Home‎ > ‎

Japanese

山道 真人(やまみち まさと)


  • 博士(理学
  • 東京大学 総合文化研究科 広域システム科学系 講師
  • コーネル大学 生態学進化生物学部 客員助教




In Belgium, 2008

研究内容:

  • 群集・生態系における生態-進化相互作用動態
  • 種分化・適応・多型の集団遺伝学
  • 生態的相互作用に関する時系列解析

経歴:

  • 1984年6月 東京都生
  • 2003年3月 東京都立小石川高等学校卒業
  • 2003年4月 東京大学 教養学部 理科二類入学
  • 2005年3月 東京大学 教養学部 理科二類修了
  • 2005年4月 東京大学 農学部 フィールド科学専修進学
  • 2007年3月 東京大学 農学部 フィールド科学専修卒業
・卒業論文「Dispersal parameter inference in spatially explicit population models using Bayesian calibration」
・指導教員:樋口広芳宮下直藤田剛)(
生物多様性科学研究室

・学位論文「Eco-evolutionary dynamics in predator-prey systems
・副論文「日本の保全生態学における現在の傾向と今後の課題」
・主指導教員:佐々木顕
・副指導教員:印南秀樹長谷川眞理子


  • 2012年4月 日本学術振興会 海外特別研究員(〜2014年3月)

・派遣先機関:コーネル大学 生態学進化生物学部
・受入研究者:Nelson G. Hairston Jr.Stephen P. Ellner


・受入機関:京都大学 生態学研究センター
・受入研究者:山内淳


    • 受入学生:D1(1名、4月〜8月)、B4(2名)
    • 客員教員:Peter C. Zee 特任准教授(ミシシッピ大学、2018年4月6日〜5月5日)

印刷物:

英文(査読有)

  1. Yamamichi M et al. (in prep.)
  2. Yamamichi M et al. (submitted)
  3. Cortez MH, Yamamichi M (in revision)
  4. Schreiber SJ, Yamamichi M, Strauss SY (in revision) When rarity has costs: coexistence under positive frequency-dependence and environmental stochasticity. bioRxiv [PDF] DOI: 10.1101/161919
  5. Yamamichi M, Klauschies T, Miner BE, van Velzen E (accepted)
  6. Yamamichi M, Kazama T, Tokita K, Katano I, Doi H, Yoshida T, Hairston NG Jr, Urabe J (2018) A shady phytoplankton paradox: when phytoplankton increases under low light. Proceedings of the Royal Society B: Biological Sciences 285(1882): 20181067 [PDF] [Supplement] [Dryad] DOI: 10.1098/rspb.2018.1067 [PR1] [PR2] [日本経済新聞] [OPTRONICS ONLINE] [Science Portal] [産経新聞] [日本生態学会]
  7. Toju H, Peay KG, Yamamichi M, Narisawa K, Hiruma K, Naito K, Fukuda S, Ushio M, Nakaoka S, Onoda Y, Yoshida K, Schlaeppi K, Bai Y, Sugiura R, Ichihashi Y, Minamisawa K, Kiers ET (2018Core microbiomes for sustainable agroecosystems. Nature Plants 4(5): 247-257 [PDF] DOI: 10.1038/s41477-018-0139-4 [Free full-text view] [PR] [日経バイオテク] [大学ジャーナル] [bp-Affairs]
  8. Yamamichi M, Hoso M (2017Roles of maternal effects in maintaining genetic variation: Maternal storage effect. Evolution 71(2): 449-457 [PDF] [Supplement] DOI: 10.1111/evo13118
  9. Toju H, Yamamichi M, Guimarães PR Jr, Olesen JM, Mougi A, Yoshida T, Thompson JN (2017) Species-rich networks and eco-evolutionary synthesis at the metacommunity level. Nature Ecology & Evolution 1(2): 0024 [PDF] [Supplement] DOI: 10.1038/s41559-016-0024 [Free full-text view] [PR] [Science Portal] [要旨] [著者インタビュー] [大学ジャーナル]http://www.esj.ne.jp/er/coverpages/cover_2016/index.html
  10. Adachi T, Costa DP, Robinson PW, Peterson SH, Yamamichi M, Naito Y, Takahashi A (2017) Searching for prey in a three-dimensional environment: hierarchical movements enhance foraging success in northern elephant seals. Functional Ecology 31(2): 361-369 [PDF] [Supplement] DOI: 10.1111/1365-2435.12686 [FE Spotlight]
  11. Yamamichi M, Ellner SP (2016) Antagonistic coevolution between quantitative and Mendelian traits. Proceedings of the Royal Society B: Biological Sciences 283(1827): 20152926 [PDF] [Supplement] [Dryad] DOI: 10.1098/rspb.2015.2926
  12. Yen JDL, Cabral RB, Cantor M, Hatton I, Kortsch S, Patrício J, Yamamichi M (2016) Linking structure and function in food webs: maximization of different ecological functions generates distinct food-web structures. Journal of Animal Ecology 85(2): 537-547 [PDF] [Supplement] DOI: 10.1111/1365-2656.12484
  13. Sato NJ, Tanaka KD, Okahisa Y, Yamamichi M, Kuehn R, Gula R, Ueda K, Theuerkauf J (2015) Nestling polymorphism in a cuckoo-host system. Current Biology 25(24): R1164-R1165 [PDF] [Supplement] DOI: 10.1016/j.cub.2015.11.028
  14. Yamamichi M, Miner BE (2015) Indirect evolutionary rescue: prey adapts, predator avoids extinction. Evolutionary Applications 8(8): 787-795 [PDF] [Supplement] [機関リポジトリ] DOI: 10.1111/eva.12295
  15. Yamamichi M, Meunier CL, Peace A, Prater C, Rúa MA (2015) Rapid evolution of a consumer stoichiometric trait destabilizes consumerproducer dynamics. Oikos 124(7): 960-969 [PDF] [Supplement] DOI: 10.1111/oik.02388 [Oikos blog] (Woodstoich III Article)
  16. Kasada M, Yamamichi M, Yoshida T (2014) Form of an evolutionary tradeoff affects eco-evolutionary dynamics in a predator–prey system. Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 111(45): 16035-16040 [PDF] [Supplement] [機関リポジトリ] DOI: 10.1073/pnas.1406357111 [PR1] [PR2] [日経バイオテク] [環境展望台] [財経新聞] (Cover Article)
    http://www.pnas.org/content/111/45.cover-expansion
  17. Tezuka A, Kasagi S, van Oosterhout C, McMullan M, Iwasaki WM, Kasai D, Yamamichi M, Innan H, Kawamura S, Kawata M (2014) Divergent selection for opsin gene variation in guppy (Poecilia reticulata) populations of Trinidad and Tobago. Heredity 113(5): 381-389 [PDF] [Supplement] DOI: 10.1038/hdy.2014.35 [研究紹介] [PR] [東北大学新聞] [OPTRONICS ONLINE]
  18. Yamamichi M, Yoshida T, Sasaki A (2014) Timing and propagule size of invasion determine its success by a time-varying threshold of demographic regime shift. Ecology 95(8): 2303-2315 [PDF] [Supplement] [機関リポジトリ] DOI: 10.1890/13-1527.1
  19. Yamamichi M, Sasaki A (2013) Single-gene speciation with pleiotropy: Effects of allele dominance, population size, and delayed inheritance. Evolution 67(7): 2011-2023 [PDF] [Supplement] DOI: 10.1111/evo.12068
  20. Yamamichi M, Innan H (2012) Estimating the migration rate from genetic variation data. Heredity 108(4): 362-363 [PDF] DOI: 10.1038/hdy.2011.83
  21. Yamamichi M, Gojobori J, Innan H (2012) An autosomal analysis gives no genetic evidence for complex speciation of humans and chimpanzees. Molecular Biology and Evolution 29(1): 145-156 [PDF] [Supplement] DOI: 10.1093/molbev/msr172
  22. Yamamichi M, Yoshida T, Sasaki A (2011) Comparing the effects of rapid evolution and phenotypic plasticity on predator-prey dynamics. The American Naturalist 178(3): 287-304 [PDF] [Supplement] DOI: 10.1086/661241
  23. Matthews B, Narwani A, Hausch S, Nonaka E, Peter H, Yamamichi M, Sullam KE, Bird KC, Thomas MK, Hanley TC, Turner CB (2011) Toward an integration of evolutionary biology and ecosystem science. Ecology Letters 14(7): 690-701 [PDF] DOI: 10.1111/j.1461-0248.2011.01627.x

