Home

Hot News

  • 平成30年度 科研費(基盤研究C)が採択 平成30年度 科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金 基盤研究C、研究代表者:濵田芳男)「アルツハイマー病克服を目指した β- および η-セクレターゼ阻害剤の開発」の交付が内定しました。審査をしていただいた審査員の先生方に感謝いたします。  
    Posted Sep 5, 2018, 8:29 PM by 浜田芳男
  • F1000Primeの推薦論文に選ばれました。 浜田の論文がF1000Prime の推薦論文に選定されました。F1000Prime は医学・生物学分野の論文から最も重要な論文を選び、公表しています。毎年、ノーベル賞受賞者を予測しているトムソンロイターの評価方法は被引用度を重視していますが、F1000Prime は論文内容の医学・生物学における貢献度・重要性を重視しています。F1000Primeに選ばれる論文は全世界の論文数の上位2%程度で、かなり狭き門となっています。リンク先:
    Posted Jun 14, 2016, 11:39 PM by 浜田芳男
  • 平成26年度 科研費(基盤研究C)が採択 平成26年度 科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金 基盤研究C、研究代表者:濵田芳男)「アルツハイマー病克服を目指したアミロイド凝集およびBACE1の阻害剤開発」の交付が内定しました。審査をしていただいた審査員の先生方に感謝いたします。
    Posted Mar 31, 2014, 11:53 PM by 浜田芳男
  • ACS Med Chem Lett の表紙を飾りました。 米国化学会 ( ACS ) が発行している学術専門誌 ACS Med. Chem. Lett. ( 2012年 Vol.3 ) の表紙に濵田の研究成果が大きく紹介されました。また、最初のページにもハイライトとして濵田の論文が紹介されました。世界最大の学会組織としても知られている ACS から濵田の研究が認められたことは、日本人として非常に光栄なことです。     ACS のホームページにも濵田の論文が紹介されました。            
    Posted May 26, 2014, 1:18 AM by 浜田芳男
  • 平成23年度 科研費(基盤研究C)が採択 平成23年度 科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金 基盤研究C、研究代表者:濵田芳男)「アルツハイマー病の統合的創薬研究」の交付が内定しました。審査をしていただいた審査員の先生方に感謝いたします。研究代表者として今後もアルツハイマー病の研究を全力で推進していきたいと思っております。
    Posted May 11, 2011, 7:51 PM by 浜田芳男
Showing posts 1 - 5 of 8. View more »

スライドショー


濵田芳男について
 創薬研究者
薬学博士、薬剤師、危険物取扱者甲種
   主な専門領域:創薬科学、計算化学、天然物化学(単離・構造決定・全合成)、ペプ チド化学、糖鎖化学、ケミカルバイオロジー
  企業のバイオ研究所で研究員(研究チームリーダー)として勤務。博士号取得後、京都薬科大学21世紀COEプログラム所属教員として勤務。
現在は神戸学院大学・薬学部に所属。

所属学会: 日本薬学会、日本病態プロテアーゼ学会、日本ケミカルバイオロジー学会、日本ペプチド学会

これまでの研究
  • 薬剤耐性ウイルスに有効な次世代HIVプロテアーゼ阻害剤およびそのプロドラッグの開発
  • アルツハイマー病の根本的治療薬として有望なBACE1阻害剤の設計
  • ペプチド化学を基盤としたケミカルバイオロジー研究
  • 有機合成(ペプチド、糖鎖、生理活性物質)
  • 分子イメージング・PETプローブの合成研究
  • 天然物化学
  • 化学修飾による酵素の安定化
  • 高性能DNAシークエンシング用電気泳動ゲルの開発
Comments