Welcome


生きるにしても、死ぬにしても、わたしたちは主のものである(第二朗読主題句 ローマ14・8より)

大きなことをする必要はありません。小さなことに、大きな愛を込めればよいのです。(マザーテレサ)


           -典礼-                                      

9月17日(日)年間第24主日 「敬老の日の祈りと祝福」
今日のみことばで、イエスは私たちに赦しについて教えます。ミサの中で、後藤神父様から敬老の日の祝福がありました。
⇒続きはこちらを

9月10日(日)年間第23主日 「チャリティバザー」
今日はチャリティバザー「かてどらる祭」の日でした。主日ミサは英語ミサと合同で行われ、勝谷司教が司式されました。
⇒続きはこちらを

9月3日(日)年間第22主日 「札幌地区使徒職大会」
札幌地区使徒職大会が藤学園講堂で行われました。新受洗者が紹介され、レンゾ・デ・ルカ神父(イエズス会日本管区長)の講演が行われました。
⇒続きはこちらを

8月27日(日)年間第21主日
「あなたがたはわたしを何者だと言うのか。」というイエスの問い掛けに「あなたはメシア、生ける神の子です」と答えたペトロに、イエスは「天の国の鍵」を授けました。
⇒続きはこちらを

8月20日(日)年間第20主日
今日の福音朗読「カナンの女の信仰」から私たちは何を学ぶでしょう。ミサの後、聖母被昇天のお祝い会がありました。
⇒続きはこちらを

8月15日(火)聖母の被昇天
午前10時から「聖母被昇天」の祭日を記念するミサが行われました。終戦記念日にあたり12時に鐘楼の鐘が鳴らされ、戦争犠牲者と平和のためにお祈りを捧げました。
⇒続きはこちらを

8月13日(日)年間第19主日
この日の福音では、「パンの奇跡」のすぐ後の出来事として、自然界の嵐が語られています。
⇒続きはこちらを

8月6日(日)主の変容
72年前のこの日、広島に原爆が投下された8時15分 教会の鐘楼で「平和の鐘」が鳴らされました。犠牲者への追悼と平和のために祈りましょう。ミサの中で二人の子供たちの初聖体がありました。
⇒続きはこちらを

7月30日(日)年間第17主日
この日のミサは、講演会にお招きした大阪教区 小田武彦神父様の司式でした。ミサ後の講演では、使徒的勧告「愛の秘跡」についてお話しいただきました。
⇒続きはこちらを

7月23日(日)年間第16主日
「毒麦のたとえ」。私たちの心のうちには"良い麦"もあり"毒麦"もあるのではないでしょうか。最後まで忍耐強く待たれる神の慈しみについて黙想しましょう。
⇒続きはこちらを

7月16日(日)年間第15主日
今日のみことばは「種を蒔く人」のたとえでした。イエス様からいただいた"種"。私たちはどんな実を結ばせることができるでしょう。
⇒続きはこちらを

7月9日(日)年間第14主日
「疲れた者、重荷を負う者は、だれでもわたしのもとに来なさい。休ませてあげよう」このイエス様の言葉は人々をやさしく包み込む言葉です。
⇒続きはこちらを

7月2日(日)年間第13主日
今日の「わたしよりも父や母を愛する者は、わたしにふさわしくない。」というイエスのみことばには、「家族をも含むすべての人を大切にする愛に向って生きなさい」というメッセージが込められています。
⇒続きはこちらを

6月25日(日)年間第12主日
日々の生活の中でも、私たちは様々な”恐れ”を感じているのではないでしょうか。イエスは「恐れるな」と私たちに寄り添ってくださっています。
⇒続きはこちらを

6月18日(日)キリストの聖体
聖体は、キリスト教の信仰に欠かすことのできない秘跡であり、ミサに深くつながっています。
⇒続きはこちらを

6月11日(日)三位一体の主日
わたしたちは、洗礼によって父と子と聖霊の交わりに入り、キリストのしるしを受け、真の弟子となりました。
⇒続きはこちらを

6月4日(日)聖霊降臨の主日
最後の晩餐でイエスは弟子たちに「聖霊を遣わす」と約束されました。主の復活から50日目にあたる今日、私たちは聖霊降臨をお祝いします。
⇒続きはこちらを

