Cognitive Development and Culture Lab

早稲田大学文学学術院 清水由紀研究室

Topics

  • 2021年4月 第32回土曜研のお知らせ(6/19 オンライン開催)

  • 2021年4月 2021年度のゼミに,新しいメンバーが加わりました。

  • 2021年3月 『教育と医学』2021年3・4月号(慶應義塾大学出版会)に「コロナ禍における子どもの暮らしの安全・安心ー発達心理学からみる子どもへの関わりー」と題した記事を寄稿しました。

  • 2021年2月 Journal of Experimental Social Psychologyに論文が掲載されました (Shimizu & Uleman, 2021)。

ニューヨーク大学との共同研究により,アイトラッカーで測定した他者の行動に対する注意の向け方の違いが,特性や状況の自発的推論の文化差を媒介している可能性を示しました。 ウィスコンシン大学グリーンベイ校との共同研究により,道徳場面への注視行動では日米差は見られない一方で,言語的な道徳的評価はアメリカの幼児の方が日本の幼児よりも早く発達することを明らかにしました。 ウィスコンシン大学グリーンベイ校との共同研究により,日米の乳児の気質の違いを,親による社会化の文化差の観点から明らかにしました。
  • 2020年4月 2020年度のゼミに,3年生12名,科目等履修生1名のメンバーが加わりました。

  • 2020年4月 早稲田大学文学学術院に着任いたしました。