HOME

特定非営利活動法人アスペ・エルデの会は、
発達障害をもつ子どもたちの支援の場、自助会、専門家養成、発達支援についての啓発、発信点、研究機関を統合的に目指していく「生涯発達援助システム」です。

当会では発足以来、発達障害の子ども達とその保護者の支援を行っています。その中で、保護者が子どもの行動を適切にとらえることが難しい場合に、子育てに対する困難感が生じておられるケースが数多く見受けられました。

 

さらに、近年では、発達障害の診断の有無に関わらず、子どもを“育てにくい”と感じておられる保護者も対象とした「ペアレント・プログラム」を実施していく中で、同様に子どもの行動を適切にとらえることの難しさが存在することが明らかになってきました。

 

そうした保護者は、診断はない、普通の子だからという理由で周囲に頼れず孤立してしまったり、子育ての困難感の増加に伴い子どもに虐待的な対応をしてしまったりするというリスクもあると考えられています。

 

そのため、診断を受けてからの専門的な支援(医療モデル)ではなく、保護者が日常生活を過ごす地域における支援(社会モデル)の充実および支援システムの構築が必要です。


このような認識に基づき、当会では「ペアレント・プログラム」を活用した家族支援、並びに支援者育成事業を行っています。

 


 本ホームページは、特定非営利活動法人アスぺ・エルデの会(代表:辻井正次)が管理する「ペアレント・プログラム」専用ページです。

http://www.as-japan.jp/j/index.html