計測・制御・プログラム Arduino互換ボード RDC


RDC-104(Type1 / Type2 / Type3 / Type3+)

多くのArduino互換ボードは、そのままではモータやサーボなどを接続することができません。センサーも搭載していません。
RDCは手軽に教材や市販のモータ、サーボを接続して、ロボットや動きのあるモデルをプログラムで制御できます。
搭載センサーで多様な実験を行うことができます。
電源は単三電池、または市販のモバイルバッテリー(マイクロUSB)も使えます。


4つのセンサーをボード上に装備

すべてのモデルにlight(明るさ)、sound(音)、slider(スライダー)、button(ボタン)の4つのセンサーとLEDを搭載していますので、ボードとパソコンだけでもすぐに実験をすることができます。

多彩な入力ポート

アナログ入力の3ピンヘッダ、I2Cソケットで追加のセンサーを接続することができます。 簡単にいろいろなものの抵抗を測れるように、みの虫クリップ用の端子も1組用意してあります。

モータードライバー

Type I/Type IIは2つ、Type IIIは4つのDCモーターの正逆転と速度の制御が可能です。

サーボピン

最大10個のサーボを接続できます。(他の出力と兼用です。また、同時に動かせる数はサーボの消費電流によります) 

仕様 Type1
Type2
Type3
Type3+
大きさ W : 66mm H : 56mm
MPU ATMega32U4/内蔵Flash32KB/クロック8MHz
搭載センサー/出力 スイッチ、音、明るさ、スライダー、白色LED (ピンアサイン
アナログ入力
3.3V電源
分解能10bit
(1024段階)
2(A0 A1/デジタル18 19) 5(A0 A1 A2 A3 A4/デジタル18 ~ 22)

ボード上の3つのセンサーとジャンパーワイヤーで接続可能
みの虫クリップ入力 1(A5 100Kプルアップ
シリアル ピン0:RXD ピン1:TXD(デジタル入出力と共用)
I2C 2
超音波測距センサー用ソケット 2(接続されるピンは共通、どちらか1つを使用)
液晶表示
なし モノクロLCD なし モノクロLCD
DCモーター出力 2(M1/M2) 4(M1/M2/M3/M4)
※モーター1個あたり電流0.5A程度が上限です。接続するモーターの定格電圧、電流をご確認ください。
※制御ピンはデジタル入出力と共用です。ピンアサイン
サーボ出力(デジタル入出力) 10(0 1 4 5 6 7 8 9 10 13)
※合計で
電流1A程度が上限です。(SG90サーボで4個程度、それ以上の場合は動作順序などの工夫が必要です)
プログラム環境
(パソコンからマイクロUSBケーブルでダウンロードします。)

詳細はこちら
・Arduino(C言語)
・ArduBlock(ビジュアルプログラミング言語)
・Scratch(ビジュアルプログラミング言語、常時USB接続)

対応OS:Windows 10/8.1、Mac OSX(32bit、Catalinaは未対応)
※Windows
8.1のドライバーインストールは、ブートローダーとスケッチそれぞれに対して行いますので2回必要です。 また、USBポート毎に必要です。
電源 USB、V1(6V) USB、V1(6V)、V2(M3/M4用3〜12V)
価格(税込)
※マイクロUSBケーブル、電池ボックス(別売品)、電池は含みません
6,600円 8,800円 7,700円 9,900円
RDC-104は埼玉大学STEM教育研究センター、埼玉大学教育学部野村研究室の教育用ボード研究の成果「STEM Du」とArduino / MIT SensorBoard / SparkFun Pro Microをベースとして設計されました。RDC-104とその開発環境はCC BY-SAです。仕様は予告なく変更する場合があります。


RDC-103 Zero(Type1 / Type2 / Type3 / Type3+)

4つのセンサーをボード上に装備

すべてのモデルにlight(明るさ)、sound(音)、slider(スライダー)、button(ボタン)の4つのセンサーとLEDを搭載していますので、ボードとパソコンだけですぐに実験をすることができます。

多彩な入力ポート

アナログ入力の3ピンコネクタ、I2Cコネクターで追加のセンサーを接続することができます。 簡単にいろいろなものの抵抗を測れるように、みの虫クリップ用の端子も1組用意してあります。拡張ピンヘッダを付けてブレッドボードカバーと組み合わせれば市販のセンサーや電子部品などの実験をすることもできます。

モータードライバー

Type I/Type IIは2つ、Type IIIは4つのDCモーターの正逆転と速度の制御が可能です。

サーボピン

Type I、Type IIは8つ、Type IIIは4つのサーボを制御できます。 



仕様 Type1 Type2 Type3 Type3+
大きさ W : 56mm H : 88mm
MPU ATMega32U4/内蔵Flash32KB/クロック8MHz
搭載センサー/出力 スイッチ、音、明るさ、スライダー、白色LED (ピンアサイン
アナログ入力コネクター
3.3V、10bit(1024)
2 6(3つはボード上のセンサーとジャンパーで切替、1つはプルアップ)
I2Cコネクター 1
みの虫クリップ用端子 1組(プルアップ入力/グランド)
拡張ピンヘッダー 無し(取り付け用スルーホールはあり) アナログ入力側、デジタル側4ピン(サーボと共用)
液晶/カバー
なし モノクロLCD/透明カバー なし モノクロLCD/透明カバー
DCモーター出力(制御はデジタルピンと共用) 2(M1/M2)ピンアサイン
4(M1/M2/M3/M4)ピンアサイン
※モーター1個あたり0.5A程度が上限です。接続するモーターの定格電圧、電流をご確認ください。
サーボ出力(デジタルピンと共用) 8 4
プログラム環境
(パソコンからマイクロUSBケーブルでダウンロードします。)

詳細はこちら
・Arduino(C言語)
・ArduBlock(ビジュアルプログラミング言語)
・Scratch(ビジュアルプログラミング言語、常時USB接続)

対応OS:Windows 10/8.1、Mac OSX
(32bit、Catalinaは未対応)
※Windows
8.1のドライバーインストールは、ブートローダーとスケッチそれぞれに対して行いますので2回必要です。 また、USBポート毎に必要です。
電源 USB、V1(6V) USB、V1(6V)、V2(M3/M4用3〜12V)
価格(税込)
※マイクロUSBケーブル、電池ボックス(別売品)、電池は含みません
7,800円 11,000円 9,800円 13,000円

 
 
 
 Type1  Type2  Type3

RDC-103は埼玉大学STEM教育研究センター、埼玉大学教育学部野村研究室の教育用ボード研究の成果「STEM Du」とArduino / MIT SensorBoard / SparkFun Pro Microをベースとして設計されました。RDC-103とその開発環境はCC BY-SAです。仕様は予告なく変更する場合があります。
ċ
長谷川淳,
2019/03/09 22:53
Ċ
長谷川淳,
2019/03/09 22:53
ċ
長谷川淳,
2018/07/14 17:11
Ċ
長谷川淳,
2018/08/11 23:15
Ċ
長谷川淳,
2020/06/14 1:25
Ċ
長谷川淳,
2020/06/11 15:54