トップページ

「ハルビン・ウラジオストクを語る会」は、旧満洲、ロシア極東における日本とロシアの関係を考える人々が集まって結成された組織です。
年に1度のペースで、雑誌『セーヴェル(Север)』を発行しています。
2016年春にウェブサイトを開設しました。
雑誌『セーヴェル』の情報の他、様々な活動に関するお知らせを掲載していく予定です。

お知らせ(News)
  • 2017年1月8日(日)にレストラン・キエフ(京都)で開催した新年会・研究会の写真を掲載しました。
  • 2016年7月9日(土)に大阪大学で国際シンポジウム「女たちの満洲とその後」を開催いたします。1945年当時の旧満洲を体験された日本人女性とロシア人女性をお招きし、女性にとっての「満洲 1945年」を語っていただきます。詳細は「行事のお知らせ」ページをご覧ください。
  • 2016年4月に『セーヴェル』32号を発行しました。
  • 2016年5月にウェブサイトを開設しました。 
【キーワード】セーヴェル、セーベル、Север、Журнал "Север"、旧満洲、満州、ロシア、ハルビン、ハルピン、哈爾浜、哈爾賓、Харбин、ウラジオストク、ウラジオストック、浦潮、浦塩、Владивосток、エミグラント、移民、居留民、亡命