ブレスレット・バングル修理

ブレスレット・バングルの修理

変形してしまった・折れてしまった・曲がってしまった・切れてしまった・小さくしたい・大きくした等のご希望をお知らせ下さい。

何でもお困りごとをお問い合わせ下さい。

お問い合わせはこちらからお願い致します。

★メールをお出し頂きまして、何の返事も無い場合は、メールが届いておりません可能性が御座います。再度ご連絡下さい。私共は必ずご返事を差し上げます。 宜しくお願い申し上げます。

直接ご依頼方法は、直接ご来店頂くか、直接お品物をお送り下さい。直接送ります場合は修理内容とご連絡先を明記頂きまし下記住所宛へお送り下さい。

お品物を詳細に調べまして修理の可否とお見積もりをお知らせ致します。お客様がご了解頂きましたら、修理をお進め致します。尚、ご了解頂けませんときは

お客様送料ご負担にてご返送致します。 詳細はこちらへ

34 バングルが折れてしまいました。石付きです。

バングルはとても簡単に折れるようです。ただし、長年使われていますとある日突然にポキット折れてしまうみたいです。前にも私共のページに記載しましたが、バングルを装着します時と外します時にどうしてもバングルを広げます動作が入ります。これが曲者で、短い期間であれば問題はないのですが、長い期間、この動作を繰り返しますと金属疲労を起こします。この様な力の掛かり方にはとても弱く限界が来まして亀裂が入ったり、折れてしまったりします。これはバングルの厚さが厚いものでもある日突然に折れてしまします。また、修理は簡単に考えますと折れた部分だけをロウ付けを行いまして付ければそれで良い様に思いますがロウ付けの際に温度が900度程度まで上がりますのでロウ付けを行いました回りの部分の金属が熱によりましてナマされてしまいまして柔らかくなりますので、このままご使用いただきますとすぐにまたロウ付けしました回りの部分から折れてしまいます。特にシルバーのバングルはシルバー自体がとても柔らかい材料ですのでこのようなことが顕著に起こります。そこで私共では、同じシルバーの板材によりまして補強を入れましてロウ付けをおこなしまして、再び御使用頂ける状態にいたします。

ブレスレット仕上げ直し、ペンダントトップ・ネックレス仕上げ直で両法で修理代金は、¥13,000円かかりました。

33 ブレスレット・ペンダントトップネックレス変色を綺麗にします。

こちらの商品は、お気に入りで長い間ご使用したそうです。本物ですが、メッキによります仕上げの為長い間には仕方ないのですが、表の金メッキが剥がれてしまいます。お客様はお気に入りのお品物でしたのでとても落胆しておりました。私共にお持込でご相談を頂きました時は、不安なご様子でしたが、新品のように元通りとは行きませんが綺麗にすることは可能である事をお伝えしましたら顔が笑顔に変わっておりました。そちらの仕上げ直しでお引き受けしまして、仕上げ直しを行いますと想像以上で金属に穴が飽きますほど汗によります侵食をしております部分も御座いましたが、お預かりの状態より綺麗に仕上げ作業を行いまして、メッキを行いましてお客様へお渡しとなりました。お客様はとても驚きまして新品に戻ったようですと大喜びでした。取りきれませんでしたキズ等をご説明しましても全然気になりませんと仰っしゃりまして喜んでさっそくおつけになりまして、帰っていきました。尚、こちらはブランド商品の注意事項をご参照ください。

ブレスレット仕上げ直し、ペンダントトップ・ネックレス仕上げ直で両法で修理代金は、¥8,000円かかりました。

33 シルバーブレスレット割れ補強入り修理について

シルバーのバングルの折れ修理ご依頼につきましては、相変わらず多数ご依頼を頂きます。そこで今回は、シルバーのバングルがなぜ折れてしまうのか、折れやすいのかをお知らせ致します。silverの素材自体が材料としましてはとても柔らかい材料である事。silverは、希少性の高い金属である事は良くご存知と思います。が、silverが柔らかいのは知らないと思います。またバングルの性質上ご使用にはバングルを広げ、さらに小さい時にはもっと広げます。広げ過ぎるとバングルを押し縮めます。これは、他の金属でいつの日にか経験しております、金属を曲げたり伸ばしたりすると折れるのと、同じで毎日バングルをつけたり外したりします時に同じことが起きます。また、バングルはアクセサリーであるために柄が入ったり別の飾りを付けますと段の部分凹みに力が極度に集中して折れます。それと修理の際にロウ付けによりsilverの金属のロウ材を900度程度の高温にして折れた部分を付けますがこれは、鉄を真っ赤にすると簡単に曲げることが出来ますあれと同じで、折れた部分だけのロウ付け修理では、またすぐに他の部分が折れます。そこで修理の際には補強を入れましてその他の部分も強度増しますように修理しまして長く使えるようにしております。

