ホーム

ご家庭に眠る食品を持ちより!~フードドライブに参加しよう~

 生活困窮者を支援する団体などに、食べられるのに捨てられてしまう食品を届けるため、ご家庭に眠っている食品を集める活動を「フードドライブ」と言います。缶詰、インスタント食品、レトルト食品など、未開封で賞味期限が2か月以上ある食品をお預かりします。特におかずとしてすぐに食べられる食品を求めています。詳細はこちらをごらんください




黄色い☆をクリックすると、県内85カ所のきずなBOX設置施設の詳細がご覧になれます。(20180715





第3回「全国フードドライブキャンペーン」を実施しました!【終了】 



 当団体が加盟している全国フードバンク推進協議会と連携し、今年も「全国フードドライブキャンペーン」を実施しています。2015年度から始まったこの取り組みは、12月から1月にかけて2か月間、全国一斉に行われます。

 フードドライブとは、ご家庭に眠っている食品を集めて、子どもの貧困に向き合ったり、生活困窮者を支援する団体などに届ける活動を指します。茨城でも、以下のように常設型食品受け取り箱「きずなBOX」の設置を徐々に進めています。一人でも多くの県民にこの活動を知っていただき、食のセーフティネットの維持、拡充にご協力いただきたいと思います。

 年末年始は、公的機関の支援が薄くなりがち。ぜひ食品のご寄付を通じて、食にお困りの方を支えてください。ご協力、よろしくお願いします。


いただきたい食品
詰、インスタント食品、レトルト食品など、未開封で賞味期限が2か月以上ある食品をお預かりします。特におかずとしてすぐに食べられる食品を求めています。

期 間
 2017年12月~2018年1月
※ なお、キャンペーン終了後も食品の寄贈は継続的に受け付けます。

受取場所





水戸ホーリーホックのホームゲームで、フードドライブを行いました!
 J2サッカーチーム・水戸ホーリーホック様のご協力により、9月30日(土)開催のホームゲームの際、スタジアム敷地内特設テントで、ご家庭に眠る食品を集める活動「フードドライブ」を実施しました。計11kgの食品をいただきました。試合直前にもかかわらず、浜崎 拓磨選手、斎藤 翔太選手にも案内配布にご協力いただきました。スポーツ・チームと連携したフードドライブとして、県内初の取り組みとなりました。

 この取り組みは、全国フードバンク推進協議会及びJリーグの連携として、全国的に取り組まれる活動の一環で、子どもの貧困対策として国が進める「子供の未来応援国民運動」でも連携事例の一つとして紹介されました。

 
   


日 時
2017年9月30日(土)午後1時~3時

場 所
ケーズデンキスタジアム水戸 場外特設テント(茨城県水戸市小吹町2058-1)

内 容
水戸ホーリーホック VS 松本山雅FCの試合で、ご家庭に眠っている食品を集めました。いただいた食品は、社会福祉協議会など生活困窮者を支援する団体などに、後日お届けします。









フードバンク茨城に寄付金をお寄せくださる皆様へ

フードバンク茨城の活動は企業・団体や個人の皆様からの食品の寄付だけでは動きません。事務所の維持や食品の受け渡しなどの日常活動の資金が必要です。活動の財源としてはフードバンク茨城の各種会員の年会費とともに活動に賛同される方から寄せられる寄付金も大きな支えとなっています。おかげさまで牛久事務所に加えて水戸事務所を中心とした活動もスタートするなど活動の広がりが生まれてきております。
そこでフードバンク茨城に寄付金をお寄せくださる皆様にお願いがあります。お振り込みいただいたあと、よろしかったらフードバンク茨城にメール等でご一報ください。私たちの活動を支えてくださる皆様にお礼とともに活動の成果をお知らせしたいと思っております。よろしくお願いいたします。




