2010年以前

【国際学会】

  1. Nicolas Lafitte, Momoko Kumemura, Moeto Nagai, Laurent Jalabert, Dominique Collard, and Hiroyuki Fujita, An Open Microfluidic Device with Active Valves for Accurate Trapping of DNA by Silicon Nanotweezers, Proc. the 14th International Conference on Miniaturized Systems for Chemistry and Life Sciences (µTAS 2010), Groningen, The Netherlands, (2010) pp. 1865-1867. Poster.
  2. T. Kawashima, T. Shibata, M. Nagai, T. Masuzawa, T. Kimura, A. Kishida, Feasibility Study of Cell Culture Microdevice Actuated by Piezoelectric Thin Film for On-Chip Regulation of Cell Functions, Proc. the 14th International Conference on Miniaturized Systems for Chemistry and Life Sciences (µTAS 2010), Groningen, The Netherlands, (2010) pp.301-303. Poster.
  3. T. Shibata, S. Yukizono, M. Nagai, T. Kawashima, T. Kubota, M. Mita, A Modified Imprinting Process Using Hollow Microneedle Array for Forming Through Holes in Polymers, Ext. Abst. the 36th International Conference on Micro and Nano Engineering 2010 (MNE 2010), Genoa, Italy, (2010) CDROM (2pp). Poster.
  4. N. Kato, S. Horiike, M. Nagai, T. Kawashima, T. Shibata, T. Mineta, E. Makino, Fabrication of Bioprobe Integrated with Hollow Nanoneedle for Novel AFM Applications in Cellular Function Analysis, Ext. Abst. the 36th International Conference on Micro and Nano Engineering 2010 (MNE 2010), Genoa, Italy, (2010) CDROM (2pp). Poster.
  5. Moeto Nagai, Sangjin Ryu, Todd Thorsen, Paul Matsudaira, and Hiroyuki Fujita, "A microfluidic device to control bio actuators of microorganisms; an application to Vorticella," Proc. of the 15th International Conference on Solid-State Sensors, Actuators and Microsystems (IEEE Transducers 2009), pp. 437-440, Denver, U. S. A., June 21st–25th, 2009. Poster.
  6. Moeto Nagai, Masamichi Oishi, Naoyoshi Sakaki, Olivier Ducloux, Marie Oshima, Hiroshi Asai, and Hiroyuki Fujita, “Application of Vorticella’s Feeding Mechanism as a Micromixer -Characterization of Vortices Generated by Cilia Motion-,“ Proc. of IEEE 21st International Conference on Microelectromechanical Systems (IEEE MEMS 2008), pp. 555-558, Tucson, U.S.A., January 13th–17th, 2008. Poster.
  7. Moeto Nagai, Momoko Kumemura, Naoyoshi Sakaki, Hiroshi Asai, and Hiroyuki Fujita, “Microfluidic Tensile Loading System for Measurement of Mechanical Properties of Vorticella”, Proc. of the 11th International Conference on Miniaturized Systems for Chemistry and Life Sciences (MicroTAS 2007), pp. 745-747, Paris, France, October 7th–12th, 2007. Poster
  8. Fumihito Arai, Moeto Nagai, Akio Shimizu, Akihiko Ishijima, and Toshio Fukuda, “Fluorescence Visualization of Carbon Nanotubes Using Quenching Effect for Nanomanipulation,” Proc. of the 2nd Annual IEEE International Conference on Nano/Micro Engineered and Molecular Systems (IEEE NANO 2007), Proc. pp. 312-315, Bangkok, Thailand, January 16th–19th, 2007. Poster.
  9. Masahiro Nakajima, Fumihito Arai, Lixin Dong, Moeto Nagai, and Toshio Fukuda, “Hybrid Nanorobotic Manipulation System under Scanning Electron Microscope and Transmission Electron Microscope,” Proc. of 2004 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS 2004), Volume 1, pp. 589-594, Sendai, Japan, September 28th–October 2nd, 2004.
  10. Pou Liu, Lixin Dong, Toshio Fukuda, Fumihito Arai, Moeto Nagai, and Yoshiaki Imaizumi, “Carbon nanotubes based position sensors,” Proc. of the 2004 IEEE International Conference on Intelligent Mechatronics and Automation (ICMA 2004), pp. 12–17, Kagawa, August 26th–31st, 2004.

