SRQ商品紹介


以前からコードネーム「プロダクトQ」と言われていた新製品の名前が発表されました。
商品名は「SRQ」となります。
Energy/エネルギー、 Weight loss減量、 Anti-agingアンチエイジングをコンセプトに
細胞のミトコンドリアに直接働きかけ、細胞を活性化してくれるサプリメントです。

SRはSalacia Reticulata(サラシア レティキュラータ)の略で、
糖尿病初期の特効薬としてアーユルヴェーダにも記載されているコタラヒムブツの学術名です。
こちらの成分のはWHO(世界保健機関)でも認知されています。
そしてQは、CoQ10のQからきています。

コエンザイムQ10(CoQ10)とは、人体のスパークプラグみたいなもので最初のスパークがなくて車が走れないのと同じように、人体はCoQ10が必要です。
ミトコンドリアは、細胞が分裂し、移動し、収縮し、そして他のすべての機能を実行するために必要な力を生成する必須成分です。

CoQ10は、すべての身体過程を駆動するエネルギーであるアデノシン三リン酸(ATP)の製造において重要な役割を持っています。
さらに、CoQ10は細胞を損傷から守る非常に重要な抗酸化物質です。

 「アルツハイマー病Q&A」という書籍の著書であり、
認知症の権威である公益財団法人応用生化学研究所の杉山理先生の開発協力を得て特許申請し、
日本の製薬会社で製造されている商品となります。

こちらは1瓶60カプセルで1ヶ月分となり50ドルで販売します。





すべてのサプリメントに先立って!

ZENNOA “SRQ” を...

「SRQ」は、Energy(エネルギー), Weight loss(減量), Anti-aging(アンチエイジング)



■「SRQ」製品概要■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

名称: ZENNOA SRQ アミノ酸含有食品

原材料名 コタラヒムエキス末(コタラヒムエキス、デキストリン)、

コエンザイム Q10 、

L-アスパラギン酸 NA、

L-グルタミン、

L-アルギニン、

シナモン、フェヌグリーク、ビターメロン、ケルセチン、レスベラトロール、

α-リポ酸

内容量 23.4g(390mg x 60 粒)被包財含む

SRQ は、コエンザイム Q10 とアミノ酸のフォーミュラで特許を取得しています。

このフォーミュラは、アルツハイマーの薬を作るために研究してきたフォーミュラです。

SRQ は、特許情報が公開されています。

すべてのサプリメントに先立って!

2/14

■“SRQ”商品名の由来■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

SRQ の主要成分の一つは、サラシア・レティキュラータ(学名:Salacia Reticulata 通称コタ

ラヒムブツと呼ばれるスリランカ原産のハーブ。現地のシンハラ語で「神の恵」という意味)とい

います。

SRQ の SR は「Salacia Reticulate」から来ています。それは、糖尿病初期の特効薬として、イ

ンド伝承医学のアーユルヴェーダで古来から薬品として利用されてきました。コタラヒムブツとい

う、つる性植物の学名です。その効能・効果の有用性は近年 WHO(世界保健機構)でも認知され

たお墨付き。SRQ の Q は CoQ10(コエンザイム Q10)のことです。

■生物の生命維持の原点“ミトコンドリア”活性化にスイッチ ON■■■■■

老化、病気、スタミナ、不妊症、やる気など、様々なことに関わっているのが、<ミトコンドリ

ア>です。生物が生命維持をする上でミトコンドリア活性化にスイッチがあることが、最近注目さ

れています。

そのスイッチ ON をするのが今年一月発売予定の SRQ です。

ミトコンドリアは細胞の中でエネルギーを作り出す小器官で、細胞核とは別に遺伝子情報を持っ

ています。加齢と共にミトコンドリアの機能が低下する事で老化が進み、最終的に死が訪れます。

ミトコンドリアの機能をできるだけ維持する事が若さと老化防止の秘訣です。

ZENNOA の SRQ は、ミトコンドリアに働きかけます!