5月28日(日)主の昇天
御復活から40日が経ち、いよいよ天に昇られるという「主の昇天」を今日、私たちはお祝いします。
⇒続きはこちらを

5月21日(日)復活節第6主日(世界広報の日)
私たちは、隣人を愛することで神につながることが出来ます。
⇒続きはこちらを

5月7日(日)復活節第4主日
今日は「世界召命祈願の日」です。神は一人ひとりをそれぞれ異なる召命に招いておられます。自分に対する神の望みを祈りつつ探していくことは大切な務めです。
⇒続きはこちらを

4月30日(日)復活節第3主日
今日のみ言葉は、エマオへ向かう二人の弟子たちが、復活したイエスとは気付かずに道中を共にするお話です。
⇒続きはこちらを

4月23日(日)復活節第2主日(神のいつくしみの主日)
復活祭の喜びから1週間が経ちました。この日のミサは、司祭叙階10周年を迎えた協力司祭のミカエル森田健児神父様に司式いただきました。
⇒続きはこちらを

4月16日(日)復活の主日
主のご復活おめでとうございます。ミサの後、祝福されたイースターエッグが侍者の子供達から手渡されました。カテドラルホールでは、ご復活と洗礼・堅信の祝賀会が行われました。
⇒続きはこちらを

4月15日(土)聖土曜日 復活の聖なる徹夜祭
復活徹夜祭は、旧約の時代から続いている一年の典礼のうち最も盛大で中心的な祭儀です。この日、16名の方々が洗礼・堅信を受けました。
⇒続きはこちらを

4月14日(金)聖金曜日 主の受難
この日の聖金曜日「主の受難」の祭儀は、主イエスの受難と十字架上の死を記念します。
⇒続きはこちらを

4月13日(木)聖木曜日 主の晩餐の夕べのミサ
「最後の晩餐」を記念するミサが、勝谷司教様の主司式で行われました。ミサの中で洗足式が行われました。
⇒続きはこちらを

4月11日(火)聖香油ミサ
勝谷司教様の司式により、教区司祭が一同にカテドラルに集い聖香油ミサが厳かに行われました。
⇒続きはこちらを

4月9日(日)受難の主日(枝の主日)
今日から聖週間に入ります。主のエルサレム入城を記念し、祝福された棕櫚の枝を持った行列が聖堂に入堂しました。
⇒続きはこちらを

過去のお知らせはこちら

今後の予定は、こちら

ブログも開設しています ブログ

カトリック北一条教会



           -献堂100周年-                                  

           -News-                                             





           -お知らせ・お願い文書-                        


           -いつくしみの特別聖年-                    



           カトリック北一条教会(カテドラル)    

聖堂名「守護の天使」  
                 
〒060-0031
札幌市中央区北一条東6丁目
Tel 011-231-4189
Fax 011-231-4191
信徒数: 約600名

主任司祭        後藤 義信 司祭
運営委員長    櫻谷 政雄

詳細はこちら↓

           - ミサのご案内    Mass schedule -        

日曜ミサ Sunday    ① 9:00-10:00    ② 18:00-
English Mass        Sunday 12:30-
平日 Week day      7:00-(水、金曜日は除く)
水曜日Wednesday 10:00-
金曜日 Friday        18:30-

           - キリスト教入門講座のご案内 -         

キリスト教に興味のある一般の方を対象に講座を開いています。
今のところ下記の3コースとなっています。
詳しくは、主任司祭か宣教養成担当者にお声がけください。
    ①金曜日ミサ前
    ②金曜日ミサ後
    ③日曜日ミサ後

           - 聖書勉強会「聖書に親しむ」のご案内 - 

毎月第2・4木曜日13:30-14:30
講師:Sr. マリア・イザベラ・二瓶規子さん(マリア院)

           - 郵便振替口座開設のお知らせ -    

郵便振替でも献金を受け付けることができるようになりました。

口座番号: 02770-3-102425
口座名称: カトリック北一条教会