BM子どもネット研究会

(バイリンガル・マルチリンガル(BM)子どもネット研究会)



<左にメニューが見えない場合は、左上の3本の横線マークをクリックしてください>

<::::::::: 2020年度BM子どもネット研究会開催のお知らせ ::::::::::>

「2020年度バイリンガル・マルチリンガル子どもネット(BMCN)研究会 申し込み受付開始  <申込を締め切りました>

「令和2年(2020年)のBMCN研究会」の詳細が決まりました以下の通り、ご案内申し上げます。

皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。なお、今年度は、ポスター発表・相談デスクは行いません。その他、発表などの申し込み受付はありませんのでご了承ください。

◆参加にあたっての注意事項 こちらへ (参加の前にお読みください)  配布資料(中島和子PPT) こちらへ

日時:2020年9月12日(土曜日)日本時間 午前9時30分〜12時30分

◆開催方法:オンライン開催(Zoom会議システム)

◆定員:250名

◆参加費:無料

◆参加申し込み: ↓こちらからお申込みください。

Google form アドレス https://forms.gle/yfkmBU157mKJNdvv6

(申し込み受付が完了しますと、Google フォームから返信があります。もし返信がなかった場合は、メールアドレスに間違いがあった可能性があるので、事務局にお問い合わせください。)

※申し込み受付を完了された方には、大会1週間前をめどに、参加申し込みをされたメールアドレス宛にZoomアドレス、配布資料等のご案内をいたします。


◆プログラム:全体進行 嶽肩志江(横浜国立大学)

9:30 開会・「BMCNの活動と今後の課題について」 中島和子(BMCN研究会代表) 配布資料はこちら

趣旨説明 嶽肩志江(横浜国立大学・2020年度BMCN研究会実行委員長) 

9:50〜10:55 司会・進行 宮崎幸江(上智短期大学部)        

講演1:講師 石井恵理子 氏(東京女子大学教授、日本語教育学会会長、BMCN理事)

 「国内における年少者日本語教育と母語・継承語の育成―現状と課題」 配布資料はこちら

質疑応答

<休憩>

11:05〜12:15 司会・進行 櫻井千穂(広島大学)

講演2:講師 北 洋輔氏(国立精神・神経医療研究センター発達機能研究室室長、ヘルシンキ大学医学部客員研究員)

  「CLD児の保護者・教師・支援者に必要な発達障害・特別支援教育の基礎知識〜家庭と学校をつなぐために〜」

配布資料はこちら

質疑応答

12:15〜12:25 活動報告 鈴木庸子(国際基督教大学)・拝野寿美子(神田外語大学) 

 MCN広報グループ活動報告「母語による子育て啓発パンフレット(家庭向け)」「母子健康手帳プロジェクト」の紹介 他 

 報告資料 行政グループはこちら  啓発パンフレット・母子手帳はこちら 

 12:30 閉会 高橋悦子(日本ペルー共生協会)


<賛助金のお願い> 

これまでBMCN研究会の開催・相談室等の運営継続のための経費を、研究会参加費によりまかなってまいりました。今年度はオンラインでの研究会を無料で開催することといたしましたが、BMCNの趣旨や今後の活動継続にご賛同いただける方には、「賛助金」という形でのご支援を賜りたくお願い申し上げます。海外在住のみなさまにはご不便をおかけいたします。払い込みの期限は、会計の都合上、10月12日でいったん締めさせていただきますが、次回渡日の際あるいは、ご依頼できる方を通してご協力いただければ幸いです。

【賛助金 振込先】 一口 500円

ゆうちょ銀行

店名:〇一八(読み ゼロイチハチ)  店番:018

預金種目:普通預金          口座番号:5697153

口座名: バイリンガルマルチリンガルコドモネット


バイリンガル・マルチリンガル子どもネット(BMCN)代表 中島和子

2020年度BMCN研究会 実行委員長 嶽肩志江

実行委員 澁川 晶、武田知子、拝野寿美子


◆お問い合わせ:

2020BM子どもネット研究会実行委員会 Email:2020bmcn@gmail.com

BMCN事務局(高橋・鈴木)Email: bmkodomonet@gmail.com

BM子どもネット研究会ウェブサイト:https://sites.google.com/view/bmcn/BMCN-M

<::::::::BMCNオンライン国際フォーラムのお知らせ ::::::::::>

 BMCNでは, 国際交流基金「知的交流会議助成プログラム」から助成を受け,今年の10~12月にかけてオンライン国際フォーラム「日本語教育推進法に関する国際フォーラム~グローバル人材を育む海外の継承日本語教育推進のために〜」を実施いたします。

 令和元年に「日本語教育推進法」が制定され, 今年6月に「基本的な方針」が打ち出されました。海外に在留・定住する子どもの「継承語としての日本語教育」および国内の外国人児童生徒のための各種継承語教育の推進は、将来に向けての大事な投資であり, グローバル人材を国内外で育てることは日本にとって大変有意義なことです。このフォーラムでは, 世界各地の継承日本語教育団体関係者や有識者, 現場の教師や保護者等をつなぎ, 地域特有の情報を共有しつつ共通の課題を見出して, 今後の継承語教育の推進に向けて協力態勢を築くことを目的としています。

  プログラムは, 9月12日のBMCN研究会の石井恵理子氏の講演を皮切りに, 世界各地(北米, 南米, 豪州, アジア, 欧州)の代表者による「講演」の「録画ビデオ視聴」(10月), 録画講演についての「ディスカッション・セッション」(11月), 最後にまとめとして有識者等による「パネル・ディスカッション」(12月)を予定しております。ぜひ奮ってご参加ください。参加費は無料です。

 詳細は9月に入りましたら改めてご案内をさせていただきます。

BMCNオンライン国際フォーラム実行委員長 桶谷仁美


<::::::::: 過去の研究会 ::::::::::>

★2019年度BM子どもネット研究会2019年8月3日(日)9時半~17時 於国際基督教大学

★2018年度BM子どもネット研究会 2018年8月12日(日)9時半~17時 於国際基督教大学

★2017年度BM子どもネット研究会2017年8月20日(日)10時~17時於国際基督教大学

★2016年度BM子どもネット学習会2016年8月10日(日)10時~17時於国際基督教大学

*どの会も参加者100名を迎え盛況のうちに無事に終了しました。当日の配布資料、発表概要、ディスカッションのまとめ、参考文献およびアセスメントツールのリスト等は、下の活動の記録からご覧ください。

2020年5月31日更新

(2020年5月31日更新)

2019年度

2019年8月3日(日) BMCN第4回研究会開催 @国際基督教大学(三鷹市)

<報告書>

オンラインジャーナル『ICU教育研究62号(ICU Educational Studies, vol.62)』p.167-p.171「 2019 年度バイリンガル・マルチリンガル子どもネット 研究会―報告― (”Bilingual/Multilingual Child Network (BMCN) Annual Meeting, 2019: Report”)」 高橋 悦子 ・澁川 晶 ・小澤 伊久美

< 和 文はこちら > < English translateion Here >


<::::::::: 2019年度BM子どもネット研究会 配付資料他 ::::::::::>

※ 下のプログラムの下線部のクリックでスライド・配布資料等がご覧になれます。

2019年度BMCN研究会(2019/8/3, @ICU)

配布資料」(予稿集冊子、全36ページ PDF: 4409KB)オンライン版はこちら

プログラム詳細」(PDF)はこちら

9:30 開会、趣旨説明(中島和子) こちら

9:50-11:20 相談デスク(松田真希子、櫻井千穂、高橋悦子)

11:30-12:30 ポスター発表 @食堂Aエリア 概要はこちら (当日の「配布資料」に掲載のもの)

「ポスター」および「教材展示」の教材リスト等はこちら

(BMCN行政グループの発表概要(詳細版)もこちらにリンクがあります)

12:30-13:30 語り合いランチ(名刺交換)

13:30-15:00 「幼児期の子どもの読み書き基礎能力のアセスメントと力を伸ばすための働きかけ」(北洋輔)@2階国際会議室

15:15-16:45 「大阪発『母語をなくさない日本語教育』ー日本で可能か」(真嶋潤子、于涛(イ タオ)、櫻井千穂)@2階国際会議室

16:45-17:25 特別課題

「「日本語教育の推進に関する法律」と今後の課題 」(小貫大輔、石井恵理子) PPTはこちら

「推進法の成立を踏まえた海外継承語教育機関の課題」(カルダー淑子)

