講義・ゼミ

ゼミについて

本ゼミでは、西洋経済史・西洋史に関する研究・教育を目的に活動を行っております。2年生については、概説的な文献の輪読を通じて基礎内容の確認をしております。今年度は17名の学部生が在籍しております。3年生以降では経済史に関する最新の文献や論文を読むこと、あるいは古典的な文献を輪読する予定となっております。

将来的には、他大学のゼミと交流することも視野にいれて活動ができればと思っております。

また、卒業研究に向けた指導を行う予定です。本ゼミでは、主に以下の内容に関心をもつ学生を募集します。

・西洋経済史に関する問題

・西洋史に関する問題

・西洋経済思想史に関する問題

なお、担当教員としては風通しのよいゼミを目指しております。関心のある学生(特に来年度のゼミを決めかねている学生)は、事前に連絡していただければ、ゲスト参加を認めることがあります。メールにて以下のアドレス(t217saitot@std.mii.kurume-u.ac.jp)に連絡をください。


【第三期生の活動】

メンバーの人数:15名

〇 輪読

(2019年後期)

・宇佐美久美子『アフリカ史の意味』(山川出版社、1996年)。

・木谷勤『帝国主義と世界の一体化』(山川出版社、1997年)。

【第二期生の活動】

メンバーの人数:2名

・NFLに関する経営史の研究

・ペットの殺処分対策に関する研究:日独の比較を通じて

〇 輪読

(2018年後期)

・水島司、島田竜登『グローバル経済史』(放送大学教育振興会、2018年)。

(2019年前期)

・川島浩平『人種とスポーツ:黒人は本当に「速く」「強い」のか』(中央公論新社、2012年)。

〇 見学

・九州国立博物館の見学

〇 他大学・他ゼミとの交流

・久留米大学経済学部冨吉ゼミとの交流会

卒業後の進路

【就職(1期生)】

・Suprieve 株式会社(1名)

・大川信用金庫(1名)

・株式会社ゆうちょ銀行(日本郵政グループ)(1名)

講義について

2020年度は以下の講義・演習を担当予定です。

【前期】

・西洋経済史I(火曜日・3限)

・演習IIA(水曜日・2限)

・演習IB(水曜日・3限)

・演習III(木曜日・3限)

・演習IV(木曜日・4限)

・外国書講読I(英語)(木曜日・5限)


【後期】

・西洋経済史II(火曜日・3限)

・演習IIB(水曜日・2限)

・演習IC(水曜日・3限)

・演習III(木曜日・3限)

・演習IV(木曜日・4限)

・外国書講読II(英語)(木曜日・5限)


【集中】

・論文A

・論文B


・サブゼミの開講も予定しております。

<オフィスアワー>

火曜日15時〜16時

@御井キャンパス御井本館西館8階・2852研究室

(それ以外の来室もOKです。ただし、可能な限りメールでアポイントメントをとってください)