著書(分担執筆)

  1. 山道真人 (accepted) 生態化学量論から読み解く進化と生態のフィードバック. 遺伝子・多様性・循環の科学(門脇浩明・立木佑弥編), 京都大学学術出版会招待執筆・査読有)
  2. 山道真人 (2013) 「食うものー食われるものの関係」「補食」「捕食行動」「捕食者」. 行動生物学辞典(上田恵介ほか編), 東京化学同人 ISBN: 978-4-8079-0837-0招待執筆)
  3. 山道真人 (2013) 系統地理学における統計的推定の手法と今後の展望. 種生物学研究第36号 系統地理学:DNAで解き明かす生きものの自然史(池田啓・小泉逸郎編): 261-293, 文一総合出版 ISBN: 978-4-8299-6203-9招待執筆・査読有)

和文(査読有)

  1. 山道真人・長谷川眞理子 (2012) 『保全生態学研究』の掲載論文に見られる研究対象の偏り. 保全生態学研究 17(2): 199-210 [PDF]
  2. 山道真人・角谷拓 (2009) マルコフ連鎖モンテカルロ(MCMC)法を用いたシミュレーションモデルのパラメータ推定:ベイジアンキャリブレーション入門. 日本生態学会誌 59(2): 207-216 [PDF] 特集「始めよう!ベイズ推定によるデータ解析」編集前記事PDFRスクリプト

英文(査読無)

  1. Yamamichi M (2015) Further evidence of why genetic diversity is important in ecology and evolution: Effects of a tradeoff form. The Hakubi Center Newsletter 10: 16 [PDF]
  2. Yamamichi M (2015) When predators promote speciation: Theory of speciation processes promoted by biased predation. Kyoto University Research Activities 5(1): 30-31 [URL] [PDF]

和文(査読無)

  1. 山道真人 (2018) ポスト白眉の日常. 京都大学白眉センターだより 16: 12
  2. 山道真人 (2018) <時に沿って>12年ぶりの駒場キャンパス. 教養学部報 601: 4 [HTML]
  3. 山道真人 (2018) カタツムリから考える種分化・多型の維持・共進化. 日本数理生物学会ニュースレター 85: 2-6
  4. 山道真人 (2017) 変動環境のもとで多様性を維持するストレージ効果. 日本数理生物学会ニュースレター 81: 18-19 [PDF]
  5. 鹿山大輔・板木好弘・山道真人 (2015) なぜ少数のメジャー漫画と多数のマイナー漫画があるのか? : 人気投票モデルをもちいた漫画の連載期間の分布予測. 数理解析研究所講究 1966: 34-40 [PDF]優秀賞受賞)
  6. 山道真人 (2015) 数学と生命現象の連関性の探求 〜新しいモデリングの数理〜 参加報告記. 日本数理生物学会ニュースレター 77: 3 [PDF]
  7. 笠田実・山道真人・吉田丈人 (2015) 遺伝的多様性の新しい意義:生態と進化のフィードバックへの影響. 生物の科学 遺伝 69(3): 154-158
  8. 山道真人 (2014) 生態と進化をめぐる冒険. 京都大学生態学研究センターニュース 125: 6 [PDF]
  9. 山道真人 (2014) エボ・グループセミナー in コーネル大学. 日本進化学会ニュース 15(2): 8-9 [PDF]
  10. 山道真人 (2013) イサカ滞在記. 日本数理生物学会ニュースレター 71: 8-11 [PDF]
  11. 山道真人 (2013) サマースクールから海外ポスドクへ. 日本生態学会関東地区会会報 61: 22-26 [PDF]
  12. 山道真人・印南秀樹 (2012) 始めよう!エコゲノミクス (7) 今後のエコゲノミクス研究の展望. 日本生態学会誌 62(1): 95-109 [PDF]
  13. 山道真人 (2011) 迅速な進化と表現型可塑性が個体群動態に及ぼす影響. 数理解析研究所講究 1751: 140-147 [PDF]
  14. 山道真人・印南秀樹 (2011) 始めよう!エコゲノミクス (6) 自然選択の検出(その2). 日本生態学会誌 61(2): 237-249 [PDF]
  15. 山道真人・印南秀樹 (2010b) 始めよう!エコゲノミクス (5) 自然選択の検出(その1). 日本生態学会誌 60(2): 293-302 [PDF]
  16. 山道真人・印南秀樹 (2010a) 始めよう!エコゲノミクス (4) 集団内変異データが語る過去:解析手法と理論的背景(その2). 日本生態学会誌 60(1): 137-148 [PDF]
  17. 津田吉晃・三村真紀子・内山憲太郎・三嶋賢太郎・井上みずき・鈴木節子・木村恵・山道真人・池田啓・中村琢磨・中尾勝洋・玉木一郎・高山浩司・伊原徳子 (2010) 第2回森林遺伝学関連勉強会の報告. 林木の育種 234: 45-47
  18. 山道真人・印南秀樹 (2009b) 始めよう!エコゲノミクス (3) 集団内変異データが語る過去:解析手法と理論的背景(その1). 日本生態学会誌 59(3): 339-349 [PDF]
  19. 山道真人・印南秀樹 (2009a) 始めよう!エコゲノミクス (2) ゲノムワイド関連マッピング. 日本生態学会誌 59(1): 105-113 [PDF]
  20. 山道真人・印南秀樹 (2008) 始めよう!エコゲノミクス (1) 局所適応と形質の分化. 日本生態学会誌 58(3): 241-247 [PDF]
  21. 山道真人 (2008) 階層ベイズとその反応拡散モデルへの応用. 日本数理生物学会ニュースレター 56: 10-15 [PDF]
  22. 山道真人 (2007) 市民参加型の長期的な調査から階層ベイズを用いてわかること. バードリサーチニュース 4(12): 2 [PDF]

