日本婦人問題

懇話会の軌跡




1961-2001

■・・・私たちがつくっている 婦人問題懇話会は、 大きくはないが、たいそうユニークな人柄をもった 婦人の集まりである 。(略)各部会別の研究会をしているが、ここ二年ばかり婦人問題懇話会会報として、会員の間で 研究したり討論したりしたことを資料として発行しているが、現時点で問題になるテーマをとりあげるし、討論の内容が古い型にとらわれず、独創性があるためか、私たちが予想しないほど需要があるので驚いている。 私たちがこの会をはじめたのは十年も前になるけれど、とくに研究活動は このごろ活発になってきた。(略)みな女が働くとはいったいどういうことなのか?女は人間としてなんなのだろう?母性をもつということはどんな意味があるのだろう?それらを解明して、自信をもって女の一生を送りたいのである。そして現代から未来の社会に向かって生きる女の方向に見出したいと思っている


私たちはそういう問題を、今後もあらゆる角度から解明しようと試みるだろう。・・・

<田中寿美子編『近代日本の女性像』(社会思想社、昭和43年)所収田中寿美子によるあとがきより>

このサイトは日本婦人問題懇話会(Japan Women's Forum)同窓会有志によって、その活動を記録し、永く足跡を遺すためにつくられました。


new! 2017年5月21日、グーグル新サイトに移行し公開しました。


new! 2016年5月24日 第2回同窓会ビデオをアップロードし、サイト公開しました。


右の書籍購入をご希望の方はご連絡ください。

『社会変革をめざした女たち』ドメス出版 まで

『記録集 田中寿美子の足跡に学ぶ』 こちらまで

『山川菊栄・山川均写真集―イヌとからすとうずらとペンと』 山川菊栄記念会・労働者運動資料室編、同時代社刊、2016年3月




[クリエイティブ・コモンズ・ライセンス]

「日本婦人問題懇話会の軌跡」サイトはオノーレ情報文化研究所が作成しています。

クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承4.0ライセンスの下に提供されています。

引用形式が明示される場合は、その形式を守ってください。