紀ノ定 保礼

静岡理工科大学 情報学部の,紀ノ定保礼のWebサイトです。

日常・現実環境におけるヒトの認知や行動のメカニズムに関して,認知心理学・社会心理学・交通心理学・工学の観点から研究を行っています。特に,交通環境におけるリスク受容・リスク回避行動のメカニズムに注目しています。

交通環境は物理的環境であると同時に,複数の道路利用者が協調して行動する社会的環境でもあります。さらに,工学的技術の進歩により,交通環境の様相は日々変化し続けます。様々な要因が複雑に絡み合う交通環境の中で,ヒトがどのように適応的な行動を実現しているのかに興味を持ち,フィールド実験や実験室内実験,質問紙調査などを組み合わせて研究を行っています。

最近は,主に以下のテーマで研究を行っています。

  • 運転支援システムの導入が道路利用者の認知・行動に及ぼす影響
  • 長時間の運転によるドライバーの注意・行動の時系列的変化
  • 社会階層と非倫理的行動の関係
  • 交通行動のモデリング


2017年4月に着任し、ようやく最近(2018年1月)、本学でドライビング・シミュレータを用いた実験を開始することが出来ました。

E-mail

    • kinosada.yasunori (at) sist.ac.jp ※ Please replace "(at)" with "@"

最近の更新