Mathematical Aspects of Continuum Mechanics(MACM)


A group photo in CoMFoS17(OIST Seaside House. 21 September, 2017)
〇2018年研究部会連合発表会
会場:大阪大学・吹田キャンパス
日時:2018年3月15日(木)~16日(金)

〇日本数学会2018年度年会
会場:東京大学 駒場キャンパス
日時:2018年3月18日(日)~21日(水・祝)
申込期間:2017年11月10日(金)~12月1日(金)
オンラインシステム

CoMFoS17

日時:2017年9月20日(水)~22日(金)

場所:Okinawa Institute of Science and Technology Graduate University (OIST)

CoMFoS17での講演は、JSIAM Lettersに投稿できる権利を持ちます。 プログラム(準備中)

CoMFoS17は、連続体力学に関する研究交流の会合で、研究部会の前身(初回1995年)を含めて第17回目になります。最近は国際的な研究交流の場となり、国際会議として開催しています。

[終了したイベント]
日本応用数理学会 2017年度 年会
日時:
2017年9月6日(水)〜8日(金)
場所:
会場:  武蔵野大学有明キャンパス(東京都江東区)
主催:
日本応用数理学会研究部会「連続体力学の数理」
<講演申込方法>
メーリングリストで連絡します。同様に、申込と発表者等をオンラインで入力していただくことになります。

口頭講演申込 7月6日(木)締切
予稿原稿提出 8月6日(日)締切

日本数学会秋季総合分科会

日時:2017年9月11日(月)~9月14日
場所:山形大学

講演申込締切 6月16日  オンラインシステム


写真は沖縄科学技術大学院大学(OIST)の付属設備 Seaside House での国際会議第17回CoMFoSの集合写真です。海外から多数の参加者がありまし。
 講演内容は、理論・有限要素法や粒子法による破壊現象の解析、地震の数理、固体の数理、形状最適化、そして流体と数理研究者と企業研究者による発表がありました。
 なお、CoMFoSはContinuum Mechanics Focusing on Singularitiesの略で、17は第17回研究集会を表しています。
 第1回は、阪神淡路大震災(1995/1/17)の後、1月27日に石川県加賀市山代温泉で行いました。実際は、これ以前に京都大学数理解析研究所で2回行っています。
 当時のメンバーは少なくなり、現在では木村教授(金沢大学)を中心に若手研究者が研究部会を支えています。


〇2018年度 日本応用数理学会年会
会場:名古屋大学
日時:未定