ホーム



日本光合成学会若手の会のホームページです。
最近の光合成研究は、光合成の素過程を詳細に解析していく上では、生物物理学、有機化学、生化学などの知識・技術が必要となる一方、光合成をマクロな視点で捉えようとすると、生化学、生理学、細胞生物学、生態学などの知識・技術が必要になっています。しかしながら、1人の研究者がこれらの幅広い学問領域を深く理解し、その技術を習得することはほぼ不可能に近いのではないでしょうか?このような状況の中では、お互いの研究分野・背景を理解した上で、適切な共同研究を行っていくことが重要になると考えられます。

幅広い研究分野の研究者が集まっている光合成学会こそ、このようなニーズに答えるべき学会であって欲しいと考えています。光合成学会では年に一回のシンポジウムと不定期にワークショップを開催しています。しかし、それだけでなく、もっと積極的に学生や実際に手を動かしている研究者がお互いの研究を発表し合い、ディスカッションをする場が必要だと感じていました。

先に開催された、2009年度日本光合成研究会シンポジウム後に、会員である学生・研究者20人程に集っていただき、光合成学会の今後や光合成研究の展望などについて自由に話し合う機会を持ちました。その際、光合成研究の学際性について上記のような交流の場についての提案を行ったところ、多くの賛同が得られました。そこで、ここに若手の会を立ち上げることとなりました。

年二回のセミナーと、HPやメーリングリストを通じて、研究者間コミュニケーションの充実を目指しています。
若手研究者、特に学生の皆様の積極的な参加を期待しています。

興味のある方は、↓にお問い合わせ下さい。

光合成若手の会 
榎本 元 (東京大学大学院 総合文化研究科 広域科学専攻 生命環境科学系・助教)
e-mail: genenomoto(a)bio.c.u-tokyo.ac.jp (a)を@に変換してください。