雪氷・寒冷圏科学コースでは、北海道に代表される日本の寒冷積雪地域、南極・北極、世界の山岳地域を舞台として、雪氷寒冷圏特有の自然現象を研究教育し、雪氷・寒冷圏科学の基礎から専門的な最前線の内容まで学ぶカリキュラムを提供します。

実際に現地に行き、自分の目で見て、測り、サンプルを採る、などの「フィールド研究」ができるのが特色です。変化しつつある雪氷圏の最前線に立って、雪氷圏の現状を実感することが地球環境を学ぶ我々にとって必要なことのひとつであると私たちは考えています。

大学院進学希望の方は、「本コースを志望する方へ」をご覧ください。

連絡先

雪氷・寒冷圏科学コース ウェブ担当 admin-ccs at lowtem.hokudai.ac.jp

更新情報

  • 卒業生の声」に環境科学院同窓会通信の記事(網野智美さん、福田朔也さん)をリンクしました。(2021.9.24)

入試に関するお知らせ

入試に関するコースからの情報をここでお知らせします。

環境科学院のウェブサイトの入試情報も合わせてチェックしてください。

  • 当初開催予定の入試説明会(10/17東京、10/19札幌)は取りやめになり、オンライン説明会(10/17)を実施します。詳しくは環境科学院のウェブサイトをご覧ください。(2021.9.24)

  • 「本コースを志望する方へ」「指導教員について」の記述を変更しました(2021.9.10)

コースに関するお知らせ

コースの連絡事項をここでお知らせします。

2021年度雑誌会のスケジュール

1  6/11  王(氷河D3 石川(大気M2 大塚(氷河M2
2  6/25  波多(氷河D2 齋藤(大気M2 辛(環オM2
3  7/02  近藤(氷河D2)  渡利(氷河M2 飯田(環オM1
4  7/09 黒﨑(環オD1 上脇(氷河M1 捧(氷河M1
5  7/16 丁(環オD2 竹内(環オM1 松本(氷河M1

6  9/10 史(環オD2 渡邊(氷河M1 Dangleterre(氷河M1
7  9/24  川上(氷河D2 石川(大気M2 飯田(環オM1
8  10/15  丁(環オD2 大塚(氷河M2
9  10/29  齋藤(大気M2 竹内(環オM1 捧(氷河M1
10 11/05  辛(環オM2 松本(氷河M1 渡邊(氷河M1
11 11/12  浅地(氷河D3 渡利(氷河M2 Dangleterre(氷河M1

 氷河:氷河・氷床、 大気: 大気陸面相互作用、 環オ: 環オホーツク