その他

  1. ニューズレター編集部(加賀谷勝史・山道真人・越川滋行・原村隆司) (2016) シリーズ白眉対談11「生物学の様々な視点」. 京都大学白眉センターだより 12: 3-8 [HTML] [PDF]
  2. Fukami T (2013) Integrating inquiry-based teaching with faculty research. Science 339(6127): 1536-1537 DOI: 10.1126/science.1229850(写真提供)
  3. 共同研究で南極の謎を追求する:総合研究大学院大学 学融合センター. 研究キャリア応援マガジンincu-be 14号(2011年6月)
  4. 入來篤史 [講演者] (山道真人 [書記]) (2010) 知的脳機能を司るヒト特有の【非理論的認知バイアス】の進化生物学的基盤(神経システムと代数幾何)(離散力学系の分子細胞生物学への応用数理). 数理解析研究所講究録 1698: 163-171 [PDF]
  5. 理想の研究支援で可能性を無限大に:総合研究大学院大学 先導科学研究科. 研究キャリア応援マガジンincu-be 8号(2010年1月)
Google Scholar Citations; Researchmap; ResearchGate; ORCID


研究発表:

国際学会口頭発表

  1. Yamamichi M, Ellner SP, Hairston Jr. NG. "Double-edged effect of dormancy on rapid evolution: Contemporary evolution meets storage effect". 103rd ESA Annual Meeting. 米国 ルイジアナ州 ニューオーリンズ. 2018.8.5-10. (COS 28-8, 20180807) [abstract]
  2. Yamamichi M. "Toward an integration of population genetics and eco-evolutionary dynamics". DynaTrait Meeting 2017. ドイツ ハノーファー. 2017.10.9-13. (20171009)
  3. Yamamichi M, Hairston Jr. NG, Ellner SP. "Rapid evolution affects how populations respond to environmental fluctuations". 102nd ESA Annual Meeting. 米国 オレゴン州 ポートランド. 2017.8.6-11. (COS 166-6, 20170810) [abstract]
  4. Hairston NG, Schaffner LR, Miner BE, Bonner E, Spaak P, Yamamichi M, Ellner SP. "Daphnia eco-evolutionary process meets the clear water phase: seasonal plankton dynamics when the consumer evolves". ASLO 2017 Aquatic Sciences Meeting. 米国ハワイ州ホノルル. 2017.2.26-3.3. (20170302) [abstract]
  5. Yamamichi M, Kazama T, Tokita K, Katano I, Doi H, Yoshida T, Hairston Jr. NG, Urabe J. "A shady phytoplankton paradox: Why phytoplankton increases under low light". 101st ESA Annual Meeting. 米国 フロリダ州 フォートローダーデール. 2016.8.7-12. (COS 29-3, 20160809) [abstract]
  6. Yamamichi M, Ellner SP. "Antagonistic coevolution between quantitative and Mendelian traits". American Society of Naturalists Conference 2016. 米国 カリフォルニア州 アシロマ. 2016.1.10-14. (M28, 20160111)
  7. Yamamichi M. "Modeling adaptation processes in eco-evolutionary feedbacks". Experimental Evolution and Community Dynamics (EECD) Minisymposium 2015. フィンランド ハンコ. 2015.10.13-15. (20151014)
  8. Yamamichi M, Hoso M. "Effects of genetic architectures on polymorphism dynamics under negative frequency-dependent selection". Mathematical Models in Ecology and Evolution (MMEE) 2015. フランス パリ. 2015.7.8-10. (20150710) [abstract]
  9. Yamamichi M. "Feedbacks between ecology and evolution in predator-prey systems". 4th Taiwan-Japan Ecology Workshop. 台湾 花蓮. 2014.11.15-17. (20141117)
  10. Adachi T, Costa D, Robinson P, Yamamichi M, Naito Y, Takahashi A. "Searching prey in 3D environment: hierarchical foraging behaviour of northern elephant seals". The 5th International Bio-logging Science Symposium. フランス ストラスブール. 2014.9.22-27. (OB-02, 20140923)
  11. Yamamichi M, Ellner SP. "Coevolution mediated by continuous predator and discrete prey traits". JSMB/SMB 2014 Meeting. 大阪国際会議場. 2014.7.28-8.1. (CS13, 20140729)
  12. Yamamichi M, Yoshida T, Sasaki A. "Introduction timing of genetic diversity in eco-evolutionary dynamics". 98th ESA Annual Meeting. 米国 ミネソタ州 ミネアポリス. 2013.8.4-9. (COS 128-2, 20130809) [abstract]
  13. Yamamichi M. "Rapid evolution of phenotypic plasticity in a predator-prey system". MS21: Modeling the interactions between ecological and evolutionary processes: fast, slow, and everything in between (organized by Michael Cortez), SMB 2013. 米国 アリゾナ州 テンピ. 2013.6.10-13. (20130610)(招待講演)
  14. Yamamichi M, Sasaki A. "Single-gene speciation with functional pleiotropy: effects of allele dominance, population size, and maternal effect". Evolution Ottawa: 1st Joint Congress on Evolutionary Biology. カナダ オンタリオ州 オタワ. 2012.7.6-10. (20120710)
  15. Yamamichi M, Yoshida T, Sasaki A. "Invasion timing determines settlement success in an endogenously oscillating system". 96th ESA Annual Meeting. 米国 テキサス州 オースティン. 2011.8.7-12. (COS 71-7, 20110810) [abstract]
  16. Yamamichi M, Sasaki A. "Single-gene speciation revisited: Allele dominance and pleiotropy". SMBE 2011. 京都大学. 2011.7.26-30. (20110728)
  17. Yamamichi M, Yoshida T, Sasaki A. "The effects of rapid evolution and phenotypic plasticity on aquatic predator-prey dynamics". 95th ESA Annual Meeting. 米国 ペンシルバニア州 ピッツバーグ. 2010.8.1-6. (COS 116-4, 20100806) [abstract]
  18. Yamamichi M, Innan H. "No genetic evidence for complex speciation of humans and chimpanzees". Annual Meeting of the Society for Molecular Biology and Evolution: SMBE 2008. スペイン バルセロナ. 2008.6.5-8. (O-136, 20080608)
  19. Fujita G, Yoshio M, Miyashita T, Yamamichi M, Tatsuta H. "When landscape genetics meets population ecology: an integrative study of population expansion patterns of sika deer on the Boso peninsula". The 23rd Symposium of the Society of Population Ecology: Spatial structure and dynamics of ecological system. 札幌市 定山渓ビューホテル. 2007.10.19-21.(20071020)

