ホーム

公益財団法人 「無窮会」の会員用連絡・お知らせサイトです。
平成29年度5月例会のおしらせ

新年度第1回目の例会となる恒例の5月例会を下記により開催致します。

今回は、町田市市民文学館ことばらんどを会場にお借りして、3名による研究発表と、図書委員・研究員等の役員連絡会も併せて開催いたしますので、皆様のふるってのご参加をお待ち申し上げます。

◆日時 平成29年521日(日) 午後1時~4時45分

◆会場 町田市市民文学館ことばらんど 大会議室(会場予約名:漢詩研究会)

194-0013 町田市原町田4丁目1617 (電話:042-739-3420

※小田急線町田駅東口から徒歩12分・JR横浜線町田駅ターミナル口から徒歩8

※会場が例年と異なるので御注意ください。

※図書委員、研究員等役員の方々には、御連絡等もあります。奮って御参加下さい。

【研究発表】

平安時代後期の宿曜道と属星秘法伝承

   山下克明先生 大東文化大学東洋研究所兼任研究員

雑談 断碑二題 

   石田 肇先生 本会専門図書館長 群馬大学名誉教授

三合歳についてー『三合勘文部類』を中心に

   山口えり先生 日本学術振興会特別研究員                            

※会場が例年と異なりますのでご注意下さい

※重要なお知らせ※ 

閲覧業務の休止:無窮会図書館改修のため、平成28年度の閲覧業務の休止は29年度までかかっておりますが、
再会可能になり次第、お知らせ致します。
■公益財団法人 無窮会

 新事務所は「〒194-0041町田市玉川学園1-25-18」ですが、

 電話番号・FAX・郵便物宛先は引き続き下記までお願い申し上げます。  

  住所 〒194-0041 東京都町田市玉川学園8613 電話 0427259786

     FAX 042-850-9610 Mail: info@mukyukai.jp


※おしらせ 『東洋文化』113号が刊行されました

 《内容》

 東洋の學藝 

漢文から見る藤原済時像―「秋夜陪右親衛員外亜相亭子守庚申、同賦秋情月露深詩 一首」詩序中の一文より― ………‥丹治麻里子

我が国における『朱子家礼』の受容について ―稲葉黙斎 『家礼抄略』とその講義を中心として― ……………………… 細谷惠志

荻生徂徠著『楽律考』の成立時期に関する一考察 ―荻生北渓著「楽律考解」(無窮会専門図書館神習文庫所蔵)の紹介を兼ねて― ……山寺美紀子

察『漢書訓纂』とその受容 …………………………………………………洲脇武志

後蜀政権研究序説 ‥………………………………………………………大兼健寛

『子思子全書』の文献学的特徴 …………………………………………西山尚志

南宋末から元の『尚書』解釈―陳師凱『書察氏伝旁通』を中心にして― …………………‥青木洋司

 清音抄 無窮会と私―「一条の」えにし― ………………………………名倉正博
 詩林(詩9家39首)
 会員業績紹介…(相田満)
春名徹『細川三代 幽斎・三齊・忠利』(2010年・藤原書店)
  宮崎和廣 編・解説『宮廷文化研究 有職故実研究叢書』全十巻(2005年・クレス出版)

目次:
東洋文化研究所のお知らせ

講座案内無窮会東洋文化研究所教養講座案内・公益事業「外部講座」)
専門図書館のお知らせ
図書館利用規定
会誌『東洋文化』(既刊分主要目次)
『東洋文化』
投稿規定
東洋文化談話会 発表大会
その他(当面の予定)

サブページ (1): 東洋文化談話会研究例会