5月18日は「国際植物の日(Fascination of Plants Day)」 です!

世界中で植物に関するイベントが開催されます。ぜひ参加してください。

一緒に、植物のおもしろさを知り、その力を実感し、感動を広げる一日としましょう!

国際植物の日とは?

国際的な試みとなる“Fascination of Plants Day”(国際植物の日—世界のみんなで植物のたいせつさを考える日—) が、欧州植物科学機構(European Plant Science Organisation; EPSO)のもと、2012年から始まりました。この活動をとおして、世界中の人たちと一緒に植物の大切さを見直し、様々な分野における植物科学の重要性をあらためて考えていくことが目標です。植物科学は、農業、持続可能な食糧生産、園芸、林業、食物はもちろん、紙、繊維、化学物質、エネルギー、医薬品にいたるまで、様々な分野に活かされています。植物はすべての生きものにとってよい環境を保つためにも欠かせません。

植物はとてもおもしろいものです。草花のような小さなものから巨大な木々まで、あるいは観賞用の花々から、全動物と人類がこの惑星で生き抜くための糧である主要穀物に至るまで、土にまかれた一粒の小さな種から、多くの緑の生命が生じます。地球上の植物種は25万種にのぼると見積もられています。全世界で一斉に行われるこの活動にも、欧州と世界の人々が共同体として一つとなった心のなかに、目には見えなくても絶えず芽吹きつづける種を植え、植物科学が社会や環境全体において、現在も将来にわたっても、重要な意義を持つということを知ってほしいという願いが込められています。


イベント登録のお願い

2018年5月19日に、植物に関連した催しを企画してみませんか。多くのイベントがこの日に開催されますが、ご都合によっては、2019年4月18日~6月18日の間にご開催いただいても結構です。

費用は一切かかりません。活動の概要をお知らせいただき、チラシやポスターにシンボルマークを掲載していただければ、それがすべてです。毎年、活動リストを含むチラシをご提供し、各イベントで配布していただいています。植物に携わる人々の輪が広がり、「興味はあるけど、一歩が踏み出せない」人々の力となることが、コーディネーターチームの願いです。

1)チラシにイベントリストを掲載する場合、3月31日までにご登録ください。

2)3月31日までに登録できなくても、ウェブサイトでのイベント案内は随時可能ですので、イベント内容が決まり次第参加登録してください。

3)チラシやウェブサイトでのイベント案内について確認のご連絡をさせていただくことがあります。

Partners & Sponsors

http://www2.jspp.org/
http://www.cropscience.jp/
http://jssspn.jp/
http://wssj.jp/
http://www.expo-cosmos.or.jp/index.php
http://www.ppsj.org/index.html
http://www.epsoweb.org/