ホーム


遺伝研にはおどろくほどのたくさんのしかも多種多様な桜があります。毎年3月から4月にかけてこれらは次々に咲いて私たちの目を楽しませてくれます。これらの桜はもともとは、染井吉野が大島桜と江戸彼岸の交雑によりつくられたことを明らかにしたことで知られる元細胞遺伝部長の竹中要博士が研究用に収集していたもので、その種類は
260品種に及びました。また、構内にはさまざまな品種の椿もあり、それらの花の珍しさを見るものを驚かせてくれます。この会ではこれらの桜や椿を愛する人たちにより、品種の情報や樹木の状態の管理を進め、さらに将来に向けてこれらの貴重な品種を残し発展させていくことを目的としてボランティアとして活動しています。

本会は三島市社会福祉協議会のボランティア団体として登録し、研究所とその周辺の歴史ある桜の管理を進めています。