北海道大学環境科学院 地球圏科学専攻                   

雪氷・寒冷圏科学コース   

  Course in Cryosphere Science English Page

雪氷・寒冷圏科学コースでは、北海道に代表される日本の寒冷積雪地域、南極・北極、世界の山岳地域を舞台として、雪氷寒冷圏特有の自然現象を研究教育し、雪氷・寒冷圏科学の基礎から専門的な最前線の内容まで学ぶカリキュラムを提供します。

実際に現地に行き、自分の目で見て、測り、サンプルを採る、などの「フィールド研究」ができるのが特色です。変化しつつある雪氷圏の最前線に立って、雪氷圏の現状を実感することが地球環境を学ぶ我々にとって必要なことのひとつであると私たちは考えています。

大学院進学希望の方は、「本コースを志望する方へ」をご覧ください。

連絡先

雪氷・寒冷圏科学コース ウェブ担当 admin-ccs at lowtem.hokudai.ac.jp

更新情報

コースに関するお知らせ

コースの連絡事項をここでお知らせします。

博士論文予備審査会

・日時:11月24日(金) 24th Nov (Fri)  13:00~14:30
・場所:環境科学院 D101 Env.Sci.Bldg D101
・発表者:黒﨑 豊(Yutaka Kurosaki) 
・論文題目: 季節海氷域から放出される植物プランクトン由来の硫黄化合物の変遷とそれが雲アルベドに与える間接的効果
(Temporal shifts in the sulfur compounds emissions from the phytoplankton production in seasonal sea ice area and indirect effects on the cloud albedo)
・ 主査候補: 西岡 純(Jun Nishioka)

修士論文中間発表会

   日時:12月4日(木)  9:00~
   場所:低温科学研究所 講堂    

発表 15分 質疑応答15分

【プログラム】
09:00-09:30
今津拓郎 「グリーンランド北西部カナック氷河の変動-現地観測と数値モデルによる長期変動の定量化−」

09:30-10:00
梅津晴希 「サロベツ原野のミズゴケ域・ササ域における熱収支モデル」 

10:00-10:30
佐藤 健 「グリーンランド北西部カナック氷河における氷レーダ探査」 

10:30-11:00
鵜飼真汰 「グリーンランド北西部カナック氷河におけるUAVを用いた表面地形測量」 

11:00-11:30
山之内美彩 「北海道における冬季夜間気温分布に対する地形の影響」 

11:30-12:00         教員会議

博士論文審査会

・日時:10月31日(火) 31st Oct(Tue)  10:30~12:00
・場所:環境科学院 D201 Env.Sci.Bldg D201
・発表者:近藤 研(Ken Kondo) 
・論文題目: Influence of sea ice and subglacial hydrology on the dynamics of outlet glaciers flowing into Lützow-Holm Bay, East Antarctica
(東南極リュツォ・ホルム湾に流入する溢流氷河の変動に海氷と底面水文環境が与える影響)
・ 主査: 杉山 慎(Shin Sugiyama)

令和5年度雑誌会の予定

6月16日 講堂 ○近藤 Dangleterre 梅津
6月23日 講堂 ○黒崎 今津 峰重
6月30日 講堂 ○丁 山之内 山田
7月7日 講堂 鵜飼 清水 篠原
7月14日 講堂 ○松本 坂口
7月21日 講堂 ○豊山 坂田
7月28日 講堂 佐藤

10月6日 講堂 鵜飼 篠原
10月13日 講堂 坂口 今津
10月20日 講堂 山之内
10月27日 講堂 梅津 清水
11月10日 講義室 佐藤 坂田
11月17日 講義室 峰重 山田

○:博士課程大学院生

令和5年度 10月入学の新入生です。

令和5年度 新入生の皆さんです。

曽根俊雄さんが退職されました。(2023.3.31)

ありがとうございました。

2022年度 雪氷・寒冷圏科学コース 修了生(2023.3.23)

入試に関するお知らせ

入試に関するコースからの情報をここでお知らせします。環境科学院のウェブサイトの入試情報も合わせてチェックしてください。