⇒ 資料: 「日本語教育推進基本法案成立に向けてー在外日本語教師からの要請」 (PDF版)

参議院(2019)「日本語教育の推進に関する法律」(参議院ウェブサイト「議案情報 第198回国会」の「成立法 律のPDFファイルは、こちらでご覧いただけます」よりダウンロードできます)

17:30 閉会 (桶谷仁美先生)

※参考資料

野津隆志(2010)「母語教育の研究動向 「なぜ母語教育は必要か」についての主張や理論の整理 」 (「多文化な子どもの学び」⇒「母語教育の研究と動向」から、research.pdf としてダウンロードできます


<::::::::: 2019年度BM子どもネット研究会開催のお知らせ ::::::::::>

*参加申し込みの方が定員に達しましたので、今後のお申込みはキャンセル待ちとさせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。 研究会は盛況のうちに終了いたしました。皆様ありがとうございました。


日時:2019年8月3日(曜日)9時半~17時半

会場:国際基督教大学 東ヶ崎潔記念ダイアログハウス 国際会議室及び食堂Aエリア

交通アクセスキャンパスマップ(17番の建物です)

プログラム:⇒ こちらからダウンロードしてご覧ください

参加費(資料代):1500円(学生証の提示にて500円になります)

定員:100名

参加申し込み:⇒こちらのフォームからお申込みください。 https://forms.gle/Un6ZcQwrNN74kwhQA

ポスター発表・相談デスク申し込み:⇒こちらからダウンロードしてご覧ください。 (MS word 版の申し込みフォームは事務局まで)

後援:国際基督教大学教育研究所・グローバル言語教育研究センター


★皆様のご参加をお待ちしています。(2019年4月30日)

BMCN代表 中島和子

開催校実行委員 小澤伊久美・澁川晶・武田知子

BMCN実行委員 宮崎幸江・拝野寿美子・島田かおる

広報 嶽肩志江・桶谷仁美


お問い合わせ:BMCN事務局 鈴木・高橋 Email: bmkodomonet@gmail.com

*ポスター発表ためのMS word 版申し込みフォームもこちらの事務局メールアドレスにご請求ください。


2018年度

2018年8月12日(日) BMCN第3回研究会開催 @国際基督教大学(三鷹市)

<報告書>

オンラインジャーナル『ICU教育研究61号(ICU Educational Studies, vol.61)』「 所報 Annual Report」(p. 115-130)

和 文はこちら > < English translateion Here

※所報 の p.123-130 に「2018年度バイリンガル・マルチリンガル子どもネット研究会」("Bilingual/Multilingual Child Network (BMCN) Second Annual Meeting, 2018 ")のタイトルでプログラム・発表概要・参考文献を掲載しています。


<研究会当日の配布資料など> カーソルを合わせてクリックするとダウンロードできます。

↓ ※下線の部分にカーソルを合わせてクリックするとpdfファイルを開くことができます。

◆プログラム(当日配布版)⇒ こちら

◆当日配布資料と発表のまとめ等:

1.趣旨説明〔PPT〕(中島和子) ⇒ こちら

2.相談デスク報告(相談・話し合いのまとめ) ⇒ こちらへ

(★当日配布資料:相談デスクの相談の概要 ⇒ こちらへ

3.ポスター発表

(1)「高等学校におけるCLD生徒の日本語教育の現状と課題―社会を生き抜くためのリテラシー育成の観点から―」 澤口哲弥 発表概要 ポスター(参考文献付き) 発表のまとめ

(2)「長後小学校国際教室の実践報告~外国につながる子どもたちの自尊感情形成に向けての取り組み」齋藤智慶 発表概要 ポスター原稿(使用図書情報入り)

(3)「地域での母語継承活動の意義」 神山英子 発表概要 ポスター 発表のまとめ

(4)「外国につながる子ども達の支援グループと行政機関との連携に関する調査―<中間報告>」 石井恵理子・桶谷仁美・嶽肩志江 発表概要 ポスター1ページ目 ポスター2ページ目 発表のまとめ

