研究業績

Publications

27. Shiino, Y. and Tokuda, Y., 2016. How does flow recruit epibionts onto brachiopod shells? Insights into reciprocal interactions within the symbiotic framework. Palaeoworld, 25, 675-683.

26. Tsuchida, T. and Shiino, Y., 2016. Construction of recirculating flow tank with water pumps: insight into experimental palaeontology. Science Reports of Niigata University. Series E, (Geology), 31, 83-90. [abstract]

25. Shiino, Y. and Suzuki, Y., 2015. A rectifying effect by internal structures for passive feeding flows in a concavo-convex productide brachiopod. Paleontological Research, 19, 283-287. doi:10.2517/2015PR011 [abstract]

24. Shiino, Y., Suzuki, Y., Harper, D.A.T., Mori, H. and Bergström, J., 2015. Late Ordovician Holorhynchus succession in the Siljan district, Sweden: facies, faunas and a latest Katian event.GFF, 137, 207-218. doi:10.1080/11035897.2014.945619 [abstract]

23. Shiino, Y., Kuwazuru, O., Suzuki, Y., Ono, S. and Masuda, C., 2014. Pelagic or benthic? Mode of life of the remopleuridid trilobite Hypodicranotus striatulus. Bulletin of Geosciences, 89, 207-218. [abstract]

22. 椎野勇太・桑水流理・鈴木雄太郎・増田智洋,2015.三葉虫ハイポディクラノタスの遊泳性能と古生態.日本機械学会第27回バイオエンジニアリング講演会(2015.1.9-10)講演論文集14-67,365-366.

21. Seike, K., Shiino, Y. and Suzuki, Y., 2014. Crininicaminus giberti isp. nov.: Tubular trace fossil armored with crinoid stem plates from the Upper Permian Kamiyasse Formation, Northeastern Japan. Spanish Journal of Paleontology, 29, 45-50.

20. Shiino, Y. and Angiolini, L., 2014. Hydrodynamic advantages in the free-living spiriferinide brachiopod Pachycyrtella omanensis: functional insight into adaptation to high energy flow environment. Lethaia, 47, 216-228. doi:10.1111/let.12052 [abstract]

19. Shiino, Y., and Kitazawa, K., 2012. Stealth effect of red shell in Laqueus rubellus (Brachiopoda, Terebratulida) on the sea bottom: An evolutionary insight into the prey-predator interaction. ISRN Zoology, 2012, article ID 692517, 1-7. doi:10.5402/2012/692517 [abstract]

18. Shiino, Y., Kuwazuru, O., Suzuki, Y. and Ono, S., 2012. Swimming capability of the remopleuridid trilobite Hypodicranotus striatus: Hydrodynamic functions of the exoskeleton and the long, forked hypostome. Journal of Theoretical Biology, 300, 29-38. doi:10.1016/j.jtbi.2012.01.012 [abstract]

17. Shiino, Y., Yamada, S., Suzuki, Y. and Suzuki, C., 2011. Ptycholophous lophophore in a productidine brachiopod. Paleontological Research, 15, 233-239. doi:10.2517/1342-8144-15.4.233 [abstract]

16. Shiino, Y. and Kuwazuru, O., 2011. Comparative experimental and simulation study on passive feeding flow generation in Cyrtospirifer. Memoirs of the Association of Australasian Palaeontologists, 41, 1-8. [abstract]

15. Shiino, Y. and Suzuki, Y., 2011. The ideal hydrodynamic form of the concavo-convex productide brachiopod shell. Lethaia, 44, 329-343. doi:10.1111/j.1502-3931.2010.00243.x [abstract]

14. Shiino, Y., Suzuki, Y. and Kobayashi, F., 2011. Sedimentary history with biotic reaction in the Middle Permian shelly sequence of the Southern Kitakami Massif, Japan. Island Arc, 20, 203-220. doi:10.1111/j.1440-1738.2011.00760.x [abstract]

13. Shiino, Y. and Kuwazuru, O., 2011. Theoretical approach to the functional optimisation of spiriferide brachiopod shell: Optimum morphology of sulcus. Journal of Theoretical Biology, 276, 192-198. doi:10.1016/j.jtbi.2011.02.004 [abstract]

12. 椎野勇太・北沢公太,2010.ホウズキチョウチンの行動:微小砕屑物に着底した固着生物の生存戦略.日本ベントス学会誌,65,18-26.

