Home‎ > ‎Sleipnir Scripts‎ > ‎

Fast look up JP and EN for SeaHorse

概要

  • 文字列(英語|日本語)を辞書引き、翻訳、検索するスクリプト

流用元

ライセンス

  • 流用元に準拠

必須拡張

  • SeaHorse 1.1.2 以上
  • UserAction Extension 1.0.0 以上

動作確認環境

  • Windows XP SP2
  • Internet Explorer 7
  • Sleipnir 2.8.2
  • UserAction Extension 1.0.0
  • SeaHorse 1.1.2

インストール

  1. 圧縮ファイルを解凍後、圧縮ファイル内の plugins ディレクトリ を sleipnir のインストールディレクトリにコピー
  2. SeaHorse再読み込み

説明

  1. ショートカット(変更可)
    • y : Quick Lookup (簡易検索)
    • ESC : すべて非表示
    • Sleipnir のキーボードショートカットと重複してる場合は、動作しません
  2. Quick Lookup
    • 素早く検索したい場合の検索窓
    • 入力して Enter を押してみる
    • 閉じる場合は、'exit' と入力して Enter するか、Quick Lookup の入力エリア以外をクリック
    • 「ショートカット キーワード」と入力すると指定エンジンで検索可(例:「g 1+2」)
    • ショートカット一覧
      • ga: goo(すべての辞書)
      • gjn: goo(国語)
      • gje: goo(和英)
      • gej: goo(英和)
      • yjn: Yahoo!(国語)
      • yje: Yahoo!(和英)
      • yej: Yahoo!(英和)
      • ew: e-Words
      • bi: BINARY
      • wp: ウィキペディア
      • wb: weblio
      • ha: Hatena::Diary::Keyword
      • dic: Dictionary.com
      • g: Google 検索
      • b: Bing 検索
      • y: Yahoo! 検索
      • 2ch: Find.2ch
      • eje: Excite(日→英)
      • eej: Excite(英→日)
      • gje: Google 翻訳(日本語から英語へ)
      • gej: Google 翻訳(英語から日本語へ)
  3. 文字選択による検索
    • 任意の修飾キー(デフォルトで Alt)を押しながら文字を選択
    • 選択文字(単語)数によって、検索結果、翻訳結果を表示
  4. 検索結果
    • 検索結果の右上の + をクリックすると表示される favicon をクリックすると再検索する
    • 検索結果の左側の favicon をクリックすると検索結果ページを新規タブで開く
    • 検索結果エリアをクリックするとその検索結果が閉じる
    • それ以外の場所をクリックすると全検索結果が閉じる
  5. SuperDrag Extension で使う
    1. 「FastLookupSelectedText」アクションが追加されるので、それを SuperDrag Extension の選択範囲メニューに追加
      • 「SuperDragOption」→「選択範囲」→「新規」→
        キー:「Action:」、リクエスト:「FastLookupSelectedText」、名前:「適当に付ける(例:FastLookup)」
        →「OK」
    2. 上記設定後、選択範囲を SuperDrag して上記にて設定したアクションを実行すると、FastLookup される

設定

  • sleipnir で「about:fastlookup」にアクセスすると、設定画面を開きます。
  • 設定画面の UI は、流用元の navi ポップアップとほぼ同等となっていますので、使い方がわからない方は、本家 Fast look up JP and EN のページを参考にしてください。(手抜き)
  • なお、流用元ページなどへ、本 SeaHorse スクリプトに関する問い合わせは絶対に行わないでください。
  • キーボードショートカットを無効したい場合は、対象のテキストエリアで Delete キーを押下してください。
  • 修飾キーを無効にしたい場合は、対象のテキストエリアで Alt/Ctrl/Shift 以外のキーを押下してください。

履歴

  • ver 0.15 09/09/15
    • bingに対応
    • Quick Lookupでショートカット検索に対応
  • ver 0.14 09/08/20
    • goo辞書関連修正
  • ver 0.13 09/03/03
    • goo辞書のリニューアルに伴い修正
    • goo辞書(すべての辞書)を追加
    • リクエストエラーが発生した場合の処理を修正
    • SDE で FastLookup できるように
    • about:fastlookup でエラーが出ることがあったものを修正
    • about:fastlookup でキーボードショートカットを無効に出来るように修正(Delete キー押下で無効)
    • about:fastlookup で修飾キーを無効に出来るように修正(Alt/Ctrl/Shift 以外のキーを押下)
    • jQuery 1.3.2 にアップグレード
  • ver 0.12 08/11/04
    • 検索結果画面のリンクがおかしくなっていた不具合を修正
  • ver 0.11 08/07/30
    • 一部の文字が含まれている場合に、翻訳できていなかった不具合を修正
  • ver 0.10 08/07/09
    • 改行入りの英語翻訳を行おうとした際に、正しく翻訳されていない不具合を修正
  • ver 0.09 08/06/20
    • Sleipnir オプションの「フォーカスがなくてもホイールの回転を受け付ける」がオンの際に、検索結果上で、スクロール位置が一番上か下にある時にマウスホイール回すと、メインのページまでスクロールされるものを修正
  • ver 0.08 08/05/10
    • 設定画面のレイアウト修正
    • 設定画面でSearchカテゴリのアイテムをクリック時に動作がおかしかったので修正
    • 設定画面で翻訳or検索の設定が保存されていなかったので修正
  • ver 0.07 08/05/07
    • セキュリティ対策
    • 設定画面追加
    • settings.js が変更されています
  • ver 0.06 08/04/07
    • 別ドメインのフレームを含むページを表示した際にエラーが表示されていた不具合を修正
    • 検索結果ページの iframe にアンカー付き URL が指定されていた場合にブラクラ化していたものを修正
  • ver 0.05 08/04/04
    • フレームページを多用したページで固まることがあった不具合を修正
  • ver 0.04 08/04/03
    • 透過するか否かを設定できるようにした
    • 検索結果ポップアップの高さを設定できるようにした
    • settings.js が変更されています
  • ver 0.03 08/04/03
    • prototype.js が動いているサイトで正常に動作しなかった不具合を修正
    • 右上の + が見えなくなることがあったので、スクロールバーを常に表示するよう修正
  • ver 0.02 08/04/02
    • QuickLookup を実装
    • 検索結果エリアから他のエンジンで再検索できる機能を実装
    • Google翻訳を追加
    • ファイル構成を変更
    • 前バージョンをインストールしてる人は seahorse\lookupTranslation\ を削除するといいかも
    • 特定のサイトで描画が乱れていたので修正
  • ver 0.01 08/04/01
    • 新規作成

ダウンロード