・ミトコンドリアのエネルギー生産効率が劇的に向上

・ミトコンドリアの障害で引き起こされるあらゆる問題を解決する可能性

・26 週使用で、認知症慮良薬のガランタミン注)と比較して、認知症長谷川式簡易スケールで約 2

倍の効果を確認

注): ガランタミンとは、アルツハイマー型認知症治療剤と呼ばれるグループに属する薬

認知症の治療でよく使われるガランタミンとこの SRQとの効果を比較する臨床実験データも紹介

されました。長谷川式簡易知能スケールによる認知症処方薬と SRQ との脳機能改善比較

SRQ

すべてのサプリメントに先立って!

3/14

SRQ は、『アルツハイマー病 Q&A』(風媒社)の著者で、認知症の権威である公益財団法人応用生

化学研究所の杉山理(さとる)先生の開発協力を得て特許を取得し、日本の製薬会社で製造した誇

るべき MADE IN JAPAN で、年齢を感じさせない本当のあなたらしさを提供するサプリメントで

す。

■SRQ に含まれるパワフルな各種アミノ酸■■■■■■■■■■■■■■■■

― より速く、より長い距離をずっと走りたいと願っているアスリートにピッタリ。

― ハードなトレーニングの後、仕事や家事などすぐに別の活動に取り掛かりやすいように、

― 疲労を次の日に引きずらず、一日を気持ちよく始められるライフスタイルを実現。

― SRQ は、最高のトレーニングができる大切なパートナーです。

SRQ 成分とミトコンドリアのイメージ図

ミトコンドリアとは?

ミトコンドリア(mitochondrion)は、ヒトを含む真核生物がもつ細胞小器官です。そして、

独自の DNA(ミトコンドリア DNA=mtDNA)を持ち、分裂、増殖します。mtDNA は生命

現象にも関与し生物の遺伝情報の継承と発現を担っています。酸素呼吸(好気呼吸)の場とし

て知られている。また、細胞のアポトーシス(死)にも重要な役割を担っています。ヒトにお

いては、肝臓、腎臓、筋肉、脳などの代謝の活発な細胞に数百、数千個のミトコンドリアが存

在し、細胞質の約 40%を占めています。平均では、60 兆個ある細胞の 1 細胞中に 300-400 個

のミトコンドリアが存在し、全身で体重の 10%を占めています。

ミトコンドリアの電子顕微鏡写真

ミトコンドリアは、私たち人間が呼吸で取り入れた「酸素」と食事をして取り入れた「ぶどう糖」

すべてのサプリメントに先立って!

4/14

を「二酸化炭素」と「水」と「エネルギー」に変える働きを持っています。

「エネルギー」は体温を保ったり、運動したり、物事を考えたり、その他の化学合成をする時な

どありとあらゆる活動に使われます。

つまり、ミトコンドリアがないと、私たち人間は生きていけないといっても過言ではないくらい

に非常に大切な細胞内の器官なのです。

1.核小体 2.細胞核 3.リボソーム 4.小嚢 5.粗面小胞体 6.ゴルジ体 7.細胞骨格 8.滑面小胞体

9.ミトコンドリア 10.液胞 11.細胞質基質 12.リソソーム 13.中心体

真核細胞の模試図

■ミトコンドリアとアルツハイマー病■■■■■■■■■■■■■■■■■

アルツハイマー病には『βアミロイド(変性したタンパク質)』の蓄積が関係しているということ

が分かってきています。

アルツハイマー病にかかっている人の脳の画像診断をして画像を見てみると、早期の段階で、後

部帯状回での脳の血流や酸素の代謝や糖の代謝が低下している事が見られるそうです。

そして、アルツハイマーの進行と共に頭頂・側頭葉の脳の血流、糖の代謝が悪くなっていきます。

軽度の知能障害でも、アルツハイマー病と同様に後部帯状回の脳血流が低下しています。

脳の血流が低下すると、次第に、脳細胞のミトコンドリアの働きが悪くなり、エネルギー物質の

ATP の生成が落ち込んでいきます。

そのことによりヒートショックプロテイン※)の作られ方も少なくなります。

ATP とは、筋肉を動かす時のエネルギー源となる物質です。ATP は、アデノシン三リン酸(DNA

の構成要素であるアデノシンにリン酸を二つ余計にとりつけたもの。いいかえれば、ADP とリン

すべてのサプリメントに先立って!

