Scratch 2018 Tokyo

Oct 20, 2018

#Scratch2018Tokyo

2020年から始まる小学校でのプログラミング教育必修化を受け、日本でもプログラミング教育に対する関心がかつてないほどに高まっています。なかでも、MIT メディアラボ ライフロング キンダーガーテン グループが2006年に公開したScratchは、世界で約3000万人、日本で約32万人の登録者を数え、テレビ番組でも取り上げられるなど、最もよく使われている教育用のプログラミング環境のひとつとなりました。

その使われ方は、ゲームやアニメーション、物語、音楽づくりなど様々で、画面の中だけではなく、センサーやロボットとつないで外の世界と連携させることも当たり前になっています。使われる場所も、家庭から、学校の授業、民間の教室、NPOなどの社会貢献、企業のCSR活動など多岐に渡り、オンラインコミュニティーでの活動も活発です。その一方で、具体的なカリキュラムの組み立て方や、教科との関連付けをどのようにすればよいのかという声も聞かれます。さらには、Scratchがなぜ作られたのか、なにを目指しているのかについても必ずしも理解されていない面もあります。

このような状況を受けて、Scratchの開発者であるミッチェル・レズニック教授をお招きして、日本初のScratchに関するカンファレンスを開催する運びとなりました。多くの教育関係者、研究者の皆様にご参加いただき、活発な議論が行われること期待しています。

Scratch 2018 Tokyo 実行委員長

阿部 和広

動画配信

LIVE STREAMING

大変多くの皆さまに参加をお申込みいただき、おかげさまで満席となりました。少しでも多くの方々に当日の模様をご覧いただけるよう、午前の部(基調講演・招待講演・パネルディスカッション)のインターネット配信を行うことを決定いたしました。

以下のURLからご覧ください。(10月20日 9時30分よりライブ配信予定です。最大限の努力をしますが、万一不備があった際はご容赦ください)

https://www.youtube.com/channel/UCuTAiStGQXkLh04NWPjXurQ

(撮影・配信協力:CoderDojo Kashiwa 映像チーム)

スケジュール

Schedule

  • 基調講演

Mitchel Resnick 教授(MIT Media Lab)

  • 招待講演

村井 純 教授(慶應義塾大学)

鵜飼 佑 氏(一般社団法人未踏プログラミング教育WG/未踏ジュニア代表)

  • Keynote presentation:

Prof. Mitchel Resnick (MIT Media Lab)

  • Presentation:

Prof. Jun Murai (Keio University)

Mr. Yu Ukai (Mitou Foundation)

各セッションの詳細

会場

VENUE

六本木アカデミーヒルズ (六本木ヒルズ・森タワー49階)

Roppongi Academyhills (situated on the 49th floor of Roppongi Hills Mori Tower)

Access : http://forum.academyhills.com/roppongi/en/access/index.html


主催:Scratch 2018 Tokyo実行委員会

共催:NPO法人CANVAS

後援:情報処理学会

特別協力:森ビル株式会社

協賛:株式会社Z会

協力:株式会社アーテック、日経BP社、ローランド株式会社、ノバルス株式会社、シャープマーケティングジャパン株式会社、株式会社アイ・オー・データ機器、株式会社スイッチエデュケーション (順不同)

お問い合わせ

Contact

Scratch 2018 Tokyo 実行委員会

Email: scratch.conference.tokyo@gmail.com

Twitter: @ScratchConfTYO

当日の取材を希望される方へ

事前にScratch 2018 Tokyo事務局(NPO法人CANVAS)までメール(information@canvas.ws)でご連絡ください。なお、12:10-12:40にミッチェル・レズニック教授への合同インタビューを予定しています。


参加者登録

Registration for participants

事前登録制。参加費は無料です。

Pre-registration is required. The registration fee is FREE.

一日を通しての参加または午後のみ(受付 12:30、開始 13:00)の参加をお選びいただけます。午後のみの参加の場合は、9:30〜12:00に予定されている基調講演他にはご参加できませんので、ご注意ください。

なお、発表者の方は以下のフォームからのご登録は不要です。(別途メールをお送りしていますので、そちらに従って登録をお願いします)

The presenter don't need to register.


  • 一日を通しての参加をご希望の方は以下の登録フォームからお申し込みください

Please entry by the following registration form for an all day pass.

https://pro.form-mailer.jp/fms/2fcb8c8a153918


  • 午後のみの参加をご希望の方は以下の登録フォームからお申し込みください

Please entry by the following registration form for a half day pass (PM only).

https://pro.form-mailer.jp/fms/c1392003154468


多くの方からのお申込み,ありがとうございました.キャンセル待ちも含め,定員に達したため,申し込み受付を終了いたしました.

発表者募集

Call for presenters

Scratch 2018 Tokyoでは、以下の4つの発表区分における発表者を募集します。

    1. 口頭発表(発表時間 15分・質疑応答 5分)Presentation (15min)
    2. ショート・プレゼンテーション(発表時間 5分)Ignite Talk (5min)
    3. ポスター・デモ Poster/Demonstration
    4. ワークショップ Workshop

発表を希望する方は以下のフォームよりエントリーしてください。

【エントリーフォーム: https://goo.gl/forms/6l6QHzWXCwlsleQA3

エントリー〆切は 8月31日(金) 23:59 JST です。

エントリーは終了しました。ご応募ありがとうございました。

審査結果は9月中旬までにお知らせします。

ご応募いただいた方には、審査結果をお知らせしました。


Scratch 2018 Tokyo is currently inviting speakers and proposals for the conference as below.

  1. Presentation (30min incl. 10mins Q&A)
  2. Ignite Talk (5min)
  3. Posters and demo (90mins - TBD )
  4. Workshop (2hours - TBD)

Submission Due : 31 August 2018, 23:59 JST

Acceptance Notification : Mid September 2018

【Submit your proposal from: https://goo.gl/forms/6l6QHzWXCwlsleQA3