Home

京都大学農学部/大学院農学研究科 昆虫生理学研究室の公式HPです

最新のお知らせ

  • [セミナー] 2017/9/15(金)中村太郎博士(Harvard University) 9/15金曜日にボストンでポスドクをされている中村太郎さんにセミナーをしていただきます。中村さんはフタホシコオロギにいろいろなツールを適用して、細胞の動きを可視化した定量的な解析に取り組まれています。ご興味ある方、ご来聴歓迎いたします!タイトル:細胞動態の定量的解析による昆虫の初期胚発生システムの制御機構と進化講演者:中村太郎さん(Harvard Unversity, Cassandra Extavour Lab: http://www.extavourlab.com/people/nakamura.html)日時:9月15日(金)16:00-17:00場所:農学部本館E103(地図中10番の建物内です)http://www.kais.kyoto-u.ac.jp/japanese/access/なお、セミナー終了後18:00より、農薬研究施設1Fセミナー室にて懇親会を行う予定ですので、お気軽にご参加ください。
    投稿: 2017/09/08 2:27、Takahiro Ohde
  • The 3rd International Insect Hormone Workshop at Nasu 7/9-14の間、那須で行われた国際昆虫ホルモンワークショップに参加しました。2年に1度、世界の昆虫ホルモンの研究者が一同に会して行われる、極めて重要な学会です。有意義なディスカッションと情報収集ができました。乾君がオーガナイズしてくれたライトトラップも盛況で、海外の方も喜んでくれたようです。次回は2019年の夏に、ギリシャのクレタ島で開催される予定です。良い発表ができるようにがんばりましょう。集合写真講演中の大門(リスボン水族館のTシャツで)ライトトラップの様子カラオケでうたう乾君
    投稿: 2017/08/02 18:23、Takaaki Daimon
  • Xavier Belles博士の訪問(7/5-25) 日本学術振興会外国人招聘プログラム(短期)で、バルセロナのXavier Belles博士を日本/京都に3週間招聘しました。セミナーやディスカッションを通じて有意義な交流を行うことができました。期間中は国際学会に一緒に参加したり、国内の他大学・研究機関を訪問していただきました。Belles先生も日本滞在を楽しんでいただけたようです。農薬研合同での welcome party(すき焼き屋にて)
    投稿: 2017/08/02 17:59、Takaaki Daimon
  • [研究成果/投稿論文] カイコの前胸腺刺激ホルモン(PTTH)をノックアウト解析した論文がアクセプトされました。PTTHがエクジソン生合成に必須では「ない」ことをダイレクトに証明しました。Miwa Uchibori-Asano, Takumi Kayukawa, Hideki Sezutsu, Tetsuro Shinoda, Takaaki Daimon (accepted) Severe developmental timing defects in the prothoracicotropic hormone (PTTH)-deficient silkworm, Bombyx mori. Insect Biochemistry and Molecular Biology.
    投稿: 2017/06/12 2:21、Takaaki Daimon
  • 大出高弘助教が着任 6月1日付けで大出高弘博士(前・基礎生物学研究所助教)が当分野の助教に着任されました。(そして昼休みにはさっそくソフトボールに参加していただきました;突然ですみません)夕刻から「施設」で大出さんの歓迎会&辞令交付式を行いました。新しくスタートする昆虫生理学研究室をみなさまよろしくお願いいたします。
    投稿: 2017/06/01 17:27、Takaaki Daimon
1 - 5 / 19 件の投稿を表示中 もっと見る »



〒606-8502 
京都市左京区北白川追分町 京都大学北部構内 旧農薬系研究施設 
昆虫生理学分野
TEL/FAX: 075-753-6308 


サブページ (1): お知らせ/News