11. Shiino, Y. and Kuwazuru, O., 2010. Functional adaptation of spiriferide brachiopod morphology. Journal of Evolutionary Biology, 23, 1547-1557. doi:10.1111/j.1420-9101.2010.02024.x [abstract]

10. 椎野勇太・桑水流理・吉川暢宏,2010.CT画像を用いた化石の内部構造の復元:スピリファー類の腕骨形態の例.化石,87,1-2.

9. Shiino, Y., 2010. Passive feeding in spiriferide brachiopods: an experimental approach using models of Devonian Paraspirifer and Cyrtospirifer. Lethaia, 43, 223-231. doi:10.1111/j.1502-3931.2009.00185.x [abstract]

8. Suzuki, Y., Shiino, Y. and Bergström, J. 2009. Stratigraphy, carbonate facies and trilobite associations in the Hirnantian part of the Boda Limestone, Sweden. GFF, 131, 299-310. doi:10.1080/11035890903452670 [abstract]

7. Shiino, Y., 2009. Middle Permian echinoconchoide brachiopod Vediproductus in the Kamiyasse area, Southern Kitakami Mountain, northeast Japan. Paleontological Research, 13, 251-258. doi:10.2517/1342-8144-13.3.251 [abstract]

6. Shiino, Y., Kuwazuru, O. and Yoshikawa, N., 2009. Computational fluid dynamics simulations on a Devonian spiriferid Paraspirifer bownockeri (Brachiopoda): Generating mechanism of passive feeding flows. Journal of Theoretical Biology, 259, 132-141. doi:10.1016/j.jtbi.2009.02.018 [abstract]

5. Kobayashi, F., Shiino, Y., and Suzuki, Y., 2009. Middle Permian (Midian) foraminifers of the Kamiyasse Formation in the Southern Kitakami Terrane, NE Japan. Paleontological Research, 13, 79-99. doi:10.2517/1342-8144-13.1.079 [abstract]

4. 椎野勇太・桑水流理・吉川暢宏,2008.絶滅生物スピリファーの受動的採餌流形成メカニズムに関する数値流体力学的検討.計算工学講演会論文集,13, 531-532.

3. 椎野勇太・鈴木雄太郎・小林文夫,2008.南部北上山地上八瀬地域の中部ペルム系細尾層から産出したフズリナ化石とその意義.地質学雑誌,114, 200-205.

2. 椎野勇太・桑水流理・吉川暢宏,2008.絶滅腕足類の化石を用いた殻まわりのイメージベース流体解析.日本機械学会第20回バイオエンジニアリング講演会(2008.1.25-26)講演論文集,07-49,61-62.

1. Shiino, Y. and Suzuki, Y., 2007. Articulatory and musculatory systems in a Permian concavo-convex brachiopod Waagenoconcha imperfecta Prendergast, 1935 (Productida, Brachiopoda). Paleontological Research, 11, 265-275. doi:10.2517/1342-8144(2007)11%5B265:AAMSIA%5D2.0.CO;2 [abstract]

Books

6. 矢野興一・三河内彰子・三河内岳・椎野勇太・實吉玄貴・藤原慎一・折原貴道・鵜沢美穂子・皆木宏明・黒木真理・松本涼子・相川稔・松原始・佐野勝宏・鶴見英成・石井龍太,2016.見る目が変わる博物館の楽しみ方―地球・生物・人類を知る.ベレ出版,東京.435 p.

5. 椎野勇太,2013.凹凸形の殻に隠された謎―腕足動物の化石探訪.東海大学出版会,秦野.268 p.

4. 椎野勇太,2012.腕足動物の摂食戦略に基づく進化形態学.佐々木猛智・伊藤泰弘(編),東大古生物学-化石からみる生命史,257-261.東海大学出版会,秦野.

3. 椎野勇太,2012.水中へ進出した三葉虫のバイオメカニクス.佐々木猛智・伊藤泰弘(編),東大古生物学-化石からみる生命史,252-256.東海大学出版会,秦野.

2. 椎野勇太,2012.機能形態学からバイオメカニクス,進化古生物学へ.佐々木猛智・伊藤泰弘(編),東大古生物学-化石からみる生命史,204-209.東海大学出版会,秦野.