5/14

酸が酵素の働きで結合したもの)のことです。分かりやすく言えば、ATP はリン酸基が3つあり、

1つのリン酸を放出した時に(ADP になります)エネルギーを出す物質ですので、細胞自体から

発生するものではありません。

私達が食事で摂取した炭水化物、たんぱく質、脂肪は人体で消化吸収され、その分子は三つの段

階(解糖、クエン酸回路、電子伝達)を経てエネルギー源となる ATP をつくります。

※)ヒートショックプロテインとは:

ヒートショックプロテイン(HSP)とは「傷んだ細胞を修復する働きを持つタンパク質」のこと。

自身もタンパク質でありながら、他の細胞(タンパク質)のお世話ばかりしている黒子のような存

在で、その性質から「タンパク質の修理屋」と言われています。ヒートショックプロテイン生成の

低下により体温が低くなると、脳内酵素の働きも悪くなり変性タンパク質のβアミロイドが脳神経

細胞内に溜まりそれが原因で、脳神経細胞の壊死が起こります。

つまり・・・アルツハイマー病特有の症状が現れてくるわけです。

■SRQ が薬より優れている点(効果が 2 倍だけではない)■

ガランタミンのような副作用がない

部位

すべてのサプリメントに先立って!

6/14

ガランタミンは添加物の塊(かたまり)

ガランタミンの錠剤に入っている酸化チタンはアメリカガン協会がみとめたトップ 20 の発ガン

物質。

■SRQ フォーミュラの期待される効果■■■■■■■■■■■■■■■■■

●血液中の糖分を減少、血糖値を低下させます

●食後血糖値の上昇をゆるやかにすることが期待されます

●メタボリックシンドローム、高血圧、高脂血症、動脈硬化などを改善、予防する

●ビフィズス菌などの善玉菌が増え、腸の働きを活発に

●便秘を改善したり、お肌にもよい影響

●集中力が続かなかったり、エネルギー不足を感じがちな時に

●「アンチエイジング」「抗酸化作用」「美容効果」などが期待

●エネルギーの代謝を促進し、疲労回復に働きかけます。

●運動時の持久力を高めます

●血液の循環を改善、免疫機能の向上、エネルギーのレベルアップ、筋肉増強、体脂肪の減少、

心臓疾患対策、育毛、ED 対策など

●手とか足とか末端の、生命には直接影響しない部分への効果が期待

●アルツハイマー型認知症治療に期待

■SRQ の主成分と役割■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

サラシア・レティキュラータ: 学名:Salacia Reticulata 通称コタラヒムブツと呼ばれるスリ

ランカ原産のハーブ。現地のシンハラ語で「神の恵」と云われています。

SRQ のフォーミュラーでは、主に血糖値のレベル、満のリスクに関与。

コタラヒムブツは、体内で炭水化物をブドウ糖や果糖に分解する「α-グリコシダーゼ」とい

すべてのサプリメントに先立って!

