研究センターシンポジウムとの合同主催ではなく単独主催になる予定です。皆様には、感染防止に努められ、次回のセミナーでお会いできますようご参加をお待ちしております。

《以下のご案内は昨年度のセミナーのものですが、ご参考までにそのまま掲載します》

損傷菌セミナー2020・大阪府立大学微生物制御研究センターシンポジウム2020

「微生物胞子の損傷・殺滅とその評価・予測」

開催のご案内とポスター研究発表募集のお知らせ

◆日時: [立案時] 2020年6月5日(金)9:50~17:05(交流会は17:20から19:00まで)

◆会場: 大阪府立大学I- Siteなんば C2/C3(口頭講演)・A1/A2(ポスター・交流会)9時受付開始。大阪メトロ御堂筋線か四つ橋線なんば駅から徒歩15分・大国町駅から10分

◆プログラム:(敬称略)

司会 朝田良子(大阪府大・微制研)

9:50~10:00 開会挨拶 土戸哲明(日本損傷菌研究会代表)・古田雅一(大阪府大・微制研センター長)

損傷菌研究会と微生物制御研究センターの創立5周年を迎えて

10:00~10:30 講演① 堀切茂俊(パナソニックエコシステムズ㈱、大阪府大院・工)

カビ胞子の加熱・ガンマ線照射による損傷の検出と評価

10:30~11:00 講演② 中野みよ(東洋食品研)・青山好男(前東洋食品研)

好熱性細菌胞子の加熱損傷

11:00~11:30 講演③ 坂元 仁(大阪府大・微制研)

枯草菌胞子の発芽機構とその損傷

(昼食)

13:00~14:20 ポスターセッション(11:40までに貼付・その後閲覧可)

殺菌・静菌処理への微生物の抵抗性、損傷・修復の研究・対策技術の最前線

(コアタイム:奇数番号13:00~13:40, 偶数番号13:40~14:20)

司会 坂元 仁(大阪府大・微制研)

14:30~15:00 講演④ 桑名利津子(摂南大・薬)

過酸化水素による枯草菌胞子の損傷機構の解析

15:00~15:30 講演⑤ 藤川 浩(東京農工大)

細菌・カビ胞子の殺滅と食品微生物制御のための予測モデリング

15:30~16:00 講演⑥ 土戸哲明(大阪府大・微制研)

損傷菌・損傷胞子の殺損反応解析とプロセス評価の提案

(16:00~16:10 休憩)

16:10~17:00 パネルディスカッション:

コーディネーター古田雅一(大阪府大・微制研)

微生物制御における損傷菌問題

17:00~17:05 閉会挨拶

〔17:20~19:00 交流会(別途事前参加登録が必要)〕

◆ポスター発表申込み要領:ポスターセッションでの研究発表を募集します(申込み順20件程度)。発表申込みは、損傷菌研究会のURL(下記)をご覧ください(最終締切は5月18日(月))。

◆参加申込みと参加費:損傷菌研究会URL《https://sites.google.com/site/injuredmicrobes/》から申込書を取得・ご記入の上研究会事務局にメールで送付して、参加費を郵便振替で口座記号番号(00990-4-210394;口座名称は日本損傷菌研究会)にお送りください(講演会参加費と交流会参加費の内訳もご記入ください。振込の確認で確定になり、期日以降は当日参加の扱いになります)。講演会・交流会への参加登録締切は、郵便振替で5月18日(月)振込分までです。講演会参加費は事前登録の場合、一般会員4,000円、非会員6,000円(学生は無料)、当日参加は、2,000円増です。交流会参加費は、会員・非会員とも一般4,000円、学生2,000円。

〔問合せ・申込先〕〒599-8570 堺市中区学園町1-2 大阪府立大学研究推進機構微生物制御研究センター内 日本損傷菌研究会 担当 岡林/E-mail: cro22578@osakafu-u.ac.jp

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■ 損傷菌関係の講演会情報

・ 右記ページ欄の活動内容をご覧ください。

損傷菌文献情報 (会員限定版は工事中)

損傷菌研究会入会のおすすめ (入会申込みはこのサイトから)

講演会の共催・協賛

■ 研究会報 第7号 をアップしました

(右欄の「活動内容」内の「研究会報」をクリックしてください)