1. 椎野勇太,2012.古生物年表.佐々木猛智・伊藤泰弘(編),東大古生物学-化石からみる生命史,198-203.東海大学出版会,秦野.

Reports etc.

8. 椎野勇太,2012.絶滅生物の形から進化を探る.Ouroboros17,7-9.[Ouroboros]

7. 椎野勇太,2012.化石の付加価値.Ouroboros17,5-6.[Ouroboros]

6. 椎野勇太・鈴木雄太郎,2012.第5回国際三葉虫学会TRILO2012参加報告.化石,92,40-42.

5. 椎野勇太,2012.腕足動物プロダクタス類のプチコローフ型触手冠.化石,92,34-35.

4. Shiino, Y., Kuwazuru, O., Suzuki, Y. and Ono, S., Masuda, C., 2012, Exquisite hydrodynamic morphology of the remopleuridid trilobite Hypodicranotus striatulus: Functional insights into the mode of life. In, Budil, P. and Fatka, O. (eds.), The 5th Conference on Trilobites and their relatives, Abstracts, p. 52, Czech Geological Survey and Charles University, Prague, Czech Republic.

3. Shiino, Y. and Kuwazuru, O., 2010. Functional innovation of spiriferide wing form: Experimental and simulation approaches to generation of passive feeding flow. Geological Society of Australia, Abstracts, The 6th International Brachiopod Congress, Melbourne, Australia, 95, 102.

2. Shiino, Y., Kuwazuru, O. and Yoshikawa, N., 2009. Computational fluid dynamics simulation on spiriferide brachiopod Paraspirifer bownockeri. In, Storrs, G.W. (ed.), The 9th North American Paleontological Convention Abstracts 2009, p. 321, Cincinnati Museum Center, Ohio.

1. 鈴木雄太郎・椎野勇太,2004.宮城県上八瀬地域における中部ペルム系,化石密集層の形成下における三葉虫の古生態.「平成15年度深田研究助成」研究報告,161-181.

Presentations

(国際学会)

7. Shiino, Y. and Tokuda, Y., How does flow recruit epizoans onto brachiopod shells? The 7th International Brachiopod Congress, Nanjing Institute of Geology and Palaeontology, Nanjing, China (May 22-25, 2015).

6. Shiino, Y. and Angiolini, L., Die hard under high energy flow conditions: a case of shell functionality in the spiriferinide brachiopod Pachycyrtella. The 7th International Brachiopod Congress, Nanjing Institute of Geology and Palaeontology, Nanjing, China (May 22-25, 2015).

5. Shiino, Y., Kuwazuru, O., Suzuki, Y., Ono, S. and Masuda, C., Exquisite hydrodynamic morphology of the remopleuridid trilobite Hypodicranotus striatulus: Functional insights into the mode of life. The 5th Conference on Trilobites and their relatives (TRILO2012), Prague, Czech Republic (July 1-4, 2012).

4. Shiino, Y. and Kuwazuru, O., Functional innovation of spiriferide wing form: Experimental and simulation approaches to generation of passive feeding flow. The 6th International Brachiopod Congress, Melbourne, Australia (February 1-5, 2010).

3. Shiino, Y., Kuwazuru, O. and Yoshikawa, N., Computational fluid dynamics simulation on spiriferide brachiopod Paraspirifer bownockeri. The 9th North American Paleontological Convention, Ohio, USA (June 21-26, 2009).

2. Suzuki, Y., Shiino, Y. and Bergström, J., 2009: Upper Ordovician lithosomes and faunas on top of the Boda mudmound cores, Dalarna. Lundadagarna i Historisk Geologi och paleontology XI, Sweden (March 11-12, 2009).

1. Seike, K., Shiino, Y. and Suzuki, Y., Tubular trace fossil ornamented with bioclasts from the upper Middle Permian Kamiyase Formation. Ichnia 2008: Second International Congress on Ichnology. Cracow, Poland (September 1-5, 2008).

(国内学会)

25. 椎野勇太・鈴木雄太郎・小林文夫,南部北上山地中部ペルム系の地史:大規模造構運動がもたらした生命への飴と鞭.日本地質学会第120年学術大会,仙台,2013年9月.

24. 増田智洋・鈴木雄太郎・大野悟志・椎野勇太,遊泳性三葉虫Remopleurides複眼:転輪羅針儀機能発現か?日本古生物学会2013年年会,熊本,2013年6月.

