医療行動分析学研究会

医療行動分析学研究会は、医療および福祉に携わる人全般を対象に、臨床場面における行動問題に対する行動分析学的研究方法論およびその成果を共有することを目的に設立しました。皆様方の幅広いご支援、ご協力を賜りたいと思います。

<世話人>

学校法人日本赤十字学園 日本赤十字豊田看護大学

学 長 鎌倉 やよい

<幹 事>

学校法人大阪滋慶学園 滋慶医療科学大学院大学

教 授 飛田 伊都子

<事務局>

滋慶医療科学大学院大学 飛田研究室

連絡先 e-mail:koudou2015@yahoo.co.jp

<New!>2021.3.7.更新

第6回医療行動分析学研究会への申し込み方法をご案内いたします!

第6回医療行動分析学研究会は、オンラインでの開催になりますので、ご参加の申し込みも「Peatix」というオンラインでお願い申し上げます。下記のURLから入っていただき、お手続きをお願い申し上げます。なお、グループでのご参加をご希望の場合も、お手数をおかけ致しますが、お一人ずつお申し込み下さいますようお願い申し上げます。

PeatixのURL

参加申し込みサイト「Peatix」

パスワード

koudou0509

※当日の配信用URLとパスワードにつきましては、別途ご案内させていただきます。

昨年(2020年)3月に開催予定しておりました第6回医療行動分析学研究会を開催いたします。内容は一部変更しましたが、昨年予定していた内容よりも、さらに充実した内容を準備することができました。

従来行ってきた対面型の研究会ではなく、オンラインでの開催となりますが、皆様方にとって意味ある講演や発表をお聴き頂けると思います。

多くの方々のご参加を心よりお待ちしております。

◆開催日時:令和3年5月9日(日)10時〜17時

◆教育講演:和歌山県立医科大学准教授 石井拓先生

「行動の計測と記録ー行動観察法の妥当性の検討ー」

◆話題提供:5演題