7/14

う消化酵素の働きを抑えて排出を促進し、血液中の糖分を減少、血糖値を低下させます。糖

の吸収をおだやかにし、食後血糖値の上昇をゆるやかにすることが期待されます。

また、消化酵素リパーゼの働きを抑えて脂肪を吸収しにくくし、メタボリックシンドロー

ム、高血圧、高脂血症、動脈硬化などを改善、予防すると言われています。

さらに、糖類の分解がオリゴ糖でとどめる作用で、ビフィズス菌などの善玉菌が増え、腸

の働きを活発にして、便秘を改善したり、お肌にもよい影響をもたらします。

集中力が続かなかったり、エネルギー不足を感じがちな時におすすめ。

肝臓の働きを調べる GOT と GPT 検査をマウスで検査した結果、GTP が 45.8%、GPT が

67.6%下がりました。

L-グルタミン: L-グルタミンは、体の中で作られる「非必須アミノ酸」、アミノ酸で

す。非必須アミノ酸というのは、「体の中で(他の物を分解してまでも)作らなくては

いけないぐらい大事なもの」という意味です。

L-グルタミンは、アミノ酸の中でも、その人の今必要なところ、弱っているところに

徹底的に効く特長がります。手とか足とか末端の、生命には直接影響しない部分への効

果が期待されます。

SRQ の補助成分と役割

L―アルギニン: アルギニンは全身の栄養バランスを整え、循環器系の健康維持をサポートし

ます。血液循環の改善、免疫機能の向上、エネルギーのレベルアップ、筋肉増強、体脂肪の

減少、アンチエイジング、心臓疾患対策、育毛、ED 対策など様々な効果が期待されていま

す。

L-アルギニンは、血管内のNO(一酸化窒素)を増やし、血管を拡張します。これにより、

血液の循環を改善し、就寝中は成長ホルモン分泌を促進します。

L-アスパラギン: アスパラギンは、細胞レベルで肝機能、腎機能、脳機能に働きかけ修復

します。そして、エネルギーの代謝を促進させます。乳酸の生成を抑制し、疲労回復に働き

かけます。また、アスパラギンは筋肉を動かすグリコーゲンの生成を促します。グリコーゲ

ンは、運動時の大切なエネルギー源であり、必要に応じて糖に変換します。エネルギー源で

あるグリコーゲンが不足すると、長時間の運動に耐えることができなくなります。この 2 つ

の要因により、アスパラギンは運動時の持久力を高めます。

コエンザイム Q10: エンザイムは、ヒトの体内において合成されるビタミンです。

現在までのところコエンザイムには Q1~Q12 まで見つかっていますが、抗酸化物質が人体内

で働くのは主に Q10 です。年齡を重ねると人体は、若い頃ほどコエンザイム Q10(Co Q 10)

を産生しません。

SRQ の CoQ10 は、バイオエンジンの機能を最適化することを目的としています。カラダの

最深部・最小単位にあるバイオエンジンがよりよく機能するようになれば、結果として全体

のパフォーマンスがより一層高まるわけです。

サプリメントとしては、「アンチエイジング」「抗酸化作用」「美容効果」などが期待されてい

ます。

すべてのサプリメントに先立って!

8/14

シナモン cinnamon: シナモン(英:Cinnamon、学名:Cinnamomum verum、シノニム

Cinnamomum zeylanicum)

SRQ フォーミュラーでは、血糖値、コレステロールレベルの改善促進に関与

原産地は、中国南部からベトナムのあたりにかけてと推測されています。熱帯各地で栽培され

『スパイスの王様』と呼ばれています。

シナモンは、熱帯に生育するクスノキ科の常緑樹、またその樹皮から作られ主に香辛料として

利用されてきました。ニッキとも呼ばれ、生薬として用いられるときには桂皮(ケイヒ)と呼

ばれています。

シナモンは旧約聖書やパピルスにも登場しており、紀元前 4000 年ごろに使われていたことが

わかっています。

当時は主にミイラの防腐剤、香油として用いられていました。

それはシナモンに強い抗菌作用、殺菌作用があることがわかっていたからです。

香辛料としてのシナモンは、樹皮をはがし、乾燥させたもの。独特の甘みと香り、そしてかす

かな辛味がありカプチーノ等の飲料やアップルパイ、シナモンロールなどの洋菓子の香り付け

に使われます。インド料理の配合香辛料ガラムマサラの主要な成分です。インドのチャイの香

りづけにもかかせません。

シナモンは、体を温める作用、発汗・発散作用、健胃作用を持つ生薬として利用されています。

漢方では、温熱の作用があるとされ、多くの方剤に処方されています。

シナモンは、生であれ加熱調理後であれ、α-アミラーゼ、α-グルコシダーゼのいずれに対して

も、顕著な阻害作用を示し、糖尿病予防への可能性が示唆されています。

シナモンは直接、毛細血に働きかけるため、シナモンの効果・効能は老若男女問わず効果が期

待できます。ただ、10代~20代では血管の修復力が高いため、特に早く効果が実感できる

のは40代から。しかし、若い年代でも食生活や生活習慣の乱れから、血管の老化が早い人が

増えている状況ですので、今から摂取し血管を守ることをお勧めします。

シナモンの効果・効能

・Tie2(タイツー)を活性化させることによる毛細血管の老化防止効果

・Tie2(タイツー)を活性化させることによる毛細血管を修復する効果

・毛細血管を丈夫にすることによるシミ、シワ、たるみの予防・改善

・頭部の毛細血管を丈夫にすることによるハゲ、抜け毛の予防・改善

すべてのサプリメントに先立って!

