最新情報(2017年6月18日更新)

東欧史研究会会員各位

下記のとおり、東欧史研究会7月例会を開催いたします。皆様のご参加をいただければ幸いです。

東欧史研究会7月例会

個人報告:
久米 彩也加 氏「18世紀後期オーストリアの女子教育―シュタイアーマルク・グラーツを例に―」(仮)

中澤 拓哉 氏「社会主義期モンテネグロの学校教科書における民族史」(仮)

日時:2017年7月8日(土)14:00~17:30
場所:早稲田大学 本部キャンパス16号館404教室
アクセスマップ:https://www.waseda.jp/top/access/waseda-campus

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
東欧史研究会会員各位

 東欧史研究会とハプスブルク史研究会は、2017年10月7-
8日に個別研究報告会を共同で開催いたします(会場予定:大東文化大学)。つきましては、以下の要領で報告者を募集いたします。ふるってご応募ください。また、会員の皆様には、お知り合いの研究者のご推薦をお願いいたします。
 なお、この報告会は個別報告会の一層の充実を図るため、いわゆる「若手」以外の研究者のご報告もお待ちしております。
 また本報告会も10年目を迎え、二度目の報告をされる報告者の方も増えてまいりました。長年の研究の成果を共有することも本報告の趣旨かと思いますので、既に報告された方のご応募も、お待ち申し上げております。
 東欧史、ハプスブルク史に関係する広い分野での報告を期待しています。



2017年度東欧史研究会・ハプスブルク史研究会合同個別研究報告会 報告者募集要領

開催日:2017年10月7日(土)・8日(日)
※発表者数が少ない場合には、7日(土)のみの一日開催の場合もございます。

開催場所:大東文化大学(予定)

内容:個別研究報告(自由論題) 卒論報告・修論報告・博論準備報告など

報告時間:約40分(ほかに質疑応答約30分)

 応募方法:下記を、7月10日までに、東欧史研究会委員会(阿南:daianamisch@gmail.com)にお知らせください。

1.氏名・所属
2.報告題目(仮題可)、または研究テーマ
3.連絡先(e-mailアドレス明記のこと)

※個別研究報告会のプログラム詳細は、応募締切後にお知らせいたします。
※応募多数の場合は、報告者数を調整する可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

以上

2017年6月
東欧史研究会委員会 阿南 大
daianamisch@gmail.com
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
東欧史研究会会員各位

分科会「読書会:軍政国境地帯」についてご案内いたします

どうぞ宜しくお願い申し上げます。

「読書会:軍政国境地帯」の水域(海や川)に関する勉強会

・日時:2017年7月1日(土) 15:00~18:00
・場所:明治学院大学白金校舎 本館7階教養教育センター共同研究室
・報告者:前田弘毅氏(首都大、イラン・グルジア史)
・タイトル:「境界史」と「二つの海の間」:東欧・コーカサス/カフカス比較史からの展望

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
東欧史研究会会員各位  2017年度東欧史研究会総会資料に関して

 5月31日に、会員メーリングリストにて2017年度東欧史研究会総会資料をお送りしました。万一、不達のかたがいらっしゃいましたら、ご連絡いただきたく存じます。
 また、お送りした総会資料の中の「雑誌在庫処理に関する総会議題への問い合わせについて」でもお伝えしたように、同案件に関しましてご要望・ご意見がございましたら、2017年7月15日までに本会事務局までメール・郵送またはFAXでご連絡下さい。皆様のご要望・ご意見に係り、7月末を目途に本会委員会での協議結果をご返信いたします。

以上
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------   
東欧史研究会会員各位

「報告者交通費手当支給制度」についてのご連絡

2017年度総会(4月22日開催)で承認された通り、本会主催の大会及び例会における報告者の内、
遠方(会場より100km圏外)に居住する方には交通費手当として上限2万円まで支給する制度を設立しました
(ただし常勤職に就かれている方及び学術振興会特別研究員は対象外です)
報告予定者で手当支給を希望する方は本会事務局アドレス tououshi[at]gmail.com([at]を@に変えてください)までご連絡下さい。

以上
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
東欧史研究会会員各位

『東欧史研究』の電子化・公開に係る著作権処理に関する

著者ならびに著作権継承者の皆様へのお願い

 東欧史研究会では、2014年度総会において『東欧史研究』のバックナンバーを電子化し、ウェブ上で公開することを決定いたしました。これまでどおり冊子体での発行は継続し、一定期間を経た雑誌バックナンバーをウェブ上で閲覧・検索可能とする準備を進めてまいります。

 つきましては、これまでに『東欧史研究』にご寄稿いただいた著者の皆様から、著作権の利用許諾をいただく必要がございます。略儀にて大変失礼とは存じますが、本件にかかわる権利処理につき下記のとおりお願い申し上げます。本件に関しご異議、ご質問等ございましたら、20151231までに、末尾記載の連絡先までご連絡ください。なお、特段のお申し出がない場合、許諾をいただいたものとして処理させていただきたく存じます。上記期限日以降は、準備が整い次第紙面を公開してまいりますが、その後お申し出があった場合には個別に対応させていただきます。

 著者ならびに著作権継承者の皆様におかれましては、本件にご賛同くださり、著作権の利用許諾についてご理解賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

 記

 雑誌『東欧史研究』に著作物を掲載された著者ならびに著作権継承者の皆様に、以下の点のご確認とご了解をいただきますよう、お願い申し上げます。

(1)著作権は、これまでどおり著者ならびにその著作権の継承者に帰属するものとする。

(2)『東欧史研究』バックナンバーの紙面を電子化すること(著作権の一部「複製権」の利用)を、東欧史研究会に許可する。

(3)電子化した『東欧史研究』の紙面を、「総合電子ジャーナルプラットフォーム(J-Stage)」等の媒体で公開すること(著作権の一部「公衆送信権」の利用)を、東欧史研究会に許可する。

                                                                    2015331日 東欧史研究会

                                                      

本件に関するお問い合せ先

東欧史研究会 雑誌電子化担当: 飯尾 唯紀

E-Mail: tououshi[at]gmail.com[at]@に変えてください)

153-8902 東京都目黒区駒場 3-8-1

東京大学教養学部ロシア語共同研究室内東欧史研究会