CasualTranscriber

CasualTranscriber は、いわゆるテープ起こし、文字起こし作業を効率よく行うためのユーティリティです。





Apple が QuickTime を排除の方向で進んでいるようなので、メディア操作関連の部分を AV Foundation でほぼ書き直しました。QuickTime を使っていないので、対応するメディアが限られています(Mavericks の QuickTime Player と同じです)。うまくメディアファイルが読み込めないときは、QuickTime を利用している 2.0 beta を試してください。

以前のバージョンからある基本機能として、
  • ショートカットによるメディアファイルのコントロール(デフォルトではスキップ以外は設定されていません。環境設定で指定してください。)
  • リンク付きタイムスタンプ
  • タグ入力補助機能
  • 特殊文字入力補助機能
  • 省略テキスト入力機能
  • YouTube ビデオの操作(共有が許可されている物に限る)
  • 選択範囲のメディア抽出・保存
  • 音量ブースト
  • 再生速度調整
  • 簡易 PDF スライドショー機能
追加機能としては、次の物があります。
  • 簡易波形表示
  • テキストデータベース機能
  • ファイルデータベース機能
  • 字幕追加および、字幕の付いたメディアファイルの書き出し(QuickTime Player 7 不要)
  • 音声ファイルと PDF ファイルから音声付きスライドショームービーを作成
  • 空欄括弧作成機能(穴埋め練習問題用)
  • ディクテーション練習ページ作成(HTML + Javascript)
    清原文代先生(大阪府立大)作成のディクテーション練習ページのデモ動画(中国語の練習 on YouTube)(このページの一番下に埋め込んだものもあります)
このうち、データベース機能は、以前の物を少し書き換えただけですが、10.9 Mavericks で動作します。このサイトがある Google Sites の容量が厳しくなってきたので、ファイルは Google Drive に移動しました。Google Drive に移動するので、ダウンロードボタンをクリックしてダウンロードしてください。


システム必要条件Mac OS X 10.11 El Capitan 以降がインストールされた Mac (Yosemite 対応)

Last updated: 2017/10/14

現在のバージョンは、2.6 です。

マニュアルも用意しました。Google Drive に置いてあります。


2015/08/04 に外国語教育メディア学会(LET)全国大会のセミナーで使ったハンドアウトです。語学教育のリスニング教材を作成するために必要なことを、基本的な設定から順にまとめてあります。上手く開けない場合は、右クリックして新規ウインドウもしくは新規タブで開いてみてください。ファイル自体は、Google Drive にあります。



What's new

  • 2017/10/14 保存パネルに細かな修正を入れました。
    投稿: 2017/10/14 6:37、Yasu Imao
  • 2017/10/12 High Sierra (macOS 10.13) で、ファイルが保存できなくなっていた問題に暫定的に対処しました。ディスクイメージファイルは 2.5 となっていますが、バージョンナンバーは 2.6 になりました。また、対応 OS が、macOS 10.11 El Capitan 以降となっています。
    投稿: 2017/10/11 8:20、Yasu Imao
  • 2017/10/9 保存、および、別名で保存の際に、ファイルタイプの選択ができなくなっていた問題に対処しました。
    投稿: 2017/10/09 3:58、Yasu Imao
  • 2017/04/15 ファイルの保存後に Auto Save の機能が、ある特定の操作が行われるまで効かないことがある問題に対処しました。
    投稿: 2017/04/15 1:45、Yasu Imao
  • 2016/9/3 Youtube のビデオファイルに紐付けした HTML ページの書き出しができなくなっていた問題に対処。
    投稿: 2016/09/03 11:06、Yasu Imao
1 - 5 / 23 件の投稿を表示中 もっと見る »

10.8 Mountain Lion をお使いの方は、こちらを使ってください。基本的な機能は同じです。

Last updated: 2014/01/19

システム必要条件Mac OS X 10.7 Lion 以降がインストールされた 64-bit Mac (Core 2 Duo 以降) - 字幕追加機能(実験中)を使うまたは字幕を表示させるには、QuickTime Player 7 がインストールされている必要があります。

注意OS X 10.9 Mavericks で問題が起こることが確認されたので、10.9 では一部機能(データベース機能)が無効にしてあります。上記、バージョン 2.5 を使ってください。



QuickTime が対応している様々なメディアファイルが読み込めます(Perian や Flip4Mac が入っていれば、さらに多くのメディアタイプに対応できます)。コントロールはボタンだけでなく、基本的なものはショートカットにも対応しています(デフォルトでは割り当ててありません)。ファイルは、デフォルトではリッチテキストフォーマット(RTF)ですが、MS Word 文書(.doc)やプレインテキスト(.txt)も読み書きができます。ただし、複雑なレイアウトのものは対応できません。



大阪府立大学の清原文代先生に作っていただいた CasualTranscriber 2.5 を使って作成したリスニング練習用のページのデモンストレーション動画です。デモの教材は中国語ですが、他の言語にも対応しています。