フードバンクとは?

フードバンクとは、品質上は問題なく安心して食べられるにもかかわらず、規格外、包装ミスなどの理由で廃棄されてしまう食品(食品ロス)を、企業や農業関係者から提供を受け、福祉施設など食品を必要としているところにプレゼントする活動を行う団体です。賞味期限切れなど品質に問題のある食品は提供の対象としません。アメリカでは約200ものフードバンクが存在し、年間90万トン近くの食品が提供されています。日本国内でも、既に約15のフードバンクが存在すると言われています。食の安全保障確保、食品ロス軽減、企業の社会貢献を推進するコミュニティ・ビジネスとして、ここ数年大きな注目を集め、各マス・メディアで取り上げられています。また、フードバンクを普及させようと、農林水産省も補助金を始めました。



フードバンクのしくみ 





Comments