23. 椎野勇太・ルキア=アンジョリーニ,動かざるもののジレンマ―翼形態種パキシルテラの流体適応.日本古生物学会2013年年会,熊本,2013年6月.

22. 椎野勇太・桑水流理・鈴木雄太郎・大野悟志・増田智洋,漂泳生か遊泳性底生か―ハイポディクラノタス問題.日本古生物学会2013年例会,神奈川,2013年1月.

21. 椎野勇太・桑水流理,かたちの微小変化に伴う機能とその最適性.日本古生物学会2012年例会,群馬,2012年1月.

20. 椎野勇太・桑水流理・鈴木雄太郎・大野悟志,遊泳性三葉虫の骨格形態を用いた流体力学的研究.日本古生物学会2011年年会,金沢,2011年7月.

19. 椎野勇太・山田翔慧・鈴木雄太郎・鈴木千里,機能要求に相応した設計原理を示唆する形態進化仮説:凹凸形態型腕足類の例.日本古生物学会2011年例会,高知,2011年1月.

18. 椎野勇太・桑水流理,スピリファー類の「翼」に隠された機能的革新.日本古生物学会2010年年会,つくば,2010年6月.

17. 椎野勇太・北沢公太,海に霞むルビー:ホウズキチョウチンの殻に秘められた色彩特性.日本古生物学会2010年例会,滋賀,2010年1月.

16. 椎野勇太・桑水流理・吉川暢宏,殻形態の機能的最適性-翼形型腕足類スピリファーの受動的採餌水流-.地球惑星科学連合2009年大会,千葉,2009年5月.

15. 椎野勇太,スピリファー類の採餌戦略.日本古生物学会2009年例会,沖縄,2009年1月.

14. 椎野勇太・桑水流理・吉川暢宏,腕足類の受動的採餌流を例にした流水実験と流体解析の比較研究.日本古生物学会2008年年会,宮城,2008年7月.

13. 椎野勇太・桑水流理・吉川暢宏,スピリファー腕足類の形態を用いた数値流体解析:受動的採餌流の形成機構について.日本古生物学会2008年年会,宮城,2008年7月.

12. 椎野勇太・桑水流理・吉川暢宏,スピリファー形態型腕足類の採餌流:数値流体解析を用いて.地球惑星科学連合2008年大会,千葉,2008年5月.

11. 椎野勇太・桑水流理・吉川暢宏,2008,絶滅生物スピリファーの受動的採餌流形成メカニズムに関する数値流体力学的検討.日本計算工学会第13回計算工学講演会,宮城,2008年5月.

10. 椎野勇太,凹凸形態型腕足類の適応戦略.日本古生物学会2008年例会,栃木,2008年2月.

9. 椎野勇太・桑水流理・吉川暢宏,絶滅腕足類の化石を用いた殻まわりのイメージベース流体解析.日本機械学会第20回バイオエンジニアリング講演会,東京,2008年1月.

8. 椎野勇太,固着領域の安定性による有関節型腕足類の行動生態:肉茎による運動と機能.2007年ベントス・プランクトン学会合同大会,神奈川,2007年9月.

7. 椎野勇太・棚部一成,有関節型腕足類の姿勢改変能力について~現生テレブラチュラ類を例に~.日本古生物学会2007年年会,大阪,2007年6月.

6. 清家弘治・椎野勇太・鈴木雄太郎,中上部ペルム系上八瀬層から産出するチューブ状生痕化石.日本古生物学会2007年例会,徳島,2007年2月.

5. 椎野勇太・鈴木雄太郎,無関節型腕足類Obolidaeの軟体部情報とその意義.日本古生物学会2007年例会,徳島,2007年2月.

4. 椎野勇太・桑水流理・吉川暢宏,スピリファー類(腕足類)における受動的な採餌流の形成メカニズム.日本古生物学会2007年例会,徳島,2007年2月.

3. 椎野勇太,腕足類Waagenoconcha imperfecta (Productida) の生息時に生じる流体力学的特性.日本古生物学会2006年例会,京都,2006年2月.

2. 椎野勇太,Concavo-convex型腕足類Waagenoconcha imperfecta (Productida) の形態.日本古生物学会2006年例会,京都,2006年2月.