国際学会ポスター発表

  1. Yamamichi M, Sasaki A. "Ecological speciation via pleiotropy: fixation probability of the speciation gene". Joint Meeting of the 59th Annual Meeting of ESJ and the 5th EAFES International Congress. 龍谷大学. 2012.3.17-21. (P2-160J, 20120319) [abstract](ポスター優秀賞受賞)
  2. Yamamichi M, Sasaki A. "Ecological speciation of snails by right-handed snakes: Red queen or evolutionary stasis?". Evolution 2010. 米国 オレゴン州 ポートランド. 2010.6.25-29. (P1139, 20100627)
  3. Yamamichi M, Yoshida T, Sasaki A. "The ecological and evolutionary stability of the plastic prey". International Forum for Ecosystem Management Applying to Ecosystem Adaptability Science I. Robustness and Stability of Organisms and Ecosystems. 仙台国際センター. 2010.2.21-24. (P4, 20100221)

シンポジウム企画

  1. 土畑重人・山道真人 シンポジウム「種内関係の適応進化がもたらす多種共存の促進と阻害」 日本進化学会第20回大会 東京大学 2018.8.22-25(S6, 20180822)
  2. 山道真人・笠田実 シンポジウム「進化生態学を『上の階層』から捉えなおす」 日本進化学会第17回大会 中央大学 2015.8.20-23(S-07, 20150822)
  3. 門脇浩明・山道真人 シンポジウム「進化群集生態学」(日本生態学会近畿地区会公募集会2014-S1) 京都大学 2014.9.2
  4. 笠田実・山道真人 企画集会「Eco-evolutionary feedback 研究の今後を考える」 日本生態学会第60回大会 グランシップ静岡 2013.3.5-9(T07, 20130306)
  5. 手塚あゆみ・山道真人 企画集会「生態学者のためのゲノミクスアプローチ〜理論、手法から実証まで〜」 日本生態学会第58回大会 札幌コンベンションセンター 2011.3.8-12(T11, 20110310)
  6. 山道真人・佐々木顕 企画シンポジウム「左右性進化研究の理論と実証」 第19回日本数理生物学会年会 東京大学 2009.9.9-11(SE4, 20090910)
  7. 津田みどり・川平清香・山道真人・佐々木顕 公募シンポジウム「軍拡競走:コンフリクトと逃げる・追いかける進化」 第24回個体群生態学会年次大会 東京大学 2008.10.18-19(S6, 20081018)