9/14

・脂肪細胞を小さくする効果によるダイエット効果

・中性脂肪、コレステロールを下げる効果

・毛細血管の血行不良改善への効果

・高血圧の改善効果

・血栓予防効果

・毛細血管の血行促進による冷え・冷え性・むくみの改善効果

・プロアントシアニジンと呼ばれる成分が、インスリンの分泌を活性化して血糖値を安定効果

・殺菌作用、解熱作用により風邪の予防や改善

・強力な抗酸化力でアンチエイジングをサポート!

・香りで疲れた心と脳をリフレッシュ、記憶力もアップ!

・美容効果

シナモンの豊富な栄養成分

ビタミン B1: 代謝を助けてくれるビタミンです。皮膚や粘膜を丈夫にしてくれる働きもあり

ます。

ビタミン B2: ビタミン B1 と同じく皮膚や粘膜を丈夫にしてくれます。

ナイアシン: 栄養素をエネルギーに変えたり、アルコールを分解する、動脈硬化の予防に働

いてくれます。

カリウム: ミネラルの一種で余分な水分を排泄してくれる働きに優れています。

カルシウム: 骨の生成に欠かせない成分です。

マグネシウム: 骨や歯の形成に不可欠です。

鉄: 血液の赤血球をつくるもととなります。

亜鉛: 味覚を正常に保ったり、体の各機能調整するのに欠かせない栄養素です。

momordicia charantia: (ニガウリ、ゴーヤー)

SRQ フォーミュラーでは、炭水化物類への生体プロセスへの働きかけ、健康な体重維持に関与

ツルレイシ(蔓茘枝、学名:Momordica charantia var. pavel)は、未熟な果実を野菜として

利用するウリ科の植物であす。。一般的にはニガウリ、ゴーヤーなどと呼ばれる。

和名の「ツルレイシ」は、イボに覆われた果実の外観と、完熟すると仮種皮が甘くなるという

2 つの形質が、ムクロジ科の果樹であるレイシ(ライチ)に似ていることに由来します。果肉

が苦いため「ニガウリ」とも呼ばれます。

沖縄本島ではニガウリのことを「ゴーヤー」と呼ぶのが一般的で、沖縄料理ブームの影響もあ

り、全国的にも「ゴーヤー」または「ゴーヤ」を使用することが多くなっています。

種子に共役リノレン酸を含むことが知られている。主に未成熟な果皮を食用とし、ビタミ

すべてのサプリメントに先立って!

10/14

ン C などの水溶性ビタミンを多く含むことや、健胃効果もある苦味タンパク質(苦味成分

として、モモルディシン(momordicin)、チャランチン(charantin)、コロソリン酸、ククル

ビタシン(cucurbitacin))を含む。苦味成分は果皮表面の緑色の部分に集中している。ゴー

ヤ 1 本あたりのビタミン C 含有量は、トマト 1 個の約 5 倍、レモン 1 個の果汁よりも多く、

また通常ビタミン C は加熱に弱いが加熱に強い。ニガウリ種子と外皮に有害なレクチンが

含まれる

Fenugreek(フェヌグリーク):