1. 椎野勇太・鈴木雄太郎,北上山地上八瀬地域 中部ペルム系の堆積環境の変遷.日本古生物学会2004年年会,福岡,2004年6月.

Others

(発表・アウトリーチ)

4. 椎野勇太,地質の日・記念イベント「化石からみる地球のなり立ちのお話しと化石採集」,石と賢治のミュージアム(岩手, 2011.5.15).

3. 椎野勇太・桑水流理・鈴木雄太郎・大野悟志,遊泳性三葉虫の骨格に秘められた流体力学的特性,第7回NCPフォーラム(福井, 2011.2.23).

2. 椎野勇太,地質の日・記念イベント「化石のお話と化石採り」,石と賢治のミュージアム(岩手, 2010.5.9).

1. 椎野勇太,化石の“かたち”から読み解く生物進化,地球惑星科学公開シンポジウム (東京, 2008.5.9).

(招待講演)

5. 椎野勇太,古生物の教室.IMTカレッジ「東大教室2013夏」(JPタワーKITTE,東京,2013.7.24).

4. 椎野勇太,絶滅腕足動物―機能を追及した奇妙なデザイン.杉並区立科学館自然科学ワークショップ「生物の形を読み解く」(東京, 2013.2.23).

3. 椎野勇太,形態進化に魅入られて~"いち古生物研究者"への道のり~.未来の科学者養成講座・キャリアデザインワークショップ(静岡, 2012.9.9).

2. 椎野勇太,翼形態型腕足動物の採餌戦略と流水環境に対する殻形態の最適性.第5回evo-devo青年の会「原義の"epigenetics"から進化を理解する」(愛知, 2012.6.16).

1. 椎野勇太,流体力学的アプローチから探る絶滅生物の形態進化,ソフトウェアクレイドル・ユーザーカンファレンス2011(東京, 2011.10.21).

(協力・監修)

10. 講談社サイエンティフィク「絵でわかる古生物学(棚部一成・監、北村雄一・著)」の製作協力.2016年6月10日に出版された 「絵でわかる古生物学」の一部製作協力.[絵でわかる古生物学]

9. 技術評論社「石炭紀・ペルム紀の生物」の監修.技術評論社から2014年7月25日に出版された生物ミステリーシリーズ・プロ第4巻「石炭紀・ペルム紀の生物」の一部監修.[石炭紀・ペルム紀の生物]

8. 技術評論社「デボン紀の生物」の監修.技術評論社から2014年7月25日に出版された生物ミステリーシリーズ・プロ第3巻「デボン紀の生物」の一部監修.[デボン紀の生物]

7. 朝日新聞出版社の雑誌「週刊地球46億年の旅」の監修.朝日新聞出版社から2014年4月刊行の雑誌「週刊地球46億年の旅」第10号「三葉虫現る」の製作補助,監修.[地球46億年の旅]

6. 東京大学総合研究博物館企画展示「HUNTERS − 渡辺仁博士の民族学資料収集」.平成24年11月22日 (木)~平成25年1月11日(金)の東京大学総合研究博物館における企画展示を「平成24年度学芸員専修コース」のメンバーと共に制作した.[HUNTERS]

5. 東京大学総合研究博物館特別展示「東大古生物学 − 130年の軌跡」.平成24年10月6日 (土)~平成24年12月9日(日)の東京大学総合研究博物館における特別展を分担監修した.[東大古生物学]

4. 朝日新聞出版社のムック「月刊化石コレクション」の監修.朝日新聞出版社から2010年5月刊行のムック「月刊化石コレクション」第10号「腕足類」の製作補助,監修(2009-2010年).[月刊化石コレクション]

3. 異常巻きアンモナイトの大量複製.国際頭足類シンポジウムにおける教育・研究用記念標本として,異常巻きアンモナイトNipponites mirabilisの複製標本100個体を製作した(2007年3月).

2. 国立科学博物館本館展示改修実施設計業務に係る展示候補化石の確認・調査協力.宮城県北部から産出する古生代の生物化石を採集調査協力および個人標本を多数提供し,標本は国立科学博物館の日本館「日本列島の生い立ち」に常設展示中(2007年).

1. 国立科学博物館新館展示設計業務に係る展示品の製作協力.節足動物のイラスト4点を提供し,地球館「地球環境の変動と生物の進化 -誕生と絶滅の不思議-」に常設展示中(2004年).