ねば~る君や社会貢献型グルメアプリ「テーブルクロス」などと連携した、「こどものためのFOOD ACTION」を実施しました【終了】

 フードバンク茨城と、納豆をテーマにしたゆるキャラ「ねば~る君」、それに社会貢献型グルメアプリ「テーブルクロス」などが連携し、「こどものためのFOOD ACTION」というキャンペーンが2016年11月11日にスタートしました。

 同アプリに登録されている茨城県内の飲食店で「チャリティ予約」をして、お食事を楽しんでいただくと、予約人数×30円が、フードバンク茨城へのご寄付となり、県内の子どもの食のセーフティネットを支える活動に役立てられます。

 おいしく食べて、食に困った子どもたちを支えよう!詳しくは以下のページをご覧ください。






    「食のセーフティネット実態調査」報告書がまとまりました!

     現在、県内30の社会福祉協議会(以下、社協)や自治体を通じて、生活困窮者への食品支援を行っています。昨年4月より施行された生活困窮者自立支援制度の影響を強く受け、社協や自治体からの食品  寄贈の要請が前年度比2倍に激増しました。その中で、具体的に食糧支援している生活困窮者がどのような状態で、食糧支援がどのように役立っているのか、具体的に把握できておりませんでした。

     そこで、生活協同組合 パルシステム茨城様より、2015年度に「くらし活動助成基金」から助成金をいただき、企業や市民などからいただく食品がどのように活用されているか、実態調査を実施しました。これにより、生活困窮者の食糧支援ニーズと支援状況がかなり可視化されました。

     ぜひ報告書(PDF:2.9MB)をご一読いただき、食品の寄贈など、食のセーフティネット拡充にご協力いただければ幸いです。

     なお、カラー印刷した報告書をご希望の方は、事務局までご連絡ください。着払いでのご郵送もできます。こちらを使ったフードバンク・セミナーの開催も随時承っております。




    「平成25年度 食のセーフティネット事業報告書」

    独立行政法人福祉医療機構の社会福祉振興助成事業として昨年度取り組んだ「食のセーフティネット事業」の報告書です。「食糧支援のしくみ作りのために」と題したもので、県内社会福祉協議会との連携による生活困窮者への食糧による自立支援の取り組みです。関心のある方は、フードバンク茨城までご連絡ください。
    このページ最下部のリンクより報告書のPDFファイルをダウンロードできます。

    WAM助成活動報告書




    フードドライブの普及に取り組んでいます

    家庭で眠っている食品をご寄付いただくフードドライブを
    地域や職場、学校などで開催してみませんか?

    ***フードドライブ推進のチラシを作りました***

         おもて面            うら面

    フードドライブの開催の仕方についてはフードバンク茨城にご相談ください。
    まずはメール、FAX等でアクセスしてください。
    このページ下の動画でもご案内しています。




    フードバンクを動画で紹介!
    「もったいないをありがとうに」

    Ċ
    特定非営利活動法人フードバンク茨城,
    2018/03/08 19:30
    Ċ
    特定非営利活動法人フードバンク茨城,
    2017/09/05 13:46
    Ċ
    特定非営利活動法人フードバンク茨城,
    2016/11/17 23:10
    Ċ
    特定非営利活動法人フードバンク茨城,
    2016/11/28 2:13
    Ċ
    特定非営利活動法人フードバンク茨城,
    2017/04/04 7:05
    Ċ
    特定非営利活動法人フードバンク茨城,
    2017/08/15 18:46
    Ċ
    特定非営利活動法人フードバンク茨城,
    2017/04/02 16:40
    Ċ
    特定非営利活動法人フードバンク茨城,
    2016/04/24 19:00
    Ċ
    特定非営利活動法人フードバンク茨城,
    2016/08/29 16:14
    ĉ
    特定非営利活動法人フードバンク茨城,
    2018/02/13 2:11
    ĉ
    特定非営利活動法人フードバンク茨城,
    2017/01/11 20:23
    Ċ
    特定非営利活動法人フードバンク茨城,
    2016/08/17 2:58