(5)「日本語を話せない子どもの心理アセスメント:スウェーデン語母語児の知能・学習検査の事例」奧村安寿子・北洋輔・加賀佳美 発表概要 ポスター 発表のまとめ

(6)「啓明学園初等学校・中学高校国際学級事例報告 FCのケース」山下一枝・島田かおる 発表概要

(7)「広報グループの取組-啓発パンフレットについて- 」 BMCN広報グループ(拝野寿美子・末永麻子・鈴木庸子・服部珠予・森典子・柳瀬千恵美) 発表概要 ポスター 発表のまとめ

(8)「母子健康手帳のプロジェクト」BMCN広報グループ 発表概要 ポスター 発表のまとめ

(9)「DLAによる発達に関する見立てーあるブラジル系児童のケースを通して」櫻井千穂・鎌田圭甫・権藤桂子・塘利枝子・田中裕美子 【資料非公開】

4.「海外・国内におけるバイリンガル・マルチリンガル児の発達支援の実際 ―言語教師に何ができるか?」 講師: バーンズ亀山静子氏 )

5.特別課題

(1) 「多言語環境児に対する特別支援教育適用の判断について」 柴崎敏男氏

(2) 「日本語教育推進基本法案(要綱)」カルダー淑子氏・石井恵理子氏

日本語教育振興基本法案の成立に向けて−在外日本語教からの要請」 (「にほんごぷらっと 、記事 「日本語教育推進基本法の原案への海外からの声 」内 )

日本語教育推進基本法案(仮称)政策要綱」(日本語教育学会ホームページ)

2017年度

2017年8月20日(日) BMCN第2回研究会開催@国際基督教大学(三鷹市)

<報告書>

【ICU教育研究60号(ICU Educational Studies, vol.60) 所報】和文

ICU教育研究60号 (ICU Educational Studies, vol. 60)所報】の翻訳 English Español

※所報 p.138-147 に「2017年度バイリンガル・マルチリンガル子どもネット研究会」("Bilingual/Multilingual Child Network (BMCN) Second Annual Meeting, 2017 ")のタイトルでプログラム・発表概要・参考文献を掲載しています。


<研究会当日の配布資料など> カーソルを合わせてクリックするとダウンロードできます。

【参考】アセスメントツールのリスト

プログラム⇒こちら

◆当日配布資料(一部発表資料・オンライン公開版):

1.趣旨説明・用語説明(中島和子)⇒こちら

2.ポスターセッション: 「行政との連携」⇒こちら 、「パンフレット『子育てのことば』(広報)」⇒こちら、「日本人保護者向け質問票」⇒こちら 、「DLA‗入門編」⇒こちら

3.フォーラム「つまずく子どものためのアセスメント」:

「特別支援教育におけるアセスメント」(高橋登)〔パワーポイント修正版〕⇒こちら

「バイリンガル児・マルチリンガル児と発達障害」(松井智子)⇒こちら 文献リスト⇒こちら

「WISCその他―現場で必要なアセスメントツール」(奥村安寿子・島田かおる)⇒こちら 文献リスト⇒こちら

「DLAでわかるつまずく子どもの実態」(櫻井千穂)〔オンライン公開版〕⇒こちら

◆報告書:

1.趣旨説明・用語説明(中島和子)発表概要 ⇒こちら

2.リミテッド状況相談デスク概要・相談7件の背景・内容と回答のまとめ ⇒ こちら

3.ポスターセッション: 発表概要・文献リスト(4件)⇒こちら 日本人保護者向け質問票 ⇒ こちら パンフレット「子育てのことばー児童館から見えたこと」⇒こちら

4.フォーラム「つまずく子どものためのアセスメント」:

・「特別支援教育におけるアセスメント」(高橋登)

「バイリンガル児・マルチリンガル児と発達障害」(松井智子) ⇒こちら

「WISCその他―現場で必要なアセスメントツール」(奥村安寿子・島田かおる)⇒こちら

「DLAでわかるつまずく子どもの実態」(櫻井千穂)⇒ こちら

2016年度

2016年8月10日(水) BMCN第1回学習会開催@国際基督教大学(三鷹市)。

【報告1】 「学習会第1部 趣旨説明と実践報告 概要」及び「参考文献リスト」 こちら

【報告2】 「学習会第2部 6グループに分かれての話し合いまとめ」 こちら

【ICU教育研究59号(ICU Educational Studies, vol.59) 所報】こちら

ICU教育研究59号 (ICU Educational Studies, vol. 59)に投稿した報告書の翻訳 English 中文 Español