招待講演

  1. 山道真人 「適応進化と個体群動態のフィードバック理論に関する新展開」 研究集会「異なるマクロ生物学分野のインタープレイ」(企画:宮竹貴久) 鳴門教育大学 2018.10.27-28
  2. 山道真人 「個体群動態と形質進化のフィードバック」 第15回生物数学の理論とその応用「生態・進化理論で挑む生物システムと多様性パターンの理解」(企画:山口諒) 京都大学数理解析研究所 2018.9.10-14(20180911)
  3. Yamamichi M. "Speciation genomics: 159 years since Darwin". 第14回日独先端科学(JGFoS)シンポジウム「Speciation genomics: How new species are formed」(企画:長田直樹・Tim Nicolai Siegel) 京都ブライトンホテル 2018.9.6-9(20180909)
  4. 山道真人 「表現型可塑性の数理モデリング:適応と個体群動態の理解に向けて」 シンポジウム「環境応答進化」(企画:田中幹子・北野潤・三浦徹) 日本進化学会20回大会 東京大学 2018.8.22-25(S15-5, 20180824)
  5. Yamamichi M. "Modeling evolution of left-right asymmetry of snakes and snails" / "Eco-evolutionary dynamics: Theory and experiments". Ecology & Evolution Summer School (organized by Weini Huang) 中山大学, 中国 広東省 広州 2018.7.21-27(20180723, 25)
  6. 山道真人 「数理モデルから考えるカタツムリの進化」 第5回千葉生態進化セミナー(企画:土松隆志) 千葉大学 2018.6.4
  7. 山道真人 「生態学と遺伝学の融合に向けた生態と進化のフィードバック研究」 遺伝研研究会「マクロ生態学と遺伝学の融合」(企画:田中幹子・北野潤・三浦徹) 国立遺伝学研究所 2018.4.14-15(20180414)
  8. 山道真人 「絶滅か、進化か:進化的救助と遺伝的救助」 シンポジウム「進化を考慮した応用生態学の展開:理論と実践」(企画:門脇浩明・内海俊介) 日本生態学会第65回大会 札幌コンベンションセンター 2018.3.14-18(S01-3, 20180315)[要旨]
  9. 山道真人 「生態-進化フィードバックを理解するための理論的アプローチ」 駒場数理生物学セミナー(企画:稲葉寿) 東京大学数理科学研究科 2017.12.21 [要旨]
  10. Yamamichi M. "Toward an integration of population genetics and eco-evolutionary dynamics". Hosted by Joachim Hermisson. University of Vienna, オーストリア ウィーン 2017.10.17
  11. Yamamichi M. "Rapid evolution affects how populations respond to environmental fluctuations". Hosted by Ulf Dieckmann. IIASA, オーストリア ラクセンブルク 2017.10.16
  12. 山道真人 「プランクトンとカタツムリから見た生態と進化のフィードバック」 第135回白眉セミナー 京都大学白眉センター 2017.9.19 [要旨]
  13. 山道真人 「生態‐進化フィードバック研究の最近の展開」 第72回森林生物学スペシャルセミナー(企画:小村健人) 京都大学 2017.6.23
  14. 山道真人 「カタツムリから考える種分化・多型の維持・共進化」 ‎農学生命科学部第5回研究推進セミナー(企画:山尾僚) 弘前大学 2017.5.1
  15. 山道真人 「進化が絶滅に与える影響」 2016年度白眉年次報告会「人はなぜ進化に惹かれるのか?」 京都大学芝蘭会館 2017.4.18
  16. 山道真人 「カタツムリから考える種分化・多型の維持・共進化」 神戸大学生態学系研究室合同セミナー‎(企画:佐藤拓哉・高橋華江) 神戸大学 2017.4.14
  17. Yamamichi M. "How do adaptation processes affect eco-evolutionary feedbacks?". Hosted by Owen Petchey. University of Zurich, スイス チューリッヒ 2017.3.13
  18. Yamamichi M. "How does rapid evolution alter the theory of population ecology?". 個体群生態学会奨励賞受賞講演 第32回個体群生態学会大会 札幌・定山渓温泉 2016.11.3-5(20161104)[要旨]
  19. 山道真人 「群集の理解における進化の役割」 シンポジウム「群集生態学の最新アプローチであぶりだす微生物間ネットワークの真実」(企画:中川聡・加藤広海) 日本微生物生態学会第31回大会 横須賀市文化会館 2016.10.22-25(S3-3, 20161024)[要旨]
  20. 山道真人 「CCMと移動エントロピーの比較」 企画集会「生態学における因果推論:convergent cross mapping とその周辺」(企画:中山新一朗・阿部真人) 日本生態学会第63回大会 仙台国際センター 2016.3.20-24(T23-4, 20160324)[要旨]
  21. 山道真人 「1961年の遺伝的フィードバックと、その後の54年間と、これから」 公募研究集会「進化と生態の階層間相互作用ダイナミクス:生態学のリストラ2」(企画:辻和希大串隆之) 京都大学生態学研究センター 2015.12.19-20(20151220)
  22. Yamamichi M. "Effects of adaptation processes on eco-evolutionary feedbacks". Hosted by Peter A. Abrams. University of Toronto, カナダ オンタリオ州 トロント 2015.10.30
  23. 近藤倫生・川津一隆・潮雅之・山道真人 「進化生態学を群集生態学につなげる:無駄の進化と多種共存機構」 「進化群集生態学シンポジウム2015」(企画:門脇浩明・金尾太輔) 京都大学 2015.9.25
  24. Yamamichi M. "My postdoc life in Ithaca, or how to survive the long winter". W-09: International activities and collaborations on the evolutionary researches (organized by Katsuhiko Mineta & Hitoshi Araki). 日本進化学会第17回大会 中央大学 2015.8.20-23(20150821)
  25. Yamamichi M. "Modeling eco-evolutionary dynamics in predator-prey systems". Hosted by Lutz Becks. Max Planck Institute for Evolutionary Biology, ドイツ プレーン 2015.7.20
  26. Yamamichi M. "Adaptation, speciation, and extinction in land snails". Hosted by Menno Schilthuizen. Naturalis Biodiversity Center, オランダ ライデン 2015.7.15
  27. 山道真人 「適応のメカニズムが生態—進化フィードバックに与える影響」 第3回日本生態学会奨励賞(鈴木賞)受賞記念講演 日本生態学会第62回大会 鹿児島市民文化ホール 2015.3.20 [要旨]
  28. 近藤倫生・山道真人 「生物進化が多種共存に及ぼす影響:理論的枠組みの提案」 公募研究集会「進化と生態の階層間相互作用ダイナミクス:生態学のリストラ」(企画:大串隆之・辻和希) 京都大学生態学研究センター 2014.12.13-14(20141214)
  29. 山道真人 「生態—進化フィードバックにおける適応プロセスの重要性」 第24回龍谷エコロジーセミナー(企画:近藤倫生) 龍谷大学 2014.10.29
  30. Yamamichi M. "Timing and propagule size of invasion determine its success by a time-varying threshold of demographic regime shift". Plenary Symposium B: Scaling from Life History Traits to the Population Dynamics (organized by William A. Nelson & Takehiko Yamanaka). 第30回個体群生態学会大会 筑波大学 2014.10.10-12(SpB-4, 20141012)
  31. Yamamichi M. "Eco-evolutionary dynamics in predator-prey systems". Sweden-Kyoto Symposium: Session 10 Ecology and Evolution- Indirect Interactive Web: Linking Evolution with Ecosystem (organized by Peter A. Hambäck & Takayuki Ohgushi). Stockholm University, スウェーデン ストックホルム 2014.9.12
  32. Yamamichi M. "Adaptation and speciation in land snails". Summer Workshop on Theoretical Biology at Hayama (organized by Akira Sasaki). 総合研究大学院大学 2014.8.4
  33. 山道真人 「理論から探る生態と進化のフィードバック」 動物生態学研究室ゲストセミナー(企画:細将貴) 京都大学 2014.7.15
  34. 山道真人 「速い進化と個体数変動」 第80回白眉セミナー 京都大学白眉センター 2014.6.17 [要旨]
  35. 山道真人 「速い進化と生きものの数の相互作用」 (企画:西川伸一) JT生命誌研究館 2014.5.21
  36. 山道真人 「悪魔は細部に宿る:適応プロセスの細部が生態—進化フィードバックに与える影響」 第97回生態適応セミナー(企画:高橋佑磨・河田雅圭) 東北大学 2014.5.2
  37. 山道真人 「カタツムリの左右性進化から一遺伝子種分化の謎に迫る」 自由集会「貝類を通して生命現象に迫る 2: 生物間相互作用」(企画:野下浩司・清水啓介) 日本生態学会第61回大会 広島国際会議場 2014.3.14-18(W16, 20140314)[要旨]
  38. Yamamichi M. "The effects of evolution and plasticity on predator-prey dynamics in ecological time". Evo-Day 2013: Novel traits and rapid evolution (organized by Ezra Lencer). Cornell University, 米国 ニューヨーク州 イサカ 2013.5.6
  39. 山道真人 「ゲノムから探る局所適応と種分化」 自由集会「"種"に至る局所適応」(企画:松林圭・藤山直之) 日本生態学会第60回大会 グランシップ静岡 2013.3.5-9(W21, 20130306)
  40. Yamamichi M, Yoshida T, Sasaki A. "Comparing the effects of rapid evolution and phenotypic plasticity on predator-prey dynamics". 37th Annual Ecology and Evolutionary Biology Graduate Student Symposium (organized by Fríða Jóhannesdóttir). Cornell University, 米国 ニューヨーク州 イサカ 2012.12.3-4 (20121204)
  41. Yamamichi M. "Single-gene speciation with pleiotropy: Red queen through the looking-glass?" Evo-group seminar (organized by Erica Larson). Cornell University, 米国 ニューヨーク州 イサカ 2012.9.6
  42. Yamamichi M, Sasaki A. "The fixation probability of a mutant allele that causes reproductive isolation and divergent adaptation". Organized by Kenta Tanaka, Terry Burke, Roger Butlin, & Jon Slate. The University of Sheffield, 英国 シェフィールド 2012.3.8
  43. 山道真人 「Single-gene speciation revisited: Allele dominance and natural selection for the speciation gene」 第4回名無し進化セミナー(企画:土畑重人) 琉球大学 2011.5.27
  44. 山道真人 「表現型可塑性の迅速な進化」 第20回つくば進化生態学セミナー(企画:高橋佑磨) 筑波大学 2011.4.23
  45. 山道真人 「捕食者が駆動する藻類群集の可塑性と進化」 企画集会「藻類の群集構造と進化動態〜理論と実証〜」(企画:水野晃子・吉山浩平・田邊貴子) 日本生態学会第58回大会 札幌コンベンションセンター 2011.3.8-12(T07-4, 20110308)[要旨]
  46. Yamamichi M, Gojobori J, Innan H. "Coalescent-based maximum likelihood inference of human-chimpanzee speciation process". Organized by Kenta Tanaka, Terry Burke, Roger Butlin, & Jon Slate. The University of Sheffield, 英国 シェフィールド 2011.2.8
  47. 山道真人 「ケモスタット実験と数理モデル」 企画セッション「生物の実データに基づく数理・統計モデル解析」(企画:合原一究・永野惇) RIMS研究集会 第7回 生物数学の理論とその応用 京都大学数理解析研究所 2010.11.16-19 (20101117)
  48. 山道真人 「Coalescentシミュレーションベースのパラメータ推定」 ゲノムと生態系をつなぐ進化研究−環境変動・集団履歴・適応(企画:田中健太) 筑波大学菅平高原実験センター 2009.12.7-9 (20091208)
  49. 山道真人・吉田丈人・佐々木顕 「捕食者ー被食者系において表現型可塑性と迅速な進化が個体群動態に与える影響」 京都大学生態学研究センター共同利用事業研究会:表現型可塑性の生物学(企画:岸田治・三浦徹) 北海道大学環境科学院 2009.11.14-15 (20091115)
  50. 山道真人 「局所適応と形質の分化 ーFSTQSTの比較ー」 森林遺伝学関連勉強会2009(企画:津田吉晃・三村真紀子) 東京大学検見川セミナーハウス 2009.9.24-25 (20090924)
  51. Yamamichi M, Innan H. "Human-chimpanzee genomic data provides insight into the process of speciation". Hosted by Kentaro Shimizu. Institute of Plant Biology, University of Zurich, スイス チューリッヒ 2009.7.20
  52. 山道真人 「分布拡大するシカ個体群における移動分散パラメータのベイズ推定/ヘビとカタツムリの左右性の共進化」 第7回横浜国大 生態学分野 若手研究者のつどい(企画:深澤圭太) 横浜国立大学 2008.12.15
  53. 山道真人・藤田剛・鈴木牧・浅田正彦・落合啓二・宮下直 「分布拡大するシカ個体群における分散速度のベイズ推定」 企画集会「始めよう!ベイズ推定によるデータ解析」(企画:深澤圭太・角谷拓) 日本生態学会第55回大会 福岡国際会議場 2008.3.14-17(T09-4, 20080315)[要旨]
  54. 山道真人 「房総半島のシカ個体群における分散パラメータのベイズ推定」 第4回群集ゼミ(企画:亘悠哉) 千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場 2007.9.29-30(20070930)

学会口頭発表

  1. 近藤倫生・山道真人・川津一隆・土畑重人・辻和希・京極大助 「ムダの進化とは何か:群集生態学と行動生態学をつなぐ」 シンポジウム「種内関係の適応がもたらす多種共存の促進と阻害」(企画:土畑重人・山道真人) 日本進化学会第20回大会 東京大学 2018.8.22-25(S6-1, 20180822)
  2. 占部城太郎・平間文也・風間健宏・野口拓水・吉田丈人・山道真人・片野泉・土居秀幸・Jim J. Elser 「二次生産に及ぼす生食ー腐食連鎖の相対的役割:湖沼隔離水界を用いた実験的解析」 日本生態学会第65回大会 札幌コンベンションセンター 2018.3.14-18(I02-09, 20180316)[要旨]
  3. 風間健宏・平間文也・野口拓水・Tyler Tappenbeck・片野泉・土居秀幸・山道真人・吉田丈人・James Elser・占部城太郎 「光・外来性有機物の供給バランスと繊毛虫個体群の成長速度」 日本生態学会第65回大会 札幌コンベンションセンター 2018.3.14-18(D01-03, 20180315)[要旨]
  4. 風間健宏・平間文也・Tyler Tappenbeck・土居秀幸・片野泉・吉田丈人・山道真人・James Elser・占部城太郎 「光:栄養塩バランスと生態転送効率プランクトンを用いた野外操作実験」 日本陸水学会第82回大会 田沢湖高原温泉郷 2017.9.28-10.1(2B14, 20170929)
  5. Yamamichi M, Lyberger K, Patel S. "Relationships between models of antagonistic coevolution: Genetic architecture and interaction types". 日本進化学会第19回大会 京都大学 2017.8.24-26(O-2A-1, 20170824)
  6. Kazama T, Tokita K, Yamamichi M, Yin X, Katano I, Doi H, Yoshida T, Hairston N, Urabe J. "Light and nutrient balance, and mass transfer efficiency: a field manipulation experiment with plankton". 日本生態学会第64回大会 早稲田大学 2017.3.14-18(L02-12, 20170316)[要旨](英語口頭発表優秀賞受賞
  7. Yamamichi M, Hoso M. "Roles of maternal effects in maintaining genetic variation: Maternal storage effect". 日本生態学会第64回大会 早稲田大学 2017.3.14-18(K02-18, 20170316)[要旨](英語口頭発表最優秀賞受賞)
  8. Tokita K, Kazama T, Yamamichi M, Yin X, Katano I, Doi H, Yoshida T, Hairston N, Urabe J. "Why the turbidity of the macrophytes-dominated pond is low? Verification of allelopathic effects of Chara and Elodea on phytoplankton". 日本生態学会第64回大会 早稲田大学 2017.3.14-18(L01-12, 20170315)[要旨]
  9. Kazama T, Tokita K, Yamamichi M, Katano I, Doi H, Yoshida T, Hairston NG, Urabe J. "Effects of "light:nutrient balance" and herbivorous zooplankton community: an experimental study". 日本生態学会第63回大会 仙台国際センター 2016.3.20-24(E3-48, 20160324)[要旨]
  10. Yamamichi M, Hoso M. "Effects of genetic architectures on polymorphism dynamics under negative frequency-dependent selection". 2015年日本数理生物学会/日中韓数理生物学コロキウム合同大会 同志社大学 2015.8.26-29(O4-5, 20150827)
  11. Yamamichi M, Meunier CL, Peace A, Prater C, Rua MA. "Rapid evolution of a consumer stoichiometric trait destabilizes consumer-producer dynamics". 日本生態学会第62回大会 鹿児島大学 2015.3.18-22(I1-15, 20150319)[要旨](英語口頭発表優秀賞受賞)
  12. 田中啓太・佐藤望・岡久雄二・中原亨・山道真人Ralph Kühn・Roman Gula・上田恵介・Jörn Theuerkauf 「白黒つけよう!—宿主の多型はテリカッコウの擬態への防衛策?—」 日本鳥学会2014年度大会 立教大学 2014.8.22-25(OB-7, 20140825)
  13. Yamamichi M. "Antagonistic coevolution between quantitative and Mendelian traits". 日本生態学会第61回大会 広島国際会議場 2014.3.14-18(F0-03, 20140315)[要旨]
  14. 田中啓太・三上かつら・佐藤望・上田恵介・山道真人 「エピジェネティックな擬態? テリカッコウ類による宿主雛擬態と宿主利用」 日本進化学会第15回つくば大会 筑波大学 2013.8.28-31(3B-01, 20130830)
  15. 山道真人 「カタツムリに追いつけないヘビ:異なる遺伝的基盤がもたらす共進化動態」 日本進化学会第15回つくば大会 筑波大学 2013.8.28-31(2A-06, 20130829)
  16. 山道真人 「理論的アプローチから生態-進化フィードバックを解き明かす」 企画集会「Eco-evolutionary feedback 研究の今後を考える」(企画:笠田実・山道真人) 日本生態学会第60回大会 グランシップ静岡 2013.3.5-9(T07-4, 20130306)[要旨]
  17. 山道真人 「集団遺伝学と生態学」 企画集会「生態学者のためのゲノミクスアプローチ〜理論、手法から実証まで〜」(企画:手塚あゆみ・山道真人) 日本生態学会第58回大会 札幌コンベンションセンター 2011.3.8-12(T11-1, 20110310)[要旨]
  18. 山道真人・佐々木顕 「カタツムリの同型交配とヘビの左右非対称な捕食がもたらす共進化動態」 企画シンポジウム「左右性進化研究の理論と実証」(企画:山道真人・佐々木顕) 第19回日本数理生物学会年会 東京大学 2009.9.9-11(S10-5, 20090910)
  19. 山道真人・吉田丈人・佐々木顕 「被食者の表現型変化が個体群動態に及ぼす影響」 日本生態学会第56回大会 岩手県立大学 2009.3.17-21(M1-10, 20090318)[要旨]
  20. 山道真人・佐々木顕 「みんなで渡れば怖くない?ー右巻きから左巻きへの交差点ー」 公募シンポジウム「軍拡競走:コンフリクトと逃げる・追いかける進化」(企画:津田みどり・川平清香・山道真人・佐々木顕) 第24回個体群生態学会年次大会 東京大学 2008.10.18-19(S6-03, 20081018)
  21. 山道真人・印南秀樹 「ヒトとチンパンジーの種分化プロセスについて」 日本遺伝学会第80回大会 名古屋大学 2008.9.3-5(3E-07, 20080905)
  22. 山道真人・吉田丈人・佐々木顕 「表現型可塑性と急速な進化が個体群動態に与える影響」 日本進化学会第10回東京大会 東京大学 2008.8.22-24(OP4-12, 20080822)[要旨]

学会ポスター発表

  1. 野口拓水・風間健宏平間文也Tyler Tappenbeck・土居秀幸・片野泉・吉田丈人・山道真人James Elser・占部城太郎 「ミジンコの成長に及ぼす自生性と外来性有機物の影響評価」 日本陸水学会第82回大会 田沢湖高原温泉郷 2017.9.28-10.1(2P18, 20170929)
  2. 平間文也風間健宏・野口拓水・山道真人片野泉・土居秀幸・吉田丈人・Tyler Tappenbeck・Jim Elser・占部城太郎 「木葉・ミジンコ:湖沼二次生産に対する外来性有機物の影響」 日本陸水学会第82回大会 田沢湖高原温泉郷 2017.9.28-10.1(2P02, 20170929)(ポスター優秀賞受賞)
  3. 時田紘太朗・風間健宏・山道真人・片野泉・土井秀幸・吉田丈人・Hairston NG・占部城太郎 「遮光のパラドックス:なぜ弱光下で植物プランクトンは増えるのか」 日本生態学会第63回大会 仙台国際センター 2016.3.20-24(P1-045, 20150322)[要旨]
  4. 笠田実・山道真人・吉田丈人 「適応トレードオフの違いが生態と進化のフィードバックに与える影響:ミクロコズムによる実証と理論」 日本生態学会第62回大会 鹿児島大学 2015.3.18-22(PA1-159, 20150319)[要旨](ポスター最優秀賞受賞
  5. Kasada M, Yamamichi M, Yoshida T. "The form of an evolutionary tradeoff affects eco-evolutionary dynamics in a predator-prey system". 第30回個体群生態学会大会 筑波大学 2014.10.10-12(P06, 20141011)(ポスター優秀賞受賞
  6. 安達大輝・山道真人 「キタゾウアザラシが教えてくれる中深層性魚類の三次元分布様式」 日本生態学会第61回大会 広島国際会議場 2014.3.14-18(PA2-107, 20140316)[要旨]
  7. Yamamichi M, Yoshida T, Sasaki A. "Effects of the mutation timing on eco-evolutionary dynamics". 第28回個体群生態学会大会 東邦大学 2012.10.20-21(P24, 20121020)(ポスター優秀賞受賞)
  8. 山道真人・吉田丈人・佐々木顕 「侵入タイミングが定着の成否を決める」 日本生態学会第57回大会 東京大学 2010.3.15-20(P2-219, 20100317)[要旨](ポスター優秀賞受賞)
  9. 山道真人・吉田丈人・佐々木顕 「表現型可塑性と急速な進化が個体群動態に与える影響と侵入可能性」 第24回個体群生態学会年次大会 東京大学 2008.10.18-19(P3-09, 20081019)
  10. 山道真人・藤田剛・吉尾政信・鈴木牧・落合啓二・浅田正彦・立田晴記・宮下直 「ミトコンドリア多型情報と階層ベイズモデルによるシカ個体群動態の推定」 日本生態学会第55回大会 福岡国際会議場 2008.3.14-17(P2-192, 20080316)[要旨]
  11. 藤田剛・山道真人・高田まゆら・鈴木牧・吉尾信・立田晴記・落合啓二・浅田正彦・宮下直 「空間明示モデルによる房総シカ個体群の動態予測と駆除戦略」 日本哺乳類学会2007年度大会 東京農工大学 2007.9.14-17(P23, 20070915-17)
  12. 山道真人・藤田剛・鈴木牧・落合啓二・浅田正彦・宮下直 「房総半島におけるシカの分散速度の calibration による推定」 日本生態学会第54回大会 愛媛大学 2007.3.19-23(P1-038, 20070320)[要旨]
  13. 藤田剛・鈴木牧・山道真人・落合啓二・浅田正彦・宮下直 「房総半島におけるシカ個体群の空間動態と駆除戦略」 日本生態学会第54回大会 愛媛大学 2007.3.19-23(P1-033, 20070320)[要旨]

シンポジウムコメント

  1. 企画集会「Dynamic traits and ecological dynamics in populations and communities」(企画:Takehito Yoshida) 日本生態学会第63回大会 仙台国際センター 2016.3.20-24(T07, 20160321)
  2. 企画集会「群集生態学の理論と実証をつなぎ直す: 「空間」への視点で群集理解を革新する」(企画:東樹宏和) 日本生態学会第61回大会 広島国際会議場 2014.3.14-18(T01, 20140315)
  3. 企画集会「藻類の群集構造と進化動態-理論と実証その2-」(企画:工藤栄・田邊貴子・水野晃子・吉山浩平・佐々木顕) 日本生態学会第59回大会 龍谷大学 2012.3.17-21(T11, 20120320)

受賞歴:

  1. 第12回日本数理生物学会研究奨励賞(2017.10, 日本数理生物学会)
  2. 英語口頭発表賞(2017.3, 第64回日本生態学会 Evolution section 最優秀賞)
  3. 第9回個体群生態学会奨励賞(2016.11, 個体群生態学会)
  4. 英語口頭発表賞(2015.3, 第62回日本生態学会 Evolutionary Ecology of Animals section 優秀賞)
  5. 第3回日本生態学会奨励賞(鈴木賞)(2015.3, 日本生態学会)
  6. 第31回井上研究奨励賞(2015.2, 井上科学振興財団)
  7. ポスター賞(2012.10, 第28回個体群生態学会大会 優秀賞)
  8. Excellent Poster Award2012.3, Joint Meeting of the 59th Annual Meeting of ESJ and the 5th EAFES International Congress, Evolution section)
  9. Best Poster Award(2012.1, Japan-Indonesia Academic Exchange Seminar:インドネシア科学院・ボゴール農科大学・総合研究大学院大学)
  10. 第1回学長賞2010.4, 総合研究大学院大学)
  11. ポスター賞2010.3, 第57回日本生態学会 動物個体群部門 優秀賞)
  12. 特に優れた業績による全額返還免除(2009, 日本学生支援機構)
  13. 第1回学部長賞(2007.3, 東京大学農学部


研究資金:

  1. 若手研究者の国際展開事業(2019.2, 東京大学)
  2. 基盤研究(B) 研究分担(2018.4-2021.3, 日本学術振興会)
  3. 基盤研究(B) 連携研究(2017.4-2021.3, 日本学術振興会)
  4. 若手研究(B) 研究代表(2016.4-2019.3, 日本学術振興会)
  5. 基盤研究(B) 研究分担者(2016.4-2019.3, 日本学術振興会)
  6. ジョン万プログラム(2015.5-2016.5, 京都大学)
  7. 基盤研究(A) 研究分担(2015.4-2018.3, 日本学術振興会)
  8. 基盤研究(B) 研究協力(2014.4-2017.3, 日本学術振興会)
  9. 白眉研究者(2014.4-2019.3, 京都大学)
  10. 海外特別研究員(2012.4-2014.3, 日本学術振興会)
  11. 学生企画型共同研究(2012, 総合研究大学院大学)
  12. 海外学生派遣事業2011.10-11, 総合研究大学院大学)
  13. 優秀若手研究者海外派遣事業2010.6-9, 日本学術振興会)
  14. 特別研究員 DC12009.4-2012.3, 日本学術振興会)


査読経験:

  • The American Naturalist (2), Development, Growth & Differentiation, Ecological Complexity, Ecological Monographs, Ecology (4), Ecology and EvolutionEcology Letters (5)eLife, Evolution, Evolution Letters, Evolutionary Applications (2), Functional Ecology (4), Genetics Research, Global Change Biology, Interface FocusJournal of Animal Ecology, Journal of Applied Ecology, Journal of Complex Networks, Journal of Ecology, Journal of Mathematical Biology, Journal of Theoretical Biology (5), Limnology and Oceanography: MethodsMathematical Biosciences, Methods in Ecology and Evolution, Nature Ecology & Evolution, Philosophical Transactions of the Royal Society B: Biological Sciences, Population Ecology (3), Proceedings of the Royal Society B: Biological Sciences (3), Trends in Ecology and Evolution日本生態学会誌, Axios Review (2), Book chapter (4)
  • DAAD Fellowship Application (Germany), NSF Grant Application (USA)

Publons


担当講義:

  • 野外生物学」担当(2018年度Aセメスター, 東京大学)
  • 進化理論」一部担当(2018年度Aセメスター, 東京大学)
  • 生態系と生物多様性」一部担当(2018年度Sセメスター, 東京大学)
  • 広域システム概論I」一部担当(2017-2018年度Aセメスター, 東京大学)
  • 生態・進化学I」一部担当(2017-2018年度Aセメスター, 東京大学)
  • 生態学」一部担当(2017年度Aセメスター, 2018年度Sセメスター, 東京大学)
  • 「生物圏システム科学実験」一部担当(2017年度Aセメスター, 東京大学)
  • 陸水生態学実習I」(若手研究者のための夏季観測プログラム in 琵琶湖)一部担当(2017年度前期集中, 京都大学)
  • 進化生物学のひろがり-生物の多様性を解き明かすための科学的冒険」一部担当(2016-2017年度前期, 京都大学)
  • 「いのちを知る科学−分子、細胞から生態系まで」一部担当(2015年度前期, 京都大学)
  • 「生態科学」一部担当(2015年度前期, 京都大学)
  • 「統合生命科学」一部担当(2014-2016年度後期, 京都大学)


その他:



連絡先:

  • 〒153-8902 東京都目黒区駒場3-8-1 東京大学 総合文化研究科 広域システム科学系
  • Email: c-yamamichi (at) mail.ecc.u-tokyo.ac.jp