What's new

さらに表示

庄司研究室について

レーザは21世紀の光エレクトロニクス社会を支えるキーデバイスであり,人類の生活をより豊かにするための新しいレーザの開発や応用研究が世界中で行われています.

当研究室では世界初の技術やオンリーワンの手法を確立し,それらを駆使することによって,レーザがより幅広い分野で利用されるよう,従来になく高い性能を持ち,かつ,真に使いやすいレーザを開発することを究極の目的としています.そのために,「レーザ材料の光学特性評価」,「高性能新規レーザの開発」,「レーザの新規応用分野開拓」を3本柱として,基礎から応用までを含む下記のようなテーマで,国内外の大学・研究機関・企業とも連携しながら研究を進めています.

  1. レーザ材料の光学特性評価・・・独自手法による新規レーザ材料および波長変換材料の屈折率・電気光学定数・非線形光学定数の精密測定 etc.
  2. 高性能新規レーザの開発・・・新材料・新方式を用いた小型・高効率・高出力レーザおよび紫外/赤外レーザ光発生用波長変換デバイスの開発 etc.
  3. レーザの新規応用分野開拓・・・医療および加工への新しい応用を目指したレーザ計測/制御システムの開発 etc.

研究内容の詳細についてはこちらをご参照ください.