【国内学会】

  1. ○山田 侑平, 大竹 英明, 柴田 隆行, 川島 貴弘, 永井 萌土, 増澤 徹, 木村 剛, 岸田 昌夫 「オンチップ細胞機能制御のための圧電駆動型マイクロ細胞培養デバイスの開発-細胞導入の効率化と細胞実験の基礎的検討-」第53回自動制御連合講演会,pp. 1143-1144,2010年11月高知城ホール,高知県高知市.
  2. ○柴田隆行,永井萌土,川島貴弘「マスクレス微細パターン創製技術」第41回中部化学関係学協会支部連合秋季大会,2010年11月,豊橋技術科学大学.
  3. ○加藤 統久,永井 萌土,川島 貴弘,柴田 隆行,峯田 貴,牧野 英司「細胞機能イメージングのためのナノニードル搭載型バイオプローブの開発」,第27回「センサ・マイクロマシンと応用システム」シンポジウム,pp. 482-485,2010年10月,くにびきメッセ,島根県松江市.
  4. ○堀池修平,加藤統久,永井萌土,川島貴弘,柴田隆行,峯田貴,牧野英司 細胞機能解析のためのマイクロニードル搭載型バイオプローブの開発( 第6 報) ― 培養液中での細胞の形状イメージング― 精密工学会2010年度秋季大会,pp. 655-656, 2010年9月,名古屋大学,名古屋市千種区.
  5. ○柚木園 諭,永井萌土,川島貴弘,柴田隆行,久保田俊夫,御田護「マイクロニードルアレイを用いた高品位・高能率マイクロ穴加工技術の開発(第1報)―樹脂フィルムへの貫通穴の形成―」精密工学会2010年度秋季大会,pp. 649-650, 2010年9月,名古屋大学,名古屋市千種区.
  6. ○永井萌土,浅井 博,藤田博之「ツリガネムシの収縮・伸張運動によるマイクロ構造物の駆動」平成22年 電気学会全国大会 p. 174, 2010年3月,明治大学,東京都千代田区.
  7. ○永井萌土, Sangjin Ryu, Todd Thorsen, Paul Matsudaira,藤田博之「マイクロ流体デバイスによるツリガネムシの生体アクチュエータの制御」平成21年度電気学会センサ・マイクロマシン部門総合研究会,pp. 73-77,2009年7月,東京工科大学,東京都八王子市
  8. ○永井萌土,浅井博,藤田博之「ツリガネムシを駆動源とするMEMS作製のためのツリガネムシへの人工物接着」平成20年度電気学会センサ・マイクロマシン部門総合研究会,pp. 31-35,2008年6月,仙台市戦災復興記念館,仙台市.
  9. ○永井萌土,浅井博,久米村百子,榊直由,藤田博之「ツリガネムシで駆動するMEMSの実現に向けて」平成19年度電気学会センサ・マイクロマシン部門総合研究会,pp. 101-105,2007年7月,筑波大学,つくば市.
  10. 永井萌土,浅井博,久米村百子,榊直由,藤田博之「マイクロ流路を用いたツリガネムシの引張試験」第15回化学とマイクロ・ナノシステム研究会 p. 84,2007年5月,東北大学,仙台市.
  11. ○新井史人,永井萌土,清水彬生,石島秋彦,福田敏男「カーボンナノチューブの組立てと蛍光観察」第32回フラーレン・ナノチューブ総合シンポジウム,p. 105,2007年2月, 名城大学,名古屋市.
  12. ○清水 彬生 , 永井 萌土 , 新井 史人 , 福田 敏男 , 石島 秋彦「カーボンナノチューブの蛍光顕微鏡・走査型電子顕微鏡における同一サンプルの観察」日本生物物理学会 第 43 回日本生物物理学会年会 S290,2005年11月,札幌コンベンションセンター,札幌市.
  13. ○清水 彬生 , 曽和 義幸 , 永井 萌土 , 斎藤 弥八 , 新井 史人 , 石島 秋彦「水溶液中でのカーボンナノチューブの可視化」日本生物物理学会 第 42 回日本生物物理学会年会,S265,2004年12月国立京都国際会館,京都市.
  14. ○中島 正博 , 新井 史人 , 薫 立新 , 永井 萌土 , 福田 敏男「走査型及び透過型電子顕微鏡下でのハイブリッドナノマニピュレーションシステム ロボティクス・メカトロニクス講演会2004」p. 132,2004年6月, 名城大学,名古屋市.