シルバーバングル折れ修理代金は、15,000円寄りとなります。

32 象牙ブレスレットゴム伸び修理

ご愛用の象牙のブレスレット長い間ご使用のため繋いでおりますゴムが伸びてブレスレットの役目を果たさなくなりました。私共へ修理のご依頼です。修理としましては私共では比較的行いやすい部類になります。ただし象牙は経年劣化がございますので割れませんように細心注意を払いませんといけません。ゴムを新しく通し直しますとブレスレットの形状に戻りました。

修理代金は、3,000円となります。

31 シルバーバングル金メッキ折れ修理

こちらは、シルバーバングルなのですが金メッキを施しておりますバングルです。折れてしましましたバングルは、羽根の形ですので隙間が多くて強度は細いバングルと同じになり強度が弱いので折れやすくなります。こちらの修理依頼ですがやはり裏側に補強を入れませんと再びご使用いただけるほどの強度を出すことが出来ません。裏側全面に入れた方が強度は増すのですが、羽根の風合いが無くなります。ですので裏側の芯の部分になるべく太くしかしながら表から見たらそれほど変わらないように補強を入れましてロウ付けしました。裏側から見ますと補強を入れました跡がわかりますことをご了承下さい。その後仕上げ作業を行いますが、最後に金メッキを行いますので以前の金メッキが残っていないように最終仕上げを行います。その処理後金メッキ処理をおこなしまして完成となります。

修理代金は、15,000円からとなります。

30

シルバー、K18

バングル折れ修理

こちらのバングルはよく見かけますバングルです。ところが修理のご依頼も大変多いバングルです。とてもシンプルで、おしゃれなバングルなのですが折れ修理のご依頼はとても多いバングルの1つでございます。それと折れます場所もほぼ決まっておりまして、K18のノセコのそばでシルバのバングル本体部分になります。こちらに載せましたお品物と同じ部分となります。バングルは腕に付けます時また、バングルを取り外します時に必ず広げることになりますこれが毎回毎回付ける時と外す時に反り返りを行いますので、しょっちゅうおたったり伸ばしたりして、金属疲労を起こします。更にこの堺部分に応力集中が起きまして結果折れてしまします。かなり厚みがあっても幅があっても折れて修理ご依頼がございます。更に厄介なのは、素材がシルバーですので柔らかい素材ですのでろう付けだけでは折れてしまいますので、私どもでは裏側にシルバーで補強をお入れしての修理となります。これによりまして、再びご使用できます強度を保っております。

こちらは修理代金は、¥15,000円となりました。

29

ビーズタイプ伸びるゴムタイプブレスレット

ゴム交換も行います。

よくお電話でのお問合せを頂きますが、ビーズブレスレットのゴム交換取替も行います。シリコン製の伸びますゴムへの対応となります。

修理代金は、2,500円です。

28

ブランド商品の飾り折れ修理出来ます。

此方のブレスレット飾りの一部が出っ張っています。冷静に考えたらこのサイズの飾りでしたらすぐに引っ掛かって折れてしまうのは当然です。でもブランド商品ですでので此方をお読み下さい。お客様は、ブランドの象徴が折れてしまいましてとてもガッカリしております。シンボルの飾りがポッキリ折れてしまいまして何だか分からなくなってしまっております。やはりこのシンボルマークの飾りをつけて修理をご希望です。私共の所に来られまして、なんとか元に戻して、又シンボルマークが判るように戻したいとシキリに私共へご説明下さいました。幸いに私共の技術でなんとかお客様のご希望に添えるので、修理は可能ですが、一度折れてしましました部分は強度は弱まります事をお知らせしましたのと裏側に補強をお入れして溶着をしまして、なんとか補強強度の増強を行います旨のご説明を行いまして修理に取り掛かりました。

修理代金は10,000円以内となりました。

27

メッキチェーンのブレスレットクサリ切れ修理

メッキクサリのブレスレットのクサリ切れ修理のご依頼です。ご依頼はどうしても修理をして再びご使用になりたいので直してくださいとのことでした。全ての商品が治るわけではないですが、切れたブレスレットを拝見させて頂きました所、此方のブレスレットは修理可能であることが判明しました。その事をお客様へお知らせしましたらとても喜んでいらっしゃいました。私共では比較的簡単な修理になります。切れてしまいましたクサリの形状と同じ様なクサリを私共の仕入先全てよりお探ししまして似たものをブレスレットにお取り付けとなりました。直りましたブレスレット見ましてとてもお喜びで私共もとてもやりがいがございます。

修理代金は2,500円でした。

26

バングル

割れ修理

金属以外

プラスチック

今回は、貴金属、金属、天然石以外の素材をご依頼の紹介を行います。多分プラスチックでのバングルと思われます。此方の商品はブランド商品ですので、此方をお読み下さい。付けます方法は、樹脂によります接着修理となります。割れてしまいました部分は樹脂によりまして接着を行います。次に樹脂の板で割れました部分を補強を付けます。その後ゼリー状の樹脂をバングルに塗りまして固まるまで待ちます。固まりましたら表面成形を行います。成形が住みましたらサイドゲル状の樹脂を塗りまして同じ作業をおこなします。この作業を何回も繰り返し行いまして何層も層を付けまして強度上げていきます。これによりまして再び使用できます強度までになりましたら修理は完了です。

代金は、10,000円です。

25

silver/K18

バングル

折れ修理

ロウ付け

私共では、このタイプのバングルの折れ修理が一番多いです。殆どが丸いK18の飾りの縁が折れてしまいます。バングルは、つけたり外したりします時に、どうしても広げて付けます。中には腕に装着しました後にバングルを腕に合わせるために小さく絞ってしまう方もいらっしゃいます。そうしますと、付け外しのたびにバングルを折ったり広げたりの繰り返しで金属疲労が蓄積しまして、折れてしまいます。私どもではご依頼を頂きましたら修理は行いますが、ブランド品ですので注意事項をお読み下さいご不明な点はご質問下さい。裏に補強用のsilverの板をロウ付けしまして強度増します。

修理お値段は、¥10,000円ほどかかります。

24

ヒスイバングル折れ修理

比須バングル折れ修理

こちらのバングルはお持ち込みのお客様の大切な思い出でして、旅先で購入されました物だそうです。これを身に着けていると旅の楽しい思い出に浸れて旅の楽しい気分が甦って来るそうです。しかしながら折れてしまいましてその気持ちが壊れてしまいとても落胆されておりました。私共での修理内容とお見積りをお知らせしまして、ご了解を頂きまして修理に取り掛かりました。時間は掛かりますが写真の状態に戻りましてお客様がとてもお喜びになり再び幸せな気持ちに戻られたそうです。

修理代金は¥15,000円となりました。

23

シルバーバングル折れトルコ石付き修理

再びトルコ石付きのバングルの修理です。やはり思入れの詰まったバングルでどうしても、修理を行いましてまた、再び身に付けたいとのご要望です。私どもではこのようなお品物ばかりで修理としましてはいつも通り難易度の高い商品となります。修理しまして再度のご使用に耐えられるようにお直しを行いますのはかなり工夫が必要となります。まして、柄や彫り、石が付いているなどの条件をクリヤーして修理を進めるのは普通の修理よりさらに難しくなります。また、修理箇所の部分が妙に他の部分と違ってシルバーの色が出てしまっても問題で、ユーズド感を再び出さなくてはなりません。

修理代金は、¥10,000円程度となります。

22

シルバーバングルトルコ石付

折れ修理

お客様がお持ちいただきました。どうしても修理をして頂きたいと、このように沢山のトルコ石が付いておりますと修理は大変難しいです。普通にロウ付で修理を使用としますと、ロウ材を溶かす時に温度が900度程度まで上がりまして、トルコ石が黒く燃えてしまいます。そこで、私共では、食器に使いますスズを使いまして更に、シルバーの補強材を使いまして溶着いたしますとはいえ、300度弱まで上がりますのでトルコ石に影響が出ませんように温度管理をしっかりとしまして、溶着作業を行います。修理をしましても簡単にまた、折れてしまったのでは、到底お客様は納得などして頂けませんので、また今まで通りにご使用を頂きます。ただし、一度折れてしまっておりますので、ご注意をしながらのご使用をお願いしております。そうしませんと幾ら修理を行いましても一度折れました部分は強度が弱くなりますのでその点をお伝えしております。

修理代金は、¥10,000円となります。

21

シルバーバングル折れ修理

シルバーのバングルは毎日毎日お使いいただきますと、開いたりつぼまったりの繰り返しでどうしても長い間のご愛用頂きますと弱い部分よりどうしても折れてしまいます。でもシルバーの場合は貴金属でありますので再度ロウ付けを置こう事が可能ですので修理は可能です。但し、ロウ付けの再に温度が900度位まで上がってしまいますので、長い間にアンティーク調になった燻しが取れてしまいます。しかしながら、私共では、エイジング加工によりましてもとのアンティーク調に似せて戻すことが可能です。なるべく折れてしまったときのいぶしの状態に似せてお戻し致します。またこの場合は折れたバングルをただロウ付けしただけではまた直に折れてしまいますので、シルバーバングルの裏側にシルバーの補強をお入れ致します。ただし、肌に地下に触れますので触れた時点で違和感の無いように補強をお入れいたしております。

修理代金は、¥6,000円になります。

20

シルバーバングルK18飾取れ

修理

アンティーク仕上のシルバーバングルにK18の飾が付いておりますバングルです。お使いの最中にK18の飾り部分がポロリと脱落してしまいました。K18の飾をお付する際に温度が高温になってしまいますので、どうしてもアンティクー仕上の部分が一度シルバーの白い色に戻ってしまいます。お客さまのご希望は今と同じ様にアンティーク(エイジング)仕上をご希望です。でも大丈夫です。同じ様な感じにエイジング加工する事は問題無く出来ます。写真で見ても判るようにほぼ同じ感じに仕上がっております。

修理代金は、¥4,000円となりました。

19

シルバーバングル折れ修理

シルバーのバングルが腕の部分でポッキリと折れてしまいました。シルバーは素材自体が大変柔らかいので、形状が大きく変わる部分に力が加わりますとその部分より折れてしまいます。やはりアクセサリーなのでデザイン重視になります。見た目のよくないアクセサリーはアクセサリーになりません。素材がシルバーですので、ロウ付けが可能です。ロウ付けが出来れば強度もそこそこ保てますので修理は出来ます。こちらは、残念ながら補強をお入れすることが出来ませんがロウ付けによりまして再度修理は可能です。

修理代金は、¥4,000円となります。

18

バングル折れ修理

この手のアクセサリーは大変多く出回っております。とても有名なメーカーの氏奈々物にも採用されております。スズと亜鉛の合金で簡単に解けてしまいます。修理する立場にで考えますと一番修理が難しいです。今回のぶれる折れに付きましては折れた部分を付けるだけではなくその部分を補強して叉お使いいただけますように強度付けなければいけません。食器等に使いますスズを使いましての溶着作業は難しいものが御座います。叉今回のように金メッキを再度行ったり、色をお入れしたりしなければなりませんので難解度だけが上がってしまいます。

修理代金は、¥10,000円でした。

17

スカシの入ったシルバーバングルヒビ割れ修理

シルバーバングルスカシが入っていて腕につけるととても見場が良くて最高です。でも私共からすると長くお使いですと必ず折れてしまいます。透かしが入っている分どうしても強度が足りなくなって、つけたり外したりして居るだけで折れてしまいます。また、直すのにもこれまた手間が大変かかります。すかしてある部分を叉透かさないのといけないのと一度折れてしますとその部分を付けただけでは叉直に折れてしまうので補強をしないといけません。

修理代金は、¥7,000円となりました。

16

シルバーとK18バングル飾取れ修理

お気に入りのバングルの飾が取れてしまいました。お客様は何とか直して叉再び使いたいの一念でした。このタイプは結構手間がかかります。でもお時間を掛ければ修理は可能です。

代金は、¥5,000円ほど掛かりました。

15

シルバーと

K18のコンビネーションの

バングル折れ修理

K18とシルバーのバングルです、これも結構確りとしましたバングルですが、ヒビがマークの横の所に入って今にも折れてしまいそうです。でも修理出来ました。

修理代金は、¥5,000円でした。

14

シルバー

折れたバングル修理

シルバーバングルかなり厚くて頑丈そうです。でも折れてしまいます。厚くてもご愛用しておりますと結構簡単に折れてしまうものです。お直し出来ます。修理に取り掛かりましたらひび割れが隠れており数箇所見つかりました。

バングル修理代金は、¥7,000円となりました。

13

メッキのブレスレットが折れてしまいました。

折れてしまいました部分をお繋ぎ致しまして、叉ご使用頂けます。

代金は、¥3,000円となりました。

12

K18のブレスレット留金具壊れ

K18のブレスレット留金具が折れてしまいました。留める事が出来ませんでした。留金具を新しい物に交換しまして、叉ご使用頂けます。

修理代金は、¥8,000円でした。

11

オニキスブレスレット切れ修理

オニキスとオニキスを繋いでいます部分の金具が折れて壊れてしまいました。金具を新規に交換しまして叉元通りになりました。

修理代金は、¥3,000円でした。

10

シルバーバングル折れ修理

シルバーのバングル腕が折れてしまい使用不可能です。ロウ付だけでは強度が弱いので、裏側に補強を入れてロウ付して修理を行い叉使用可能です。

修理代金は、¥5,000円でした。