観潮楼のいちょうサブレ

『森鴎外の旧居 観潮楼の庭に大きな銀杏の木があります。

そこでは、多くの文人仲間が集い、歌会なども開かれていました。

さまざまな歴史や人との交わりを見守り続けてきた大銀杏

今も昔も変わらず葉を付け、黄葉し、落葉を繰り返す

一枚の銀杏をお菓子で表現してみました。』