Arduino IDE

C言語の開発環境です。Arduinoではここで記述したソースを「スケッチ」と呼びます。
main部分だけを記述すればよく、サンプルスケッチもたくさんありますので、C言語の入門用として最適です。
Arduino IDEはarduinoのページから1.0.6をダウンロードしてください。

STEM Du/RDC-103用の追加ライブラリは以下のリンク、またはこのページの一番下にあります。
ダウンロードしたzipファイルを解凍して、自分のスケッチフォルダに以下のように配置してください。
/libraries/STEM_Du

ArduBlock(アルデュブロック)

Arduino IDEの入力インターフェースです。ブロックを積み重ねるようにプログラムします。
あくまでもArduino IDEの補助ツールですので、必ずArduino IDEでスケッチを開いてそこから起動します。
そのスケッチに対してC言語が書き出されてコンパイル/アップロードが行われます。
ArduBlockの編集エリアは50ステップ程度ですので、初期の入門用、または生成されたC言語のコードを他のスケッチにまとめて編集するといった使用方法となります。

STEM Du/RDC-103用のブロックを追加した環境は以下のリンク、またはこのページの一番下にあります。
Arduino IDEの中に以下のように配置してください。
Resources/Java/tools/ArduBlockTool/tool/ardublock-all.jar

Scratch(スクラッチ)

簡単にアニメーションを作ったりできるブロック型のプログラム環境です。Arduinoと接続できるバージョンは1.4です。Arduino IDEでRDC-103用のスケッチをアップロードして使用します。 ScratchとRDC-103のスケッチの間で通信しながら動作するので、USBケーブルを外して動作させることはできません。
Scratch 1.4 + STEM Du Changeset
Scratch1.4とRDC-103をScratch Boardとして使うためのChangesetを同梱した圧縮ファイルです。



RDC-103とその開発環境はCC BY-SAです。
ċ
STEMDu_ArduinoLibrary-master.zip
(21k)
長谷川淳,
2016/10/30 19:45
ċ
ardublock-all.jar
(3508k)
長谷川淳,
2016/10/30 19:45