Research

2004年から現在までの研究内容や興味のある事項を列挙してあります。

理論研究もしますが,基本,授業を前提とした実践研究が中心です。

数学教育

    • 中等教育から高等教育への接続教育

「微分法・積分法」 → 「微分積分学」 → 「解析学」への接続

数学Ⅲ+αでの微分積分学の入門書の検討・執筆

    • Technology を利用した数学教育

黒板と併用した授業設計に関する研究

教具としての Technology の有用性や可能性に関する研究

グラフィックソフト(Mathematica,GRAPES,Cinderella,GC等)の特徴の比較・検討

※ 現在は幾何を中心とした研究だが,そのうち代数での取り扱いも研究したい

    • 和算の中等教育への応用

中学生,高校生が興味を持ちやすいテーマの教材化

中等教育カリキュラム内容として取り扱うことの検討

※ コラム的な扱いではなく,具体的な授業テーマとして

情報教育

    • 情報科カリキュラムに関する研究

普通科目「情報」の授業内容の充実について

専門教科「情報」の普通科での運用と実践

中学校「技術」を絡めた一貫教育カリキュラムの検討

大学への接続を重視したカリキュラムの検討

    • 大学で求められる情報リテラシーの内容研究

学部教養レヴェルでのリテラシー

学部専門レヴェルでのリテラシー

    • 情報分類に関する研究

図書館学を利用した情報教育について

中等教育でのデータ分類の手法について

情報把握に関する研究

統計教育

    • 指導内容の方法論とその充実に関する研究

データ把握の指導について(感覚的なものも含む)

実用データの充実と運用について

Technology 利用の指導について

    • 統計教育カリキュラムに関する研究

高等学校の数学科・情報科・理科・地歴・公民のクロスカリキュラムについて

教科(数学・情報・理科・社会等)別統計リテラシーの分類と指導内容について

中等教育レヴェルでの科目横断的な統計学の入門書の検討・執筆