SRQ フォーミュラーでは、細胞、ミトコンドリア、様々な酵素にエネルギー補給に関与。

フェヌグリーク・シード 葉はサブジに使われる

フェヌグリーク(学名: Trigonella foenum-graecum、英語名: fenugreek)は、ハーブ・香辛料

の一種でもある、マメ亜科の一年草植物。地中海地方原産で、古くから中近東、アフリカ、イ

ンドで栽培されていました。

マメ科の一年草植物で、枝分かれしながら高さ 30~60cm までに成長し、6月~8月にかけて

黄色か白い花を咲かせて、そのあと細長い果実をつけます。サヤが熟したらサヤごと収穫し、

乾燥させた後種子を取り出し、さらに乾燥させます。

古代エジプトの墳墓から発見されており、またインドでも古くから用いられてきた記録が残っ

ています。

香辛料の一種で、色は濃い目のベージュ、形はいびつな四角形で、生のまま噛むと粘液質で、

あとから少し苦味がかんじられます。

油に入れるとすぐに焦げて強い苦味を発揮しますが、うまくローストすると素晴らしく甘いメ

ープルシロップのような香りを発し、アーユルヴェーダ料理には欠かせない、タンパク質やビ

タミン・ミネラルが豊富な香辛料(スパイス)の一つになります。

フェネグリークは、過去においては、エジプト人が食用、治療、防腐処理用として使用してい

ましたが、ギリシャ人、ローマ人は種を食用、薬用にしていました。

フェネグリークの種はカレーに入れスパイスとして、若芽はサラダに、その種を粗くひきハー

ブティーにすると強壮、消化促進などによいといわれています。種にはまた、ジオニゲスニン

が含まれており、それは経口避妊薬の合成や性ホルモンの治療に使われていました。昔から伝

統的に怪我、気管支炎、消化器疾患、関節炎、腎臓障害、男性生殖能力再生等の治療にも薦め

られてきました。

現在では、糖尿病、高コレステロール、高血糖、便秘等に有効である事が判っています。

すべてのサプリメントに先立って!

11/14

フェヌグリーク種皮

フェヌグリーク種子の胚乳と種皮は、ジオスゲニンやヤモゲニンなどのステロイド骨格を有す

るサポニンや、フェヌグリークの芳香の基である精油分(フェヌグリークオイル)、さらにタン

パク質などが含まれています。

フェヌグリークオイル

フェヌグリークオイルは、種皮を水蒸気蒸留することで取ることが出来ます。フェヌグリーク

オイルは、暗褐色の精油で、17 種類の精油が含まれています。これらの芳香成分は、低分子の

脂肪酸、脂肪分解物、アルキル化メトキシピラゾン類とフラノン類から構成されています。こ

の内最も強い芳香を持つ成分は、ソトロン(Sotolone:3-Hydrocy-4,5-dimethyl-2(5H)-furanone)

で、これらの成分が、合わさってカレーの香りを作っています。その他に多くのテルペン類も

含まれていますが、これらは、芳香には関係していません。主成分のソトロンは,お酒やぶど

う酒などのコクのある香りと関係があると考えられています。

フェヌグリークサポニン: フェヌグリークオイルを取った種皮からアルコール抽出するとフ

ェヌグリークサポニンが取れます。フェヌグリークには、フロスタノール型とスピロスタノー

ル型の2つのタイプのステロイド骨格を持つサポニンが含まれており、最も多く含まれている

のはジオスゲニンやヤモゲニンと呼ばれるフロスタノール型のサポゲニンです。フェヌグリー

ク種皮には、約 15%のサポニンが含まれており。重要なサポニンの供給源となっています。特

にジオスゲニンは、黄体ホルモンのプロゲステロンの前駆物質で、女性ホルモンや副腎皮質ホ

ルモンの原料になっています。

フェヌグリークサポニン自体には、食欲増進作用、コレステロールの低下作用(難溶性の化合

物を作る)、抗がん作用、坑ウイルス作用などがあると言われております。フェヌグリークサポ

ニンは、他のサポニンに比べて優れた乳化作用を持っていて、どのオイルに対しても安定な乳

化作用を示します。フェヌグリーク種子には、約 32%の粗タンパク質が含まれています。タン

パク質のほとんどは、種皮部分に含まれており、種皮部分だけで見ると約 42%がタンパク質と

なり、非常に重要なタンパク質原料です。

【伝承薬としての薬効とその用法】

1)北アフリカ、中東、インドでは、幅広い症状に効果がある薬草として使われています。

2)種子は特に栄養価が高く、回復期の患者や拒食症の患者にも供されています。

3)解熱作用があり、キニーネとの類似性にも注目されています。

4)洗浄作用があることから、胃炎や胃潰瘍の治療にも利用されています。

5)分娩誘発、母乳分泌の促進のためにも使われています。

6)抗糖尿病作用があり、血中コレステロール値を下げることが知られています。

7)外用では腫瘍、脳皮症、潰瘍、火傷の塗り薬として、また膣分泌物過剰症に膣洗浄薬とし

て用いられています。(中国では頚部ガンを治療するベッサリーにも活用されています)

8)種子は口臭除去剤・味覚回復剤としても用いられています。

すべてのサプリメントに先立って!

12/14

ケルセチン(quercetin): ケルセチン(quercetin)は、

フラボノイドの一種で、配糖体(ルチン、クエルシトリンなど)

または遊離した形で柑橘類、タマネギやソバをはじめ多くの植

物に含まれる。黄色い色素で、古くから染料としても用いられ

てきました。ラテン語で「オークの森」を意味する quercetum

(ラテン語でオークはQuercus-コナラ属)に由来しています。

ケルセチンには、抗酸化作用、抗炎症作用、抗動脈硬化作用、脳血管疾患の予防、抗腫瘍効果、

降圧作用、強い血管弛緩作用、が報告されています。ケルセチンはルチン、ヘスペリジンと共

にビタミン様物質(ビタミン P)の一部である。ケルセチン配糖体はさまざまな薬理作用を示

すことが知られている。ケルセチン自体も抗炎症作用を示し、これはヒスタミンの生成や遊離

など炎症に関与するいくつかの過程を抑制するためと考えられている。また強い抗酸化作用を

示し、さらに細胞増殖などに関わるいくつかの酵素を阻害することも報告されています。解毒

酵素であるグルタチオンを増やすという報告もあります。

動脈硬化モデル動物実験において、動脈硬化病変のサイズ縮小や酸化ストレスのバイオマーカ

ー低下が報告されています。

ケルセチンを多く含む物は、ケッパー(1800 mg/kg)、リンゴ(44 mg/kg)、お茶(チャノキ、

2000-2500 mg/kg)、タマネギ、ブドウ、ブロッコリー、モロヘイヤ、ラズベリー、コケモモ(栽

培種 74 mg/kg、野生種 146 mg/kg)、クランベリー(栽培種 83 mg/kg、野生種 121 mg/kg)、

オプンティア、その他、葉菜類、柑橘類など。

ポリフェノール類の中の大きなグループであるフラボノイドは植物界に 5,000 種以上も存在す

ることが知られ、近年の多くの研究で、抗酸化作用をはじめ、がん細胞増殖阻害作用、抗炎症

作用など様々な生理機能を持つことがわかってきました。ケルセチンはフラボノイドの中でも

特に強い抗酸化活性を示すため、活性酸素による酸化ストレスが関与する、がん、動脈硬化、

糖尿病などの生活習慣病の予防に重要な役割を果たすものと期待されています。これまでに、

動脈硬化の初期病変である LDL(低比重リポタンパク)の酸化を抑制することが明らかになっ

ています。また、糖尿病モデルラットを用いた実験で、タマネギの長期間摂取は生体内の酸化

ストレスを軽減する効果や血糖値を下げる効果があることが見いだされています。

体内でのケルセチンの吸収・代謝についての研究も多く、そのメカニズムがかなり明らかにな

っています。ケルセチンは、植物体中では通常、糖が結合した形(配糖体)で存在しており、

その組成は野菜や果物の種類によって異なります。ケルセチンの配糖体のうち、グルコシド(グ

ルコース単体が結合したもの)は非グルコシドに比べて吸収されやすいことがわかりました。



Resveratrol(レスベラトロール): SRQ フォーミュラーでは、抗酸化、心臓、循環機能

への働きがけに関与します。



すべてのサプリメントに先立って!

13/14

レスベラトロールは、最近話題の抗酸化物質です。主にブドウの果皮や赤ワインに多く含まれ

るポリフェノールの一種で、赤ワインの原料のブドウの果皮に成分が集中していて、醸造の発

酵工程で赤ワインに抽出されます。

ピーナッツなどの食用植物にも含まれています。

ワインと健康の関係で重要な役割をする成分の一つとして注目されており、最近では、レスベ

ラトロールにより酵母菌の寿命が延長するメカニズムなどが報告されています。レスベラトロ

ールの持つ強力な抗酸化力が注目されています。

米国ハーバード大学と国立老化研究所でレスベラトロールの効能について、研究がされており、

肥満になったマウスに、レスベラトロールを大量に投与する動物実験により、レスベラトロー

ルを投与されたマウスは、投与されなかったマウスよりも、寿命が延長したと報告されていま

す。

肝臓の肥大などの肥満による障害が減少して寿命が延びることを確認しました。また、レスベ

ラトロールが動物のガンの進行を妨げることが報告されています。

40歳以上の人のほとんどに、少なからず動脈硬化の兆候が見られますが、動脈硬化の予防効

果にも注目されており、血液中の血小板凝集活性が低下して、血管を血液が通りやすくなり、

血管が弾力を保ち血管拡張率の改善に効果があります。赤ワインを適度に飲むことで動脈硬化

の予防を通して心臓病や脳卒中などの予防につながると考えられています。

高コレステロールな食生活を送っているフランス人が、他の国に比べ心臓疾患による死亡率が

極端に低いという、フレンチパラドックスは、世界一の赤ワイン消費量と、その赤ワインに含

まれるレスベラトロールが関係していると考えられています。

レスベラトロールの副作用は今のところ報告されていません。

α-リポ酸(alpha lipoic acid): リポ酸(lipoic acid、別名:

α-リポ酸、チオクト酸)は、多数の酵素の補助因子として欠かせ

ない光学活性のある有機化合物です。

リポ酸は好気性生物の代謝、特にクエン酸回路のピルビン酸デヒ

ドロゲナーゼ複合体(PDC)の補因子としての役割を持つってい

ます。

α-リポ酸は、細胞のミトコンドリアに存在し、生体のエネルギー産

生反応における補酵素として働く含硫化合物です。生体機能に不可欠な成分ですが、体内で合

成することができるためビタミンではなく、ビタミン様物質として扱われています。また、抗

酸化物質でもあります。「疲労回復によい」「運動時によい」「ダイエットによい」「糖尿病によ

い」「老化防止によい」などと言われています。α-リポ酸は医薬品としても利用されており、そ

の適応は、激しい肉体疲労時にリポ酸の需要が増大したときとされています。ただ、効果がな

いのに長期間使用すべきでないとの注意事項もある。

・アルツハイマー病患者 39 名 (アメリカ) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験に

おいて、n-3 系不飽和脂肪酸 3 g/日(DHA675 mg+EPA975 mg 含有) を単独 (13 名、平均

75.9±8.1 歳) または α-リポ酸 600 mg/日と併用 (13 名、平均 76.7±10.6 歳) で 12 ヶ月間摂取さ

せたところ、併用群で認知機能指標 (ミニメンタルステート) 、両群で手段的日常生活動作

すべてのサプリメントに先立って!

14/14

(IADL) の低下抑制が認められました。

αリポ酸が注目されたのは、抗酸化作用が体内にとても幅広くもたらす効能・効果です。例え

ば、「疲労回復」「運動サポート」「ダイエットサポート」「老化防止(アンチエイジング)」などが

αリポ酸の持つ効能・効果です。また、抗酸化作用を持つという事は、活性酸素が影響してい

る「癌」「動脈硬化」「糖尿病」など、生活習慣病全般の予防にも効果を及ぼすと言えます。

また、医薬品レベルで使用されているαリポ酸の効果・効果は、「糖尿病の改善」や「激しい肉

体疲労時の回復」「肝機能の改善」といった項目が挙げられます。いずれにせよ、αリポ酸が体

内の隅々まで抗酸化作用を発揮し、全身の健康に寄与してくれます。

Ċ
ゼンノア,
2017/03/01 18:43
Ċ
ゼンノア,
2017/03/01 18:43
Ċ
ゼンノア,
2017/03/01 18:43
Comments