Kan Takeuchi is an associate professor in economics at Hitotsubashi University. He works on experimental economics and his research is currently on eye-tracking and time preference. Takeuchi has earned his Ph.D. in Economics from the University of Michigan. Before joining Hitotsubashi, Takeuchi was a postdoctoral scholar at California Institute of Technology He is a father of a son and a daughter.

Positions

  • 2011.04- present Associate Professor, Hitotsubashi University (准教授, 一橋大学大学院経済学研究科).
  • 2008.04-2011.03 Assistant Professor, Hitotsubashi University (講師, 一橋大学大学院経済学研究科).
  • 2007.09-2008.03 Postdoctoral Scholar in Economics, Caltech (ポスドク, カリフォルニア工科大学).

Education

  • 2007 Ph.D. in Economics, University of Michigan.
  • 2000 経済学修士, 一橋大学.
  • 1998 経済学学士, 一橋大学.

Research Interest

Experimental Economics (time preference, auctions), eyetracking, public economics (実験経済学: 時間選好理論・オークション理論、アイトラッキング、公共経済学)

Publications(論文)

Works in Progress

  • "Beetles Play Nash: Mixed Strategy Equilibrium"
  • "Eye tracking to Debias the Present Bias"
  • "The Effect of Music Listening on Risk Taking Behavior"
  • "The Cumulative Effect of Inequality: A Computational Study of Conflict Models"
  • "Eye-tracking Analysis of Bidding Behavior in Combinatorial Auctions"

Editors/Referees

  • Associate Editor, Economic Inquiry (since August 2010)
  • Associate Editor, Japanese Economic Review (since September 2015)
  • Co-Editor, 行動経済学 (since December 2011)
  • Referee: American Economic Review, Economic Inquiry, Economic Journal, Games and Economic Behavior, Journal of the European Economic Association, Journal of Economics and Management Strategy, Journal of Economic Psychology, Management Science, RAND Journal of Economics, Southern Economic Journal.

Grants/Fellowships/honors

  • 2016-2018 科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究「昆虫を使った経済実験による意思決定理論の実証」(研究代表者: 312万円 間接経費込, PI:$27,800)
  • 2013-2015 科学研究費補助金 若手研究(B)「眼球運動と経済的意思決定:アイトラッキングを使った実験研究」(研究代表者: 416万円 間接経費込, PI:$37,200)
  • 2010-2012 科学研究費補助金 若手研究(B)「時間選好とリスク選好を統合した実験経済学的研究」(研究代表者: 234万円 間接経費込, PI:$21,000)
  • 2014-2015 東京ガス株式会社・一般社団法人日本ガス協会との共同研究「省エネルギー行動変容における経済的インセンティブおよび経済性評価」(研究代表者:350万円, PI:$31,300)
  • 2014-2015 公益財団法人清明会からの受託研究「時間選好と眼球運動:アイトラッキングを使った経済実験」(研究代表者:50万円, PI:$4,500)
  • 2006 Outstanding Graduate Student Instructor Award at University of Michigan(ミシガン大学で2000 人以上のTAの中から毎年20 名に与えられる優秀賞, $1,000)
  • 2001/2002 Summer Research Fellowship, ミシガン大学経済学部. ($4,750)
  • 2000 一橋大学海外留学奨学金. (170万円)

Presentations(学会発表)

  • 2017 Behavioural economics: Foundations and applied research(シドニー大学)
  • 2017 ESA North-American Meeting(リッチモンド)
  • 2017 ESA Asia-Pacific Meeting(国立台湾大学)
  • 2016 第20回実験社会科学カンファレンス・パネル討論「[実験+社会科学]は社会を変えたか?」(同志社大学)
  • 2016 "KANSEI: The Implications from Economic Experiments on Music and Decision making" International Symposium on Affective Science and Engineering・基調講演 (工学院大学)
  • 2015 行動経済学会第9回大会パネルディスカッション「行動経済学の教育」(近畿大学)
  • 2015 ESA European Meeting(ハイデルベルグ)
  • 2015 第3回京都大学実験経済学ワークショップ
  • 2014 BEHAVIOR, ENERGY &CLIMATE CHANGE CONFERENCE (ワシントンDC)
  • 2014 京都大学フィールド実験ワークショップ
  • 2014 ESA International Meeting(ホノルル)
  • 2014 第2回京都大学実験経済学ワークショップ・基調講演
  • 2014 行動経済学・行動ファイナンスの発展(大阪大学)
  • 2013 京都大学経済実験室オープニング記念ワークショップ・基調講演
  • 2012 第6回行動経済学会・特別セッション(青山学院大学)
  • 2012 GCOE 「ダイナミクスと選好の経済分析コンファレンス」(大阪大学)
  • 2011 実験社会科学ウィンタースクール・講演(早稲田大学)
  • 2011 Distinguished Research Seminar Series(東京大学)
  • 2011 ESA Asia-Pacific Conference(厦門大学)
  • 2011 第8回日独先端科学(JGFoS)シンポジウム・口頭発表(東京)
  • 2011 The 6th Pan Pacific Conference on Game Theory(東京工業大学)
  • 2010 第4回行動経済学会(上智大学)
  • 2010 実験社会科学 サマースクール・講演(信州大学)
  • 2009 ESA North American meeting(アリゾナ)
  • 2009 第13回実験社会科学カンファレンス(神戸大学)
  • 2008 ESA North American meeting(アリゾナ)
  • 2008 ESA International meeting(カリフォルニア工科大学)
  • 2007 実験社会科学―実験が切り開く21世紀の社会科学(北海道大学)
  • 2007 ESA North American meeting(アリゾナ)
  • 2007 日本経済学会秋季大会(日本大学)
  • 2007 ESA Asia-Pacific Conference(上海交通大学)
  • 2007 INFORMS-Institute for Operations Research and the Management Sciences (プエルトリコ)
  • 2007 フランス経済学会「行動経済学と実験経済学」カンファレンス(リヨン)
  • 2007 Midwest Economics Association 第71回大会(ミネアポリス)
  • 2007 ESA Asia-Pacific Conference(大阪大学)
  • 2006 INFORMS-Institute for Operations Research and the Management Sciences (ピッツバーグ)
  • 2006 ESA North American meeting(アリゾナ)
  • 2006 Academy of Economics and Finance 第33回大会(ヒューストン)
  • 2005 16th Jerusalem Summer School in Economic Theory(エルサレム・ヘブライ大学)
  • 2005 Midwest Economics Association 第69回大会(ミルウォーキー)
  • 2004 第8回実験経済学コンファレンス(大阪大学)
  • 2004 ESA North American meeting(アリゾナ)
  • 2004 Visiting Graduate Student Workshop in Experimental Economics(ジョージメイソン大学)
  • 2004 Mannheim Empirical Research Summer School(マンハイム大学)

セミナー発表(Seminar Presentations)

  • 2014 関西大学; 2012 シンガポール国立大学;2011 東京大学;2010 大阪大学, 横浜国立大学, はこだて未来大学;2008 大阪大学, 岐阜聖徳学園大学, 香港科学技術大学, アムステルダム大学;2007 カリフォルニア工科大学, 一橋大学。

Teaching Experience(教育経験)

  • Public Economics (in English, Hitotsubashi University, Graduate level, 2013-)
  • 実験経済学(一橋大学, 2012-)
  • 実験経済学A(早稲田大学政治経済学部, 2014-)
  • 実験経済学α・β(早稲田大学政治経済学部, 2009-2013)
  • 公共経済学(一橋大学大学院, 2008-2012)
  • 経済学基礎論Ⅱ:ゲーム論(一橋大学大学院, 2016-)
  • 基礎ミクロ経済学(一橋大学, 2009-2011)
  • 1st Year Japanese II, 2nd Year Japanese I and II (ミシガン大学, 2005-2007)
  • ミクロ経済学Teaching Assistant(ミシガン大学大学院, Prof. Ennio Stachetti, 2002)
  • 経済数学Teaching Assistant (ミシガン大学大学院, Prof. Emre Ozdenoren, 2001)

一橋大学での主な学内行政サービス

  • 2018 入学試験実施専門委員会委員長(考査委員会委員長を兼任)
  • 2017 入学試験実施専門委員
  • 2016 オープンキャンパス実施専門委員
  • 2016 学士課程教育専門委員(四学期制導入時のカリキュラム編成と全学的学期制改革を担当)
  • 2015 学部教育専門委員(障害学生支援委員会委員を兼任)
  • 2011-2014 学生委員(課外活動関連の許認可、奨学金審査、処分学生の事情聴取や報告書の作成等)
  • 2009-2010 入学試験管理委員
  • 1998-2012 如水会評議員(平成10年経済学部代表)

審議会委員等

学会運営委員等

  • 2018 第12回行動経済学会・プログラム委員
  • 2018 日本経済学会2018年度秋季大会・プログラム委員
  • 2017 日本経済学会2017年度秋季大会・プログラム委員
  • 2016 第10回行動経済学会記念大会・運営責任者兼プログラム委員
  • 2014 第8回行動経済学会・プログラム委員
  • 2014 第1回BECC-JAPAN・オーガナイザー
  • 2013 第7回行動経済学会・プログラム委員
  • 2013 第9回ESA Asia-Pacific meeting・運営委員
  • 2012 第6回行動経済学会・プログラム委員
  • 2012 日本経済学会2012年度春季大会・プログラム委員
  • 2011 第8回ESA Asia-Pacific conference・プログラム委員
  • 2011 第5回行動経済学会・プログラム委員
  • 2010 第14回実験社会科学カンファレンス・運営責任者

Technical Knowledge

MATLAB, zTree(実験経済学ソフト), STATA and LaTeX。

ztree2stata.ado: zTreeが生成したデータをSTATA形式に変換するコマンドを作成。

Languages

英語(TOEIC 985/990, 2006年6月), 日本語(母国語)

Research Assistant

主な評論・講演・メディアのご紹介

全リストは「執筆・講演」のページへ

フルリストは「執筆・講演」へ