マーストリヒトについて

About Maastricht

マーストリヒトは、マース川沿いのオランダ最古の都市です。また、オランダ最南端のリンブルグ州の州都で、ベルギーとドイツの国境に接しています。オランダ西部の都市と雰囲気も街を歩く人もなんとなく違う、グルメとファッションの町です。郊外には、オランダには珍しい田園の丘陵地帯が広がり、春になると美しい樹木が花を咲かせます。(Holland.com より)

マーストリヒト観光案内はこちらから

マーストリヒト日本語補習校の場所

私たちの補習校は、オランダ・マーストリヒト市に位置しています。

マーストリヒト市はオランダ最南端に位置する人口12万人程の街です。1991年に欧州連合(EU)設立のために結ばれたマーストリヒト条約の締結地としても知られています。

市内からドイツの国境まで車で約30分、ベルギーの国境 まで約20分という土地柄のため当校に在籍されている生徒さんたちは、マーストリヒト近郊だけでなく、ベルギーやドイツ 方面からも通われています。とても国際色豊かな場所です。

ベルギーのリエージュ (Liege)、ハッセルト (Hasselt)、ゲンク (Genk)、ブラッセル(Brussels)近郊、ドイツ側ではアーヘン (Aachen)、デュッセルドルフ (Duesseldorf)近郊から車で一時間ほどです。オランダ内でも、アイントホーフェン (Eindhoven)、フェンロー (Venlo)方面から通学されている生徒さんもいます。