プログラム例

RDCの機能を試してみましょう。

Arduinoのスケッチ例のピン番号を修正するだけのサンプルと、RDC用のサンプル「RDC_samples」があります。
修正したスケッチを残す場合はメニューから「ファイル」>「名前を付けて保存」してください。
ArduBlock(アルデュブロック)を使用する場合は、まず新規ファイルで空のスケッチを作成します。
メニューの「ツール」から「ArduBlock」で画面を開いて、ArduBlockの画面内の「開く」でサンプルプログラムを開きます。

「RDC_samples.zip」RDC_ArdublockSamples.zipはこのページの下からダウンロードしてください。
展開して自分のArduinoフォルダ(OSX:書類/Arduino Windows:ドキュメント/Arduino)の中に入れてください。

 準備とプログラムの書き込み方はこちら プログラムをはじめよう 
 

1.ボタン

ボタン(12番ピン)を押すとLED(13番ピン)が点灯します。
メニューの「ファイル」から「スケッチの例」>「02.Digital」>「DigitalInputPullup」を開きます。
「pinMode(2, INPUT_PULLUP)」と「digitalRead(2)」のピン番号を2から12に修正して書き込みます。
ArduBlockは「01_RDC_Button_LED.abp」を開きます。

2.アナログセンサ

RDCの4つのセンサ(明るさ/スライダー/音/抵抗センサ)からアナログポートへの入力をシリアルモニタで確認します。
メニューの「ファイルから「スケッチの例」>「01.Basics」>「AnalogReadSerial」を開きます。
「AnalogRead(A0)」のピン番号を各センサのピン番号に修正して書き込みます。
(RDC-104:明るさA2/スライダーA3/音A4/抵抗センサA5 RDC-103:明るさA4/スライダーA5/音A0/抵抗センサA3)
このボタンを押してシリアルモニタを開きます。

ArduBlockは「02a_RDC_AnalogRead.abp」を開きます。

アナログ入力A0~A5までの値をまとめてシリアルモニタに出力することもできます。
メニューの「ファイルから「スケッチブック」>「RDC_samples」>02_RDC_AnalogReadSensors」を開て書き込みます
ArduBlockは「02b_RDC_AnalogReadSensors.abp」を開きます。

3.超音波センサ

超音波センサで対象物までの距離をシリアルモニタで確認します。
超音波センサをPINGソケットに差し込みます。ピンの名前を間違えないように接続します。 超音波センサを購入する
メニューの「ファイルから「スケッチの例」>「06.Sensors」>「Ping」を開きます。
「const int pingPin = 7」のピン番号を7から11に修正して書き込みます。
このボタンを押してシリアルモニタを開きます。

ArduBlockは「03_RDC_Ping.abp」を開きます。

4.赤外線測距

赤外線LED(11番ピン)と明るさセンサ(A2ピン)で距離を計測します。
メニューの「ファイルから「スケッチブック」>「RDC_samples」>04_RDC_IRdistance」を開いて書き込みます
シリアルモニタボタンを押してセンサから対象物までの距離をシリアルモニタで確認します。

ArduBlockは「04_RDC_IRdistance.abp」を開きます。

5.モータ

モータを回転させます。2つのモータと車輪をつけると前進(または旋回、後進)します。
モータをM1/M2ソケットに接続します。 モータを購入する
メニューの「ファイルから「スケッチブック」>「RDC_samples」>「05_RDC_Motor」を開て書き込みます
ArduBlockは「05_RDC_Motor.abp」を開きます。

6.サーボ

サーボを回転させます。
サーボをデジタルポートに接続します。サーボのケーブルは黒〜茶色がGです。
ピンは上からデジタル入出力ピン、V、Gの順に並んでいます。 サーボを購入する
メニューの「ファイルから「スケッチの例」 > 「Servo」 > 「Sweep」を開きます。
「myservo.attach(9)」のピン番号を9からサーボを接続したピン番号に修正して書き込みます。
ArduBlockは「06a_RDC_Servo.abp」を開きます。

スライダーの位置に応じてサーボを回転させます。
メニューの「ファイルから「スケッチの例」 > 「Servo」 > 「Knob」を開きます。
「myservo.attach(9)」のピン番号を9からサーボを接続したピン番号に修正します。
「potpin = 0」のピン番号を0からA3(RDC-103はA5)に修正して書き込みます。
ArduBlockは「06b_RDC_Servo_Slider.abp」を開きます。

7.I2C LCD(RDC-104 Type2/Type3+用)

LCDに基板搭載のアナログセンサの値を表示します。
メニューの「ファイルから「スケッチブック」>「RDC_samples」>07a_RDC_I2CLCD_Sensors」を開て書き込みます
ArduBlockは「07_RDC_I2CLCD_Sensors.abp」を開きます。

乾電池1本の電圧と1K〜100KΩまでの抵抗値が計測できるテスターです。
メニューの「ファイルから「スケッチブック」>「RDC_samples」>07b_RDC_I2CLCD_Tester」を開て書き込みます
ArduBlock用のプログラムはありません。

8.コンパスセンサ QMC5883

コンパスセンサで方位を計測します。
I2Cソケットにコンパスセンサを差し込みます。ピンの名前を間違えないように接続します。 コンパスセンサを購入する
カスタムライブラリのサンプルを使用します。
メニューの「ファイルから「スケッチの例」 > 「DFRobot_QMC5883」 > 「QMC5883_compass」を開て書き込みます
シリアルモニタボタンを押して方位をシリアルモニタで確認します。

ArduBlockは「08_RDC_QMC5883.abp」を開きます。

9.加速度/ジャイロセンサ MPU-6050

加速度/角速度を計測します。
I2Cソケットに加速度/ジャイロセンサを差し込みます。 加速度/ジャイロセンサを購入する(RDC-103は基板に搭載済)
カスタムライブラリのサンプルを使用します。
メニューの「ファイルから「スケッチの例」 > 「MPU6050」 > 「Examples」 > 「MPU6050_DMP6」を開て書き込みます
ライブラリを使わないスケッチは、「RDC_samples」>09a_RDC_MPU6050」または09b_RDC_MPU6050を開て書き込みます
シリアルモニタボタンを押してデータをシリアルモニタで確認します。

ArduBlockは「09_RDC_MPU6050.abp」を開きます。

10.ブザー

ブザーからメロディを出力します。
RDC-104は超音波用ソケットのTr(11番ピン)とGに圧電ブザーを差し込みます。 圧電ブザーを購入する(RDC-103は基板に搭載済)
メニューの「ファイルから「スケッチの例」 > 「02.Digital」 > 「toneMelody」を開きます。
「tone(8, melody[thisNote], noteDuration)」と「noTone(8)」のピン番号を8から11に修正して書き込みます。
ArduBlockは「10_RDC_tone.abp」を開きます。

その他

「RDC_samples」のその他のプログラムです。
RDC_Serial(シリアル通信でWifi基板など他のデバイスとシリアル通信する)
RDC_SPIGLCD_Sensors(RDC-103 Type2/Type3+のLCDにアナログセンサの値を表示する)
RDC_SPIGLCD_Tester(RDC-103 Type2/Type3+用テスター、電池チェッカー+抵抗チェッカー)
ċ
RDC_ArdublockSamples.zip
(21k)
長谷川淳,
2018/07/14 17:02
ċ
RDC_samples.zip
(18k)
長谷川